テニス クレーコート

戦術

全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選

今年も全仏オープンが開幕。

改めて、クレーコートでの戦い方について、皆さんも見直してみませか?

正直、長い試合が多いクレーコートには苦手意識がある方も多いでしょう。

ですが、きっとアナタが成長出来るヒントがそこにあるはずです。

 

全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選

 

1.「クレーコートでの試合が苦手・・・」な人に意識して欲しい、試合前の準備と覚悟とは?

苦手意識こそ、クレーコートでの最大の敵です。

→記事はコチラから

 

2.「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう

ネットプレーをいかに入れるか、がクレーコートでの躍進の鍵になります。

→記事はコチラから

 

3.普段の練習で「綺麗なテニスコート」だけに慣れていると、いざ本番のコートでは苦戦するかも

キレイなコート、だけじゃないのもクレーコートの大きな特徴ですね。

→記事はコチラから

 

4.テニスをやってて悩むことの一つ、「クレーコートで汚れたソックスの汚れ」を簡単に落とすための洗濯術とは?

ウェアが汚れてしまうのも、クレーコートの醍醐味の一つですね。

記事はコチラから

 

5.「今のはイレギュラーしたから、仕方ない・・・」と思っていては、そこで成長が止まってしまいます

イレギュラーへの準備、対応が出来ない人はクレーコートでは勝ち上がれません。

記事はコチラから

 

6.深いストロークとショートクロスの中間、「セミショートクロス」を試合で使っていこう

クレーコートで現代テニス、ならこのショットを覚えましょう!

記事はコチラから

 

7.オムニコートで「走らされてショットが乱れる」人は、外側の足を滑らせてオープンスタンスで打ってみよう

走らされたときのラリー、オムニコートとの共通点は多いです。

記事はコチラから

 

厳しい戦いが続く全仏オープン。

でも、会場は違えど皆さんも同じなはず。

クレーコートでの身近な試合、に備えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス 準備

    戦術

    試合の1ヶ月前からは、「特別強化ショットのイメトレに励む」ことで、勝利を呼び込める

    大事な試合を、1ヶ月後に控えているとき。皆さんはどんなことを考…

  2. テニス 目

    戦術

    テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている

    試合が強い選手は、まず目が鋭い。すごく何かを狙っている雰囲気、…

  3. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ

    自分の得意パターンを作ることは、ものすごく大事。でも、それが通…

  4. テニス メンタル

    戦術

    どんなレベルだろうが、試合に出ている人は強くなる

    未だに、テニス界にはある誤解と、それを取り巻く閉鎖的な環境がある。…

  5. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない

    テニススクールやクラブでしっかりテニスを習った人は、いわゆる「基本」は…

  6. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない

    悲しいですけど、これが現実だと思います。テニスの試合で、トーナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くな…
  2. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない、弱い人は、「ボールに合わせてスウィングを調整…
  4. リターン

    リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で対応するところから始め…
PAGE TOP