テニス サーブ

スマッシュ

深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

深いロブに対して、しっかり準備できていないと試合で勝つのは難しい。

パッシングショットならまだしも、ロブは相手にとって「打ちやすい種類のボール」です。

しっかり塞いでおかないと、どんどん上に上げられてミスを誘われて、結局前に出ることができない・・・という感じになってしまいます。

とはいえ、深いロブはスマッシュを打つのも難しい・・・。

普段の練習からしっかり、コースを突いて相手を追い込むような意識を持つことが大事です。

 

深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

 


 

1.スマッシュのコース、どこまで狙える?

スマッシュのコース、アナタはどこまで狙えますか?

ベースライン上に狙いをしっかり定めているだけだと、粘り強い相手はしっかり返球してきます。

深いロブが得意な選手は、スマッシュに対する守備力も高い。

アナタがチャンス、押し込んでいると感じていても、いつの間にか相手のペースにはまっているというケースがよくあります。

つまりは、ベースラインだけではなく、サイドラインもしっかり狙えるようになっておかないと、本当の意味で相手を追い込むことはできないのです。

 

2.角度の付いたスマッシュが打てれば、しっかり決まる!

深いロブに対して、しっかり追い付ける状態であれば、積極的に角度を付けましょう。

サービスライン附近にバウンドさせて、相手をコートから追い出すようなショットが、しっかり打てるようになりたい。

その為には、スライス回転をスマッシュでも使えると便利です。

スピードは必要ありません。

ボールの横をしっかり捉えて、曲がりも予測してセンターベルト近くを通すようにしてみて下さい。

まずはクロス方向へ、いつものスライスサーブを打つ感覚で試してみましょう。

 

3.「エース」になるスマッシュより、「相手をより追い込むスマッシュ」のほうが価値が高い!

ここで必要なのは、「エースになること」ではありません。

「相手を追い込んで、チャンスを拡げる」スマッシュです。

今回のケースでは、深いロブにしっかり追い付けたんだけど、さぁどうしよう?という場面。

追いかけ方がしっかり出来ていれば、大抵のロブには追い付けます。

このときにどういう選択がベストなのか、アナタ自身もぜひ考えてみて下さい。

もちろん場合によっては思い切り打ちにいくのも有りですが・・・私なら、相当リードした状態でない限りは、角度を付けてさらにチャンスを待つことを選択します。

 

スマッシュの練習は、つい「ワンパターン」になってマンネリ化しがち。

球出しの甘いボールばっかり打っていても、決して試合で勝てるようにはなりません。

むしろ、深くて厳しいボールを、どういうスマッシュで攻撃できるか。

ネットタッチスマッシュ以外にも、たくさん練習する方法はあります。

ぜひ、深い位置から、最初は余裕がある状態でも良いのでスマッシュは練習するようにしてみて下さい。

きっとロブが上手い相手にも、対応できるようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. スマッシュ

    スマッシュの構えは、横向きよりも〇〇

    スマッシュをしっかり下がって、強く打つ。これが出来れば、もっ…

  2. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

    試合でよく見る、スマッシュミス。初中級者のほとんどは、その振り…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える

    テニスの花形ショット「スマッシュ」ですが、初中級レベルの方では苦手な人…

  4. スマッシュ

    強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

    ここを勘違いしていると、いつまで経ってもスマッシュは上達しない。…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を磨きたければ・・・?

    スマッシュを打っても打っても、決まらない・・・うちに、ミスしてしまう。…

特集記事

  1. ストローク

    「グリップを使い分けよう」テニスのストロークの調整は自分自身でカスタマイズ
  2. テニス ストローク

    メンタル

    スコア差があっても無くても、集中力に差が生まれてはいけない
  3. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?
  4. テニス ストローク

    リターン

    マレー選手に見る「リターンで大きくコート内に入って打つ」ことで相手にプレッシャー…
  5. テニス 守備

    リターン

    横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?
PAGE TOP