メンタル

「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても2流選手なのです

私は今まで、全日本選手権や大阪ワールドスーパージュニア大会など、国内の多くの大会で主審やレフェリーを務めてきました。

そんな中で、強くなる選手、将来大成する選手にはある「特徴」があることに気付いたのです。

1セットマッチ、もう勝敗が決したような場面でも、彼らは決して手を緩めない。

そう、6-0で勝つことの重要性を、しっかり認識しているのです。

 

「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても2流選手なのです

 


 

■5-0から6-0でしっかり勝つ、ことの重要性

テニスは自分以外、ライバルだらけ。

同じ大会に出ている選手は、またいつ戦うかも分からない。

そんな相手には、もちろん勝つことも大事ですが、「少しの自信だって、与えたくない」のが大成する選手の考え方。

6-0で勝つのと、5-0から6-1、6-2になってしまうのでは、同じ勝ちでも意味が違う。

その次に対戦する選手にも、少し希望を与えてしまうことになることを、強くなる選手は知っているのです。

 

■5-0からの1ゲームは、負けている選手が思い切って来る

5-0になったとき、リードしているけど強い選手は分かっている。

次のゲームは、今まで通りにはいかないということを。

勝ち慣れていない選手は、もう5-0の時点で安心して自分に酔っていますよね。

0-5になった相手は、がむしゃらに来るし、吹っ切れた良いプレーをしてくる可能性が高い。

そこを抑え込んで6-0で勝つ、ことは本当に意味があることなのです。

 

■ただ勝てば良い、という感覚では成長しない

アナタ自身、目指している試合や大会、では「勝つこと」で必死かもしれない。

もちろん、それも大事なことです。

ですが普段の練習試合、マッチ練習でも、「6-0で勝つこと、勝ち切ること」はぜひ経験を積んでおいて欲しい。

なんとなくで、5-0になって安心するようなことが無いように。

自分に厳しく、勝ち切れる選手として成長していきましょう。

 

「6-0でも7-6でも、勝てば一緒じゃん。。」と思った方、もっと上を見ていきましょうよ。

単純に、試合時間が短ければ体力も温存出来ますし、プレーも隠せる。

押し切って勝つ、相手のペースアップを受け止めて勝つ、ことは経験値を積めば出来るようになります。

でも・・・その大前提として、アナタ自身がイメージ付くかどうかです。

強くなる、大成する選手の意識、少しでも真似してみて下さい。

何か掴めるものが、あるはずです。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負けない

    「あの選手、本当にしこいなぁ・・・」と、感じる対戦相手、アナタはどれだ…

  2. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

    テニスの試合に慣れていない、と感じる人。皆さんは、どんな方とい…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    自然と結果が付いて来る人、いつまでも他人と比べたがる人

    昨年、アンケートや問い合わせ、直接お会いした読者のみなさんの何名かか…

  4. メンタル

    失敗しても余裕がある人、すぐパニックになる人

    試合の中で、ここがしっかりスコア差となって出て来る。テニスの試…

  5. メンタル

    一般テニスの試合こそ、気迫は技術を凌駕する

    私たち、プロではない一般の試合を見ていて、感じること。いや、プ…

  6. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したことありますか?

    テニスの試合で強い人、あまり表情が乱れない、どこかクールな印象はありま…

特集記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ず…
  2. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4…
  3. テニス 食事

    その他

    テニスプレイヤーとして環境の変化に強い人は、「初心に戻る」を言葉で終わらせない
  4. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?
  5. テニス 雪

    ダブルス

    良い夫婦の日に考えたい、夫婦で挑むミックスダブルスについて
PAGE TOP