テニス メンタル

ストローク

バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試合で使おう!

最近は男女共に日本チームが活躍している、世界卓球の試合を観ている方、たくさんいるんじゃないでしょうか。

テニスに近い感じで楽しいですよね。

よく観察していると、バックハンドをストレートに展開するのが上手い選手が多い。

何かテニスの試合で活かせるポイントは無いかな・・・と考えてみると、これまた面白い。

ダウンザライン方向への攻撃がバックハンド側から出来ると、相手もバック側を攻撃し辛くなってきますよね。

両手の方、片手の方両方に共通する、必要な意識や考え方について書いてみます。

 

バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試合で使おう!

 

1.コースを変えるのは、難しい?

バックハンドに限らずですが、ストロークのコースを変えるのは難しい・・・という意識の方、多いように思います。

その原因の一つは、打つコースによってアナタ自身が「打ち方を変えてしまっている」からかも知れません。

テニスは出来るだけ、「同じ打ち方」を繰り返す方がもちろん安定する。

ではどこを変えるか・・・と考えると、一番効果的なのは「打点」。

バックハンドのストロークをダウンザライン方向に展開していくには、クロス方向に打つ時より少し「後ろ目」にしてみましょう。

しっかりボールを引き付けるようなイメージで、準備は速く!です。

 

2.速い構えこそ、相手に対する最大のプレッシャーに

錦織選手もそうですが、とにかく攻撃的な選手は構えが速い。

速いから、相手もどこに打ってくるか分からない、そして受け身に回る。

初中級レベルの選手ですと、ストレートに展開するときに、身体が速く開いて腕だけ前に出ていくようなフォームになってしまいがち。

速い構えが出来て入れば、しっかり引き付けて打点を少し遅らせる「余裕」も出てきます。

まずはダウンザライン方向にバックハンドで展開する為にも、しっかり速い準備=テイクバックで、ボールの後ろに入りましょう。

 

3.ネットの高さは、「端にいくほと高い」ことを忘れないで!

もう一つ、注意したいのがネットの高さ。

ダウンザライン方向に打つ、つまりセンターベルトよりも離れた場所を通過させるので、ネットの高さは「最も高い位置」を通すことになるのです。

つまり、ある程度のリスクは覚悟しないといけません。

ここで怖いのは、速い直線的なボールを打とう、エースを狙おうとしてミスすること。

軌道をしっかり上げて、あくまで相手を走らせて展開させていくことがベスト。

もちろん浅いボールでアナタがコートの内側に入って打ちこめるようであれば、しっかり打っていって下さい。

 

フォアハンドのダウンザラインよりも、バックハンドは安定性を強化したい。

相手を走らせて、次のボールから攻撃していく意識でちょうど良いでしょう。

クロス方向へしっかり打つことが出来ていれば、平凡なダウンザラインのショットでもそれは大きな武器になります。

テニスの攻撃は、全てが組み合わせ次第。

ぜひ、試合でも組み合わせを意識して使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    相手の高い打点からのフラットを凌ぐ、「低い態勢からのスピンストローク」の打ち方とは?

    相手のストロークが攻撃的で、厳しいとき。特に高い打点からフラッ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のゆっくりしたボールを、しっかり打ってもパワーが出ない!」人は、打点をしっかり前に取って見直そ…

    今回アンケートを実施させて頂き、改めて「チャンスボールを打ち込めない・…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェンジと打点をしっかり…

    学生の皆さんの中で、片手バックハンドストロークを得意にしている人、どれ…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス リターン
  6. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です

    俺が高校でテニスを始めた時、バックハンドストロークは片手だった。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、相手のフォアハンド狙いを大事なポイントに取っておこう
  2. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について
  3. テニス 壁打ち

    ストローク

    構え直しのリズムを見直したいなら、壁打ちでペースを上げてやってみよう
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー…
PAGE TOP