テニス サーブ

リターン

威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転・・・。

そんなとき、ありますよね。

私は「羽子板サーブ」と呼んでいますが、ボールの下をなでるような当てるだけのサーブは、意外とリターンし辛い。

意外と苦戦するこのサーブ、リターンにオプションを用意しておきましょう!

 

威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

 

遅いサーブを速くリターンしようとするから、おかしくなる

テニスって、遅いボールの返球が難しい。

自分から勢いを与えていく、ことが難しいのが硬式テニス。

遅いサーブを速くリターンしようとする、からミスも増えるし「攻撃して当たり前」みたいなプレッシャーを自分で背負ってしまう。

遅いボールは、遅く返球すると楽。

ミスも減る。

遅いボールで攻撃していくのって、ドロップショットの特権、じゃないですか?

 

前にポジションを取って、軽くスライスをかけてポトッとリターン

まず、やってみましょう!

リターンのポジションを前に、サービスラインとベースラインの間くらいに立つ。

そしてサーブを打たれたら、スライスの打ち方で山なりの軌道、でサーブを打った選手の前のスペースに落とす。

これで完成です。

ダブルスで、相手の前衛に気付かれても気にしない。

カバーに走られても、相手を動かすことが出来ているのでこちらの優位は動かない、と思っておく。

遅いボールで攻撃する、相手を動かすことに慣れると、遅いサーブのリターンもすごく楽ですよ。

 

サーブを打った相手は、実は入れるだけで精一杯

イメージしてみて下さい。

羽子板サーブを打ってくるような相手は、そもそもサーブに自信が無い。

入れることで精一杯だから、入った後に前に走るなんて発想も無いでしょう。

つまり、触らせるくらいの甘いドロップショットで良い、充分なんです。

これが打てれば、相手は「遅いサーブを入れるだけじゃ、ダメか・・・」と思って、更に悩んでくれる。

そうなればもう、試合に勝ったようなものですね。

 

「ドロップショットリターンなんて、勇気でない・・・」と思っている方、まだ理由に納得できませんか?

もしかしたら、周りの目を気にし過ぎているだけ・・・かも知れませんよ。

ミスしたら恥ずかしい?

私は、策が無くて負けていく方が、よっぽど恥ずかしいと思いますけど。

 

今回のまとめ

遅いボールは強打ではなく、遅いドロップショットリターンで攻撃していこう!

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツとは?

    セカンドサーブをアタックしたいと考えていても、レベルが高い相手はそうも…

  2. テニス ストローク

    リターン

    しっかりと「気持ちがこもった」プレーをしている限り、相手前衛を気にする必要は無い

    ダブルスの後衛で、プレーをしているとき。調子が悪いときって、や…

  3. テニス ダブルス
  4. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!

    「リターンが苦手」という言葉をよく聞く。でもリターンって結局はスト…

  5. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

  6. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

特集記事

  1. テニス ガット
  2. テニス ラケットバッグ
  3. テニス 水分補給
  4. テニス 怪我
  5. テニス チェア
  1. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるように…
  2. その他

    「笑っちゃうくらい面白い」とテニスの試合で感じれるようになれば・・・。
  3. その他

    「この打ち方って合ってますか?」テニスに必要な自己調整能力、上達には不可欠です
  4. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合は、「イーブンペースでの進行」で全く問題無い
  5. テニス 練習

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!
PAGE TOP