テニス サーブ

スマッシュ

深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

深いロブに対して、しっかり準備できていないと試合で勝つのは難しい。

パッシングショットならまだしも、ロブは相手にとって「打ちやすい種類のボール」です。

しっかり塞いでおかないと、どんどん上に上げられてミスを誘われて、結局前に出ることができない・・・という感じになってしまいます。

とはいえ、深いロブはスマッシュを打つのも難しい・・・。

普段の練習からしっかり、コースを突いて相手を追い込むような意識を持つことが大事です。

 

深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

 


 

1.スマッシュのコース、どこまで狙える?

スマッシュのコース、アナタはどこまで狙えますか?

ベースライン上に狙いをしっかり定めているだけだと、粘り強い相手はしっかり返球してきます。

深いロブが得意な選手は、スマッシュに対する守備力も高い。

アナタがチャンス、押し込んでいると感じていても、いつの間にか相手のペースにはまっているというケースがよくあります。

つまりは、ベースラインだけではなく、サイドラインもしっかり狙えるようになっておかないと、本当の意味で相手を追い込むことはできないのです。

 

2.角度の付いたスマッシュが打てれば、しっかり決まる!

深いロブに対して、しっかり追い付ける状態であれば、積極的に角度を付けましょう。

サービスライン附近にバウンドさせて、相手をコートから追い出すようなショットが、しっかり打てるようになりたい。

その為には、スライス回転をスマッシュでも使えると便利です。

スピードは必要ありません。

ボールの横をしっかり捉えて、曲がりも予測してセンターベルト近くを通すようにしてみて下さい。

まずはクロス方向へ、いつものスライスサーブを打つ感覚で試してみましょう。

 

3.「エース」になるスマッシュより、「相手をより追い込むスマッシュ」のほうが価値が高い!

ここで必要なのは、「エースになること」ではありません。

「相手を追い込んで、チャンスを拡げる」スマッシュです。

今回のケースでは、深いロブにしっかり追い付けたんだけど、さぁどうしよう?という場面。

追いかけ方がしっかり出来ていれば、大抵のロブには追い付けます。

このときにどういう選択がベストなのか、アナタ自身もぜひ考えてみて下さい。

もちろん場合によっては思い切り打ちにいくのも有りですが・・・私なら、相当リードした状態でない限りは、角度を付けてさらにチャンスを待つことを選択します。

 

スマッシュの練習は、つい「ワンパターン」になってマンネリ化しがち。

球出しの甘いボールばっかり打っていても、決して試合で勝てるようにはなりません。

むしろ、深くて厳しいボールを、どういうスマッシュで攻撃できるか。

ネットタッチスマッシュ以外にも、たくさん練習する方法はあります。

ぜひ、深い位置から、最初は余裕がある状態でも良いのでスマッシュは練習するようにしてみて下さい。

きっとロブが上手い相手にも、対応できるようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる

    テニスの試合において、スマッシュは色々な場面で求められる技術。…

  2. スマッシュ

    自分のスマッシュをワンランクレベルアップさせたければ、「角度を付けて絶対に触らせない」ようなコースを…

    スマッシュをしっかり「決める」ようになれる、レベルアップしていく為には…

  3. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ

    ネットプレーでの戦い、その醍醐味はロブ対スマッシュ、にあります。…

  4. スマッシュ

    強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

    ここを勘違いしていると、いつまで経ってもスマッシュは上達しない。…

  5. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

    スマッシュは力強く・・・でも、それって危険。試合で、なかなか入…

特集記事

  1. テニススクール

    コーチの意見と自分の意見、迷ったときは・・・?
  2. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない
  3. テニス メンタル

    その他

    なぜテニスプレイヤーのみなさんは、最初から完璧を求めてハードルを上げるんだろう?…
  4. 練習メニュー

    逆転出来る選手になる、とっておきの練習法
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく…
PAGE TOP