テニス サーブ

リターン

威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転・・・。

そんなとき、ありますよね。

私は「羽子板サーブ」と呼んでいますが、ボールの下をなでるような当てるだけのサーブは、意外とリターンし辛い。

意外と苦戦するこのサーブ、リターンにオプションを用意しておきましょう!

 

威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

 

1.遅いサーブを速くリターンしようとするから、おかしくなる

テニスって、遅いボールの返球が難しい。

自分から勢いを与えていく、ことが難しいのが硬式テニス。

遅いサーブを速くリターンしようとする、からミスも増えるし「攻撃して当たり前」みたいなプレッシャーを自分で背負ってしまう。

遅いボールは、遅く返球すると楽。

ミスも減る。

遅いボールで攻撃していくのって、ドロップショットの特権、じゃないですか?

 

2.前にポジションを取って、軽くスライスをかけてポトッとリターン

まず、やってみましょう!

リターンのポジションを前に、サービスラインとベースラインの間くらいに立つ。

そしてサーブを打たれたら、スライスの打ち方で山なりの軌道、でサーブを打った選手の前のスペースに落とす。

これで完成です。

ダブルスで、相手の前衛に気付かれても気にしない。

カバーに走られても、相手を動かすことが出来ているのでこちらの優位は動かない、と思っておく。

遅いボールで攻撃する、相手を動かすことに慣れると、遅いサーブのリターンもすごく楽ですよ。

 

3.サーブを打った相手は、実は入れるだけで精一杯

イメージしてみて下さい。

羽子板サーブを打ってくるような相手は、そもそもサーブに自信が無い。

入れることで精一杯だから、入った後に前に走るなんて発想も無いでしょう。

つまり、触らせるくらいの甘いドロップショットで良い、充分なんです。

これが打てれば、相手は「遅いサーブを入れるだけじゃ、ダメか・・・」と思って、更に悩んでくれる。

そうなればもう、試合に勝ったようなものですね。

 

「ドロップショットリターンなんて、勇気でない・・・」と思っている方、まだ理由に納得できませんか?

もしかしたら、周りの目を気にし過ぎているだけ・・・かも知れませんよ。

ミスしたら恥ずかしい?

私は、策が無くて負けていく方が、よっぽど恥ずかしいと思いますけど。

 

今回のまとめ

遅いボールは強打ではなく、遅いドロップショットリターンで攻撃していこう!

 

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. リターン

    リターンダッシュでのプレッシャーのかけ方、が上手い人の共通点5つ

    「一番得意な戦術、は何ですか?」と聞かれたら、私は迷わずこう答えます。…

  2. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、ときこそ身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

  3. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を用意しておこう!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

  4. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

    試合で勝つための必要なのに、見落とされがちな技術。その中でも大…

  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でリターンが難しいのは、サーブが強力だからじゃない

    サーブを返球する、リターン。これに苦戦する人は多い、ですよね。…

  6. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「今日の対戦相手は、自分より少し上」と考えて試合に入れば、良いメンタルで戦える
  2. テニス 予測

    練習メニュー

    チームでの練習メニューは工夫次第、例えば「みんなストロークでネットミスが多い・・…
  3. テニス 準備

    その他

    今年も開幕した、「全国選抜高校テニス大会を観戦される方」に事前にチェックしておく…
  4. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が…
  5. テニス シューズ

    フットワーク

    前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本
PAGE TOP