テニス ストローク

練習メニュー

試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュー

試合で一番使うショット、皆さんは何でしょう?

サーブ、リターン、は嫌でも使わないといけませんが、それ以外は自分の選択の幅が拡がる。

私は圧倒的に、フォアハンドの回り込みのショットが多い。

練習でどんどん磨いていくには、ある工夫とルール作りが必要。

すごく簡単、ですが奥が深いのがこの練習です。

 

試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュー

 

■やり方は簡単!「クロスラリーをフォアハンド限定」でやってみる

既に実践している方もいるかと思いますが、ストロークのクロスラリーを「全部フォアハンド限定」で縛ってしまう。

逆クロスはもちろん、順クロスもフォアハンド限定でラリーを行います。

この目的は、適格なポジションと配球のルールを覚えること。

回り込むということは、自分のポジションが大きく変わる、言い方を変えれば穴が出来るということ。

これをカバーするには、「相手コートのどこに打つのか?」が大事になります。

 

■フォアハンド側を大きく空けたポジションに慣れよう

バックハンドが打てないので、必然的にフォアハンド側を空けたようなポジショニングになる。

慣れていないうちは不安で仕方ないと思います。

「あそこに入ったら、走っても間に合わないんじゃないか・・・」と思う場所も、あるでしょう。

それで良いんです。

コートの端に入るようなショットは、そもそも相手のナイスショットだし捨てる。

甘いボール、普通のボールをしっかりフォアハンドで回り込んで攻撃してくことに注力しましょう。

 

■大きくフォアハンド側で回り込んだときには、どこに打つ?

アナタ自身、例えばフォアハンドで大きく回り込んで逆クロス方向に打つと仮定します。

身体はもうシングルスコートから出てしまうくらい、ポジションは大きくフォアハンド側が空いている状態。

ここで打つコースを間違えると、テニスの試合では反撃を喰らう。

まずしっかり角度を付けて、相手コートにも返球したい。

そして速いボールよりも、遅いボールでポジションを戻す時間を作る。

こういった感覚を養う意味でも、このフォアハンドに絞ったクロスラリーはシンプルで最適です。

 

練習をルールを縛ると、自分で工夫しようと頭が働く。

これが大事なんです。

いつもやりやすい、気持ち良い練習では、頭が働かないから成長が無い。

誰かに教わるよりも、「自分で必要性を考えて、自分で工夫出来るかどうか」です。

合言葉は、「思い切って」。

結構盛り上がる練習だと思いますので、学生の皆さんもぜひやってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    ダブルスの試合で使える「トップスピンロブ」を身に付けたいなら、この練習!

    以前にもご紹介したかも知れませんが、ダブルスの試合で重宝される「トップ…

  2. テニス 練習
  3. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボレーボレーの練習は、高さを抑えてレベルアップを

    ボレーとボレーを打ち合う、ボレーボレーの練習。これをより実戦に…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的です!

    今回は、ダブルスでのボレー対ストロークの練習メニューを一つ、ご紹介。…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

    夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!…

  6. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    テニスの練習の質を上げたければ、個人テーマの準備は欠かせない

    毎日の部活やサークル、スクールでの練習。自分自身、「受け身」に…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?
  2. テニス 準備

    戦術

    試合の1ヶ月前からは、「特別強化ショットのイメトレに励む」ことで、勝利を呼び込め…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    大事な試合でビビッてしまったときの、ストローク対応策4つ
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「最先端のビッグサーバー対抗術」錦織選手の戦い方に観る、テニスの試合での攻略法4…
  5. その他

    「あなたは好きな打点を選べますか?」試合でとっさにコースを変えるテニスの技術、磨…
PAGE TOP