テニス サーブ

サーブ

サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!

試合の中で、サーブがなかなか入らない。

または相手のリターンが強力で、どうしても攻撃されてしまう・・・という人は、普段からこういう発想を持ってみましょう。

試合の中では、「困ること」がたくさん起きる。

だからこそ、悩んだり困ったときには「○○」でいく、とある程度決めておきましょう。

特にサーブは自分から主体的に身体を動かしていく動作なので、気持ちが揺らぐとそのままプレーが消極的になります。

 

サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!

 


 

■サーブが入らなくなるときは、大抵ラケットを振れていないとき

サーブの調子は、どうしても良し悪しが出やすい。

調子が良いときは何回打っても入る気がするし、試合のリズムも作りやすい。

逆に入らなくなると、もう自分がどんなフォームで打っていたのかも忘れてしまい、ギクシャクした動きになっていく。

試合では、あくまで後者を想定しましょう。

サーブは入っているだけではもちろんダメで、相手にとって「攻撃させない」のが最低限必要。

その為には、ラケットをしっかり「振り切る」ことがまず大切。

ダブルフォルトの波にのまれてしまうときには、大抵この振り抜きが足りなく、置きにいって入らなくなるケースが多いはずです。

 

■振り切る、に必要なのはメンタルではなく作戦の準備

サーブが入らなくなるのは、「メンタルの弱さ」に原因があるとよく言われます。

もし本当にメンタルが弱い・・・のであれば、尚更試合前にしっかり準備しないといけません。

欲しいのは、思い切った決断力。

その為には、試合前から決断しておくこと、作戦を準備しておくことが大事。

「困ったときは、とりあえずバック側に入れよう」と決めておけば、試合中でもそれを実行するだけ。

考え出すと、身体は堅くなりラケットを振れなくなってしまいます。

オススメは、試合前にテニスノートに一筆書いておくこと。

そうすると、不思議と良い軌道のイメージも湧いてきやすい。

目に見える形にしておくと、チェンジコートのときにも確認できて効果的です!

 

■「○○の失敗は気にしない!」という準備もオススメ

私が試合で実践していたのは、「オーバーフォルトは、気にしない」ということ。

ネットのフォルトは絶対に避けて、オーバーフォルトはほとんど気にしない、と考えればラケットを振りやすいと考えていました。

おかげで、例えダブルフォルトになっても、「最低限ネットしていないから、OK」というような感覚で少し前向きになれる。

こういった自分をコントロールする工夫も、言葉一つで上手に出来るようになるかも知れません。

困ったときにこそ、自分を整えられる言葉、アナタは試合中に使えていますか?

 

サーブの乱れは、試合の乱れ。

逆にサーブの調子さえしっかり保てれば、ストロークやボレーにもリズムが出来てきます。

何より、ラリーをしっかりしていくことこそ、テニスの試合の基本なのです。

試合は全て、練習と違って想定外。

困ったときの備えは、まず自分のサーブから準備してみるようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. サーブ

    勝負所での、ワイドのサーブが効く!

    みなさんは、「勝負どころでのサーブ」を持ってますか?サーブの力…

  2. サーブ

    サービスエースは、フォアハンド側が多い

    サービスエースは、必要無い。私は、何度かこういう感じで記事を…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでいこう

    サーブをどこに打って、攻撃していくべきか・・・。相手の様子や自…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「前を向かない」だけで、サーブの精度は格段に上がる

    サーブをコントロール出来る自信が無い、というみなさんへ。私が過…

  5. サーブ

    試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃない

    試合で有効なサーブ、見落とされがちですがボディのサーブは本当に有効。…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリッ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンロブは「高い軌道のストローク」で、自然に打てるようになる
  3. ストローク

    ストロークのクロスラリーが続かない、とお悩みの方に
  4. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に…
PAGE TOP