テニス サーブ

リターン

威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転・・・。

そんなとき、ありますよね。

私は「羽子板サーブ」と呼んでいますが、ボールの下をなでるような当てるだけのサーブは、意外とリターンし辛い。

意外と苦戦するこのサーブ、リターンにオプションを用意しておきましょう!

 

威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

 

1.遅いサーブを速くリターンしようとするから、おかしくなる

テニスって、遅いボールの返球が難しい。

自分から勢いを与えていく、ことが難しいのが硬式テニス。

遅いサーブを速くリターンしようとする、からミスも増えるし「攻撃して当たり前」みたいなプレッシャーを自分で背負ってしまう。

遅いボールは、遅く返球すると楽。

ミスも減る。

遅いボールで攻撃していくのって、ドロップショットの特権、じゃないですか?

 

2.前にポジションを取って、軽くスライスをかけてポトッとリターン

まず、やってみましょう!

リターンのポジションを前に、サービスラインとベースラインの間くらいに立つ。

そしてサーブを打たれたら、スライスの打ち方で山なりの軌道、でサーブを打った選手の前のスペースに落とす。

これで完成です。

ダブルスで、相手の前衛に気付かれても気にしない。

カバーに走られても、相手を動かすことが出来ているのでこちらの優位は動かない、と思っておく。

遅いボールで攻撃する、相手を動かすことに慣れると、遅いサーブのリターンもすごく楽ですよ。

 

3.サーブを打った相手は、実は入れるだけで精一杯

イメージしてみて下さい。

羽子板サーブを打ってくるような相手は、そもそもサーブに自信が無い。

入れることで精一杯だから、入った後に前に走るなんて発想も無いでしょう。

つまり、触らせるくらいの甘いドロップショットで良い、充分なんです。

これが打てれば、相手は「遅いサーブを入れるだけじゃ、ダメか・・・」と思って、更に悩んでくれる。

そうなればもう、試合に勝ったようなものですね。

 

「ドロップショットリターンなんて、勇気でない・・・」と思っている方、まだ理由に納得できませんか?

もしかしたら、周りの目を気にし過ぎているだけ・・・かも知れませんよ。

ミスしたら恥ずかしい?

私は、策が無くて負けていく方が、よっぽど恥ずかしいと思いますけど。

 

今回のまとめ

遅いボールは強打ではなく、遅いドロップショットリターンで攻撃していこう!

 

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ

    テニスの試合、錦織選手の戦い方を観ていると面白いのはリターンゲーム。…

  2. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない…

  3. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェ…

  4. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

    シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。そんなとき…

  5. テニス サーブ

    リターン

    切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる

    試合の中で、厳しいサーブで攻撃される。これは、上のレベルの試合…

  6. テニス ダブルス

    リターン

    リターンのグリップは、フォアハンド?バックハンド?

    リターンのときに、みなさん、まずはグリップが大事。ここ、あやふ…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの「ウォーミングアップだけ」じゃもったいない!ショートラリーを活用した練習…
  2. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化…
  3. メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?
  4. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと
  5. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?…
PAGE TOP