テニス 守備

ダブルス

「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫ですか?

テニスを最初に始めたときに、4人でコートに立つとみんなでボールを回してラリーをする・・・そんな経験ありませんか?

何故か4人コートに立つと、8の字にラリーをしたがる人が多いのは、どこか日本人の風習を表しているような気がします。

楽しくボールを打ち合う・・・という感じたとそれでも良いのですが、試合になると話は別。

ダブルスで勝てないペアは、なぜか攻撃しきれない。

そう、この癖でつい「打っていない人」のほうにボールを回してしまっているんです。

 

「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫ですか?

 


 

■ダブルスの鉄則は、「攻撃が有効に効いていれば、そのまま一人を狙う」こと

ダブルスの試合で強いペアは、必ず2対1の場面を多く作ります。

そこで押し切れれば、ポイント奪取に繋がりますし精神的にもダメージを与えることが出来る。

だからこそ、攻撃する際に容赦のない一人攻撃は必要なのです。

でも・・・ついダブルスの試合だと、「打ってきた相手と、別な相手」の方向に、ボールを打ってしまってはいませんか?

この癖は、意識しないと相当根深く、試合の中でのチャンスを逸してしまうことに繋がるのです。

 

■自ら作ったチャンスをつぶさないこと

ダブルスの基本は、相手の足元、ネットより低い位置で打たせること

せっかく良いチャンスボールを相手から引き出しても、「弱っている相手」じゃない方向に攻撃のコースを切り替えてしまってはダメ。

相手に復活と反撃のチャンスを与えてしまっては、試合で絶対に勝てません。

特に格上ペアには、個々の実力で劣る訳ですから、2対1でなるべく押し切っていくのが常套手段。

テニスにおいて、有効な攻撃をローリスクで継続する為には、強い意志とペアとの共通の認識が必要です。

 

■まさに日本のテニススクールの「負」の部分

テニススクールでは、「ラリーが続くこと」が美徳とされる傾向にあります。

だからこそ、こういった「みんなで仲良くラリー」に陥りがち

試合で勝つ為に、この考えは危険です。

ポーチにしてもストレートアタックにしても、相手にとって「嫌なこと」であり続ける為には、高い意識と練習が必要。

ダブルス巧者の相手は、配球を読むのも上手い。

ボールを「回してくる選手」というのに気付かれると、すぐにコースを読まれて反撃されてしまうでしょう。

 

普段の練習の中から、「ポイントをしっかり終わらせる」ことを意識してみましょう。

ダブルスで、良いラリーが繋がっている=良い練習、ではありません。

ペアで本当に勝ちたいなら、一緒にいる時間を増やしてしっかり練習しましょう

特に男子ダブルスの試合では、どうしても決定力も求められる。

パワーではなく、配球で相手からエースを獲る、ミスを誘う為には、こういった考え方が重要になります。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. ダブルス

    テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である

    皆さんはダブルスの前衛のときに、どんなプレーを心がけていますか?…

  2. ダブルス

    ミックスダブルスは、女性の前のスペースでチャンスメイク

    ミックスダブルスの試合での、鉄板パターン。それは、どのレベルに…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    長くダブルスを組んでいるペアは、仲間が助けて欲しい時を知っている

    試合の中で苦しいとき・・・たくさんありますよね。例えば、私はサ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと

    一般の試合では、ミックスダブルスの試合も多い。ベテランからシニ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「そんなに強そうに見えないのに、負けないダブルスペア」に共通する隠れた秘密4つ

    ダブルスペアは、実力が図り辛い。パッと見でそんなに強く無さそう…

  6. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いとは?

    特にダブルスの試合では、「フェイント」と呼ばれる技術が多用されるのがテ…

特集記事

  1. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ
  4. テニス メンタル

    ロブ

    自分のロブが安定しない人は、ゆっくりラケットを振ってみよう
  5. テニス ボール

    戦術

    試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと
PAGE TOP