ポジショニング

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスでの前衛のポーチは、「2本で1セット」を基本に考えれば攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自身、意識しているのはこのポイント。自分のボレーに自信が無いという人も、2本で1つ、…

  2. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、は最初にしっかり確認しておくこと

    シングルスでもダブルスでも、高い軌道のストロークのつなぎ合いはよくあること。でも・・・コートによっては後ろまでのスペースが凄く狭い場所、ありますよね。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合でフラット系のストローカーと対戦するなら、並行陣で自滅を誘おう

    「並行陣なんて、別に必要無いです」そんなご意見を、最近頂きました。話を聞くと、その方はフラット系のストロークに自信があるから、どんなに前に出て来…

  4. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から作っていこう

    テニスはどんどん、自分の役割が変わるスポーツ。硬式テニスでは前衛も後衛も、両方こなさないといけないスポーツですから、尚更です。そうなると・・・ボ…

  5. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?

    ダブルスの試合で、どうしてもセカンドサーブが叩かれてしまう。アンダーサーブだったり、苦手意識があるとつい前衛に、「ちょっと下がって!叩かれるから・・・」…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ

    「そんなの当たり前じゃないか」と思う方がほとんどでしょう。ですが実際、試合の中で上手く使えている人は少ない。なぜならそこには、試合ならで…

  7. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛に捕まった後は、ほとんどの選手が後衛側に逃げていく

    ダブルスの試合、よくある光景。あるある、なことに気付くことが、テニスの試合を勝ちに導く第一歩。気付いた人から、そこを潰して試合に勝てるようになる…

  8. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ

    春先は特に、風が強い日が多いですよね。試合の中で苦手にしている人も、多いと思います。サーブだけでなく、ストロークにも影響が大きい。今回は…

  9. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜおじさん、おばさんのダブルスは並行陣主体なのか?

    テニスの面白いところって、年代で垣根なく試合が出来る、勝負出来るということ。学生の皆さんも、草トーや一般大会ではおじさん、おばさん・・・大変失礼な言い方…

  10. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、相手のフォアハンド狙いを大事なポイントに取っておこう

    サーブは相手のバックハンド狙いが基本。でも、それしか練習していないと実戦でサービスゲームで苦労するでしょう。当然、相手もしっかりケアしている。…

レクタングル広告枠

  1. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよう…
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュするときには、「待たないで自分からジャンプ!」してい…
  3. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  4. ストローク

    現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です
  5. 練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー
PAGE TOP