テニス スマッシュ

ボレー

フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセットしよう

フォアハンドボレー、の決定力は、シングルスでもダブルスでも必要。

一番テニスで、攻撃力が高いショットの一つですので、しっかりポイントを「終わらせる」ショットにしたい。

ですが、力の伝え方を勘違いしていると・・・自由に打てる分逆に難しい。

そんな怖いショットもありますので、しっかりポイントを確認しておきましょう!

 

フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセットしよう

 

■ボレーのパンチ力は、「打点」にあり!

ボレーでスピードのある、パンチの効いたボールは、どう打つのか。

私が一番大事にしているのは、打点です。

後ろから勢いを付けて振る、のではなくしっかり打点が遅れないようにする。

プロ選手のテニスを観ていても、肘が伸びるくらい、フォアハンドボレーは前でボールを捕らえています。

実際はこの伸びる少し前、くらいに当てる。

いずれにせよ、とにかく体のしっかり前で打てるように、ボレーは最善の準備をしましょう!

 

■ラケットを上にセットすれば、打点は絶対遅れない!

打点が遅れるのは、シンプルにラケットを引いているから。

肘が身体の後ろにいくと、もうラケットを引き過ぎです。

頭の上にセットする、肘は、自分の胸の前くらいにセット。

この構え、一度ぜひ試してみて下さい。

脇を軽く締めて、しっかり視界からラケットが消えないように。

ボールに対して遅れない準備は、このラケットセットの形で決まります!

 

■踏み込めるときには踏み込んで、パンチ力を加える!

下半身から踏み込んで、ボールに力を与えるのが基本。

その下半身に連動して、上半身が動く。

つまり、何度もこのサイトで書いてきましたが、ボレーほど上半身の動きはシンプルになる。

フォアボレーなんて、まさにその典型例。

自由度が高い分、みんな自分で難しく、おかしくしていってしまうのが、悲しいところです。

 

フォアハンドボレー、苦手にしている人は一度頭をリセットすること。

自由に打てる、少し簡単なショットという油断がありませんか?

テニスは「型」が決まらないショットほど、難しい。

サーブだってそうじゃないですか。

一度フォアハンドボレーは、ラケットセットと打点から見直して、威力をアップさせていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。両手のバッ…

  2. ボレー

    テニスの試合で、「ネットに詰めてのフラットボレーは、肘を伸ばして前に押し出して打つ」ことが大事!

    ネットに詰めての決定力のあるボレー、はつなぐボレーとどこが違うのか。…

  3. テニス ドロップショット

    ボレー

    ボレーを「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成です

    試合の中で、華麗にドロップボレーを決めたい・・・。だけど、普通…

  4. テニス ロブ

    ボレー

    ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

    「あ、この人は試合慣れしているな」と、感じるプレー。みなさんは…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーをしっかり攻撃的に打ちたいなら、「ラケットが加速した状態」で打っていこう

    私が皆さんに、今すぐ身に付けて欲しい技術。それは、「ドライブボ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでラケットを引いてしまう人は、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革しよう

    どんなに意識しても、ボレーでラケットを振ってしまう人。具体的に…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに…
  2. メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ
  3. ストローク

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感…
  4. テニス サーブ

    ストローク

    普段のテニスの練習の中で、「スライス限定ラリー」を行うことでコートを前後に扱う感…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思いま…
PAGE TOP