テニス サーブ

サーブ

サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!

試合の中で、サーブがなかなか入らない。

または相手のリターンが強力で、どうしても攻撃されてしまう・・・という人は、普段からこういう発想を持ってみましょう。

試合の中では、「困ること」がたくさん起きる。

だからこそ、悩んだり困ったときには「○○」でいく、とある程度決めておきましょう。

特にサーブは自分から主体的に身体を動かしていく動作なので、気持ちが揺らぐとそのままプレーが消極的になります。

 

サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!

 


 

■サーブが入らなくなるときは、大抵ラケットを振れていないとき

サーブの調子は、どうしても良し悪しが出やすい。

調子が良いときは何回打っても入る気がするし、試合のリズムも作りやすい。

逆に入らなくなると、もう自分がどんなフォームで打っていたのかも忘れてしまい、ギクシャクした動きになっていく。

試合では、あくまで後者を想定しましょう。

サーブは入っているだけではもちろんダメで、相手にとって「攻撃させない」のが最低限必要。

その為には、ラケットをしっかり「振り切る」ことがまず大切。

ダブルフォルトの波にのまれてしまうときには、大抵この振り抜きが足りなく、置きにいって入らなくなるケースが多いはずです。

 

■振り切る、に必要なのはメンタルではなく作戦の準備

サーブが入らなくなるのは、「メンタルの弱さ」に原因があるとよく言われます。

もし本当にメンタルが弱い・・・のであれば、尚更試合前にしっかり準備しないといけません。

欲しいのは、思い切った決断力。

その為には、試合前から決断しておくこと、作戦を準備しておくことが大事。

「困ったときは、とりあえずバック側に入れよう」と決めておけば、試合中でもそれを実行するだけ。

考え出すと、身体は堅くなりラケットを振れなくなってしまいます。

オススメは、試合前にテニスノートに一筆書いておくこと。

そうすると、不思議と良い軌道のイメージも湧いてきやすい。

目に見える形にしておくと、チェンジコートのときにも確認できて効果的です!

 

■「○○の失敗は気にしない!」という準備もオススメ

私が試合で実践していたのは、「オーバーフォルトは、気にしない」ということ。

ネットのフォルトは絶対に避けて、オーバーフォルトはほとんど気にしない、と考えればラケットを振りやすいと考えていました。

おかげで、例えダブルフォルトになっても、「最低限ネットしていないから、OK」というような感覚で少し前向きになれる。

こういった自分をコントロールする工夫も、言葉一つで上手に出来るようになるかも知れません。

困ったときにこそ、自分を整えられる言葉、アナタは試合中に使えていますか?

 

サーブの乱れは、試合の乱れ。

逆にサーブの調子さえしっかり保てれば、ストロークやボレーにもリズムが出来てきます。

何より、ラリーをしっかりしていくことこそ、テニスの試合の基本なのです。

試合は全て、練習と違って想定外。

困ったときの備えは、まず自分のサーブから準備してみるようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くない!

    サーブを打つ時にビビることってある?これは誰でもあると思う。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い

    サーブを武器に、試合を戦いたい。特に男性なら、一度はそう考えま…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの基本、「肘は伸ばして肩支点」を再チェックして安定させよう!

    サーブのトスアップを安定させると、気持ち的にもすごく楽。何度も…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変えていこう

    特に男性、の皆さん。そして「ペタン」というようなストロークのグ…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリッ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

特集記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    練習でも試合でも、テニスコートに立てば人格を変えられる人になろう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに力強い伸びが欲しい人は、アレを止めてみよう
  3. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い
  4. その他

    力は要らないんだ、と思えたらテニスは上手くなる
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?
PAGE TOP