テニス メンタル

ボレー

「粘れるネットプレーのキーポイント」テニスの試合では構え直しが全てを決める

試合の中でボレーをする時ってどういう場面だろう。

ストロークに比べて決めやすいショットであるボレーはポジション自体がネットに近い所だから、そんなにのんびりした場面は少ない。

やはり攻撃的に打つ場合が多いかな。

でも常に攻撃態勢というわけではない。

 

「粘れるネットプレーのキーポイント」テニスの試合では構え直しが全てを決める

 

サーブ&ボレーしたけど、レシーブが強烈でカウンターを喰らったり、ボレーボレーでピンチに陥ったりする事もよくあることだし、パッシングが好きな選手もいるから、ネットに出たけどスコーンと抜かれることも珍しくない。

そうなるとボレーに求められるのはディフェンス面だ。

そこで普段から粘り強いネットプレーは練習しておかないといけない。

その「粘り強さ」で重要なのは「動き」である。

動く範囲が広ければ当然相手のパスやらロブをしっかりと拾いまくれるんだけど、特に大事なのは「ボレーした後、構え直すまでの動き」なんだよね。

 

まだストローク対ストロークのラリーは、互いに時間かけて相手へボールを届ける事が出来る

が、ネットプレーになるとボレーストロークかボレーボレー。

そうなると自分が打ったショットがすぐに相手へ届き、相手はそれをすぐに返球して来る。

せっかく良いボレーを持っていてそのボレーを使ったのに、構え直しが遅いばかりに次で苦しむことになると勿体ない。

 

それどころか、構え直しが遅くて2発目が打てないと、1発目のボレーで決めないといけない・・・

という意識が生まれてしまい、強引な決めボレーを打ってしまったり、逆にビビってしまったりするんだよ。

なので普段からちゃんと構え直しを意識して練習しよう。

ボレーストロークもボレーボレーも、目安となるのは相手選手に届くまでに構え直しが出来ているか・・・。

相手にボールが届く頃には確実に自分の態勢やポジションを立て直して、しっかり相手ショットに反応出来るようにしておこう。

 

これが遅い人は、構え直しの意識が無い人が多いかな

他には足が一歩出ない人や、腰が曲がって頭の位置が落ちてしまう人もいるんだけど、そういう人は打ち終わった後にバランス崩して戻りが遅くなる傾向にある。

という事で自分のネットプレーを確認してみよう。

ちゃんと相手が打つ頃には構え直しが出来て、粘りあるネットプレーをアピール出来てるかな?

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう

    テニスにおける難しい技術、ローボレー。低い位置のボレーはネット…

  2. ボレー

    ネット際のチャンスボールは、「ただコートに叩き付ければOK」の発想では、いつまで経っても学生テニスの…

    学生のテニスの試合、特にダブルスを観ていると気になることがある。チ…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント

    ボレーのパンチ力アップ、みなさんの課題の一つじゃないでしょうか。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで足元に強くなるには、「ハーフボレーでのボレーボレー」を練習に取り入れよう

    普段皆さんも実践しているであろう、ボレー同士のラリー、ボレーボレー。…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    良いセカンドサーブがあるから、良いファーストサーブが打てるんです
  2. テニス 前衛

    フットワーク

    熱いラリーをしながらも、「自分が今、コートの中のドコ?」にいるのかは把握しておく…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  4. テニス 予測

    練習メニュー

    チームでの練習メニューは工夫次第、例えば「みんなストロークでネットミスが多い・・…
  5. テニス サーブ

    戦術

    自分が認識しているテニスと、周りから見られているテニスは違う
PAGE TOP