ポジショニング

  1. ダブルス

    並行陣が出来ると、勘違いしてしまうのはなぜ?

    テニススクールでは、中級以上で並行陣、をやる機会が多いですよね。2人でネットに出て、ダブルスの形式でラリー練習。しっかりレッスンではプレー出来…

  2. 戦術

    基本ポジションは、ラリーの中でどんどん変わる

    基本のポジション、テニスではこれが大事とされています。でも、その発想が実はアナタ自身を縛ってしまい、応用が効かなくなってきていることもあるでしょう。…

  3. ストローク

    深いボールも、慌てなくて良い理由とは?

    試合の中で、相手のボールが深く入って来る。このプレッシャーって、凄いですよね。いつもなら打てる、だけど試合でプレッシャーがかかる場面で相手のボ…

  4. フットワーク

    ワイドに来たら、斜め前に入る!

    強い相手との試合では、アナタは間違いなく走らされる。これを、どうバランス良く切り返していくか、の意識が大事です。ラケットワークの技術も大事です…

  5. リターン

    相手の深いサーブを返す、5つの基本

    試合の中で、相手のサーブが深い。こういう時に、どう打開策を見出していくのか、はアナタ自身の大きな課題でしょう。ナイスサーブ、と諦めることも大事…

  6. フットワーク

    前衛の縦の動きは、相手にバレにくい

    相手に気付かれないように、前衛で動いてポーチに出る。まずはみなさん、縦の動きから意識しましょう。どうしても、触りたい、出たいと思うと横に横に、…

  7. サーブ

    サービスエースは、フォアハンド側が多い

    サービスエースは、必要無い。私は、何度かこういう感じで記事を書いて来ました。もちろん今もそのスタンスですし、私自身試合ではノータッチエースは狙…

  8. ボレー

    攻める為に前に出る?逆ですよ

    テニスでは、ネットに近いポジションが攻撃的。のように、見えますよね。間違いではないと思いますが、ちょっと違う視点もぜひ持って欲しい。そ…

  9. ストローク

    ダブルスの試合で、ボールが浮かないようにするには?

    ダブルスの試合で、すぐにストロークのボールが浮いてしまうという方へ、これ、どうやって改善していきましょうか?上のレベルの試合になると、ストロー…

  10. シングルス

    シングルスでのネットプレー、キーワードは「お1人様ポーチ」

    シングルスの試合で、結果が出ずに行き詰まっているみなさん。どこかで、「ネットに出るのを諦めている」節はありませんか?いや、私も過去はそうでした…

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が…
  2. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと
  3. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習
  4. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?
  5. テニス 練習

    戦術

    どこかでスタイルを突き詰めないと、今年も中途半端なテニスに
PAGE TOP