テニス 団体戦

その他

絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオーダーとは?

新学期、色々な学校で新しいチームが始動しています。

新入生の受け入れはこれからでしょうが、春から夏にかけては団体戦も多くなる。

高校生の皆さんはインターハイ予選も控えており、新入生も含めて、良いチームを作っていきたいと考えている人は多いんじゃないでしょうか。

私の高校時代もそうでしたが、「絶対的なエースがいない」チームでは、団体戦をどう戦えば良いのか・・・。

不安に思う人も多いと思いますが、実はそこがテニスの団体戦の面白いところ。

チームの総合力で勝つ為に、必要な意識と作戦について考えてみましょう。

 

絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオーダーとは?

 

■チームの上位選手でダブルスを取りにいく

団体戦の中で、ダブルスはある程度計算が出来る。

シングルス以上に試合に勝てれば盛り上がれますし、ここをしっかり取りにいきたいですね。

団体戦の中の本数としては少ないですが、絶対的なエースがいないチームでは、確実に上位選手で1本を取りにいくことを私はオススメしたいと思います。

シングルスがよほど得意であれば別ですが、総合力で戦うチームはダブルス向きな選手が育ちやすいはず。

普段の練習から、ダブルス主体の時間を多く割いて、備えてみて下さい。

 

■シングルスの選手に求められるのは、「自分から崩れない」選手

シングルスはどうやって獲りにいくか。

インターハイ予選であれば2本あるシングルスですが、まず「自分から崩れる選手」は使えません。

自分と同レベル、実力で劣る選手から確実に勝てるプレーが出来る選手を配置したいところ。

あとは、「相手のテニスに応じて、自分を柔軟に変えることが出来る」ことも重要な要素です。

対戦相手の情報が得れていれば、その情報を元に攻撃・守備が事前に準備できますね。

それも立派なテニスの実力であり、チーム力です。

 

■「全ポイントを獲りにいく」チームに、勝利の女神は微笑む

よく団体戦に勝てないチームが、「オーダーを計算し過ぎる」傾向にあります。

シングルス1の相手は強いから、まず捨てて・・・という安易な発想は、自分たちのチームを腐敗させていきます。

結果的に勝てないことはあっても、どうやって1ポイントでも獲るのか、試合時間を長くしていくのか。

諦めては思考を停止してしまい、他の試合にも絶対に悪影響を与えていることに気付いて下さい。

確かに実力差がある学校同士の戦いでは、上記のようなケースもあるでしょう。

ですが、総合力で戦うチームに「捨てる試合」なんて絶対無い。

チームの主将や上級生から、この意識は変えていきましょう。

 

団体戦は面白い。

お互いの試合と試合が、呼応し合うように流れがいったりきたりします。

個人スポーツのテニスですが、「何かを背負う」ということはきっと良い経験になります。

試合に出る人、出れない人も、まずは「自分でチームに貢献できること」を考えてみて下さい。

その積み重ねが、アナタの学校、チームの土壌になっていきます。

もうすぐ新学期、団体戦で勝てるチーム、創っていきましょう!

関連記事

  1. その他

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事

    「負けるはずのない相手に、負けてしまう」ことも、テニスの試合ではよ…

  2. その他

    「一般のテニスの試合に出て恥をかかない」為に、学生の皆さんに身に付けておいて欲しいマナー5つ

    学生の皆さんは、公式の試合の回数は限られている。しかも出場人数…

  3. その他

    「結果の出せるコーチであれ」試合で勝てるテニス選手を育成する為に

    テニスコーチを最初に始めたのは高校2年生の時なんだけど、当然それまでは…

  4. その他

    テニスの試合に出場するとき、「会場に着いたら、まずやるべきこと」を5つ挙げてみた

    テニスの試合に出場するときに、会場に到着したらまず何を行いますか?…

  5. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?

    花粉症に苦しむ毎日を送っているが、遂に花粉症の症状に加えて喘息発作も出…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. その他

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう
  3. サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます
  4. ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ…
  5. ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケット…
PAGE TOP