テニス メンタル

その他

テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます

ほぼ実力が近いような対戦相手には、絶対に負けたくない。

とはいえ、アナタ自身その相手に対して有効に勝ち切るような作戦や準備はできていますか?

テニスの試合では、初対面の相手と試合をすることも多い。

だからこそ、小さい変化をしっかり試合中に掴んで、相手の先手先手を打っていく必要があります。

今回はいかにその「小さな変化」に気付くか・・・について、考えてみましょう。

 

テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます

 


 

■相手が作戦を変えてきたら、敏感に察知できいるかどうか?

試合が進んでいく中で、相手が何かを変えてくる。

そのタイミングをしっかり認識できていますか?

試合慣れしていない方は、「何となくこのゲームから、相手は攻撃的にきているな・・・」というような雰囲気を察するだけでもOK。

勝ち進みたいなら、出来れば相手が「変えてくる前兆」からキャッチしたいところです。

サービスが入らなくなってブレイクされた・・・といったゲームの後は、相手も考えて何か対策を練ってきます。

その段階で、アナタ自身が準備できていれば更に相手を追い込むことが出来るでしょう。

 

■良いショットで決まったときも、自分のショットに酔っている暇は無い

試合の中でポイントを重ねていく、その中で、相手にとってどういうショットだったのかを考えましょう。

キレイに決まったエースでも、相手の逆を突いたのか?

そして今のショットは、どれだけ相手の印象に残っているのか?

こういったことを考えれば、相手が何かを変えてくるときにそのタイミングを察知しやすくなります。

逆を突かれてエースになっているときは予測のベースを変えてくるでしょうし、印象深く残った失点は絶対にケアしたいと思うはず。

それがアナタ自身認識できていれば、さらにその逆を突いて試合の主導権を握り続けることも出来るのです。

 

■駆け引きを楽しめるようになれば、テニスの試合は勝てるようになる

こういった駆け引きは、楽しんでこそ強くなります。

テニスの試合で勝ちたい、上手くなりたい人はとかく技術面ばかりに思考がいきがちですが、それではもったいない。

今あるアナタの技術、70%のボールスピードでも充分に試合は作れます。

逆に、このくらいのリラックスした確率の高いショットでなければ、試合は作れません

駆け引きを楽しむには、頭をフル回転させないといけませんので、思いっきりラケットをフル回転させていては身体がもたない。

まず、そのことを頭に入れておいて下さい。

 

普段の練習から、何かを察知する力は養えます。

「あの人、今日は元気ないな・・・」

「あの人は今日、テニスの調子良さそうだな・・・」

といった観察眼を、日々磨いておきましょう。

自分のテニスにばかり酔っていたり、落ち込んでいる場合ではありません

試合では常に相手との戦い。

駆け引きに強く、そして試合に強くなっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス 雨

    その他

    「リーダー作り」テニス部の部活動に必要なリーダーの育成について

    俺はもともとテニススクールのコーチをずっとやってきたんだけど、その中で…

  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスのストロークで「自分に適した打点」を探すのには、友達に協力してもらうのが一番です

    ストロークの「打点」で悩んでいる人、意外と多くありませんか?自…

  3. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本5つ

    3月・4月は出会いと別れの季節。テニス部でも引退試合から新入生…

  4. テニス リターン

    その他

    真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚悟しよう

    テニスの試合を勝ち抜いていけば、周りの目も変わってくる。アナタ…

  5. その他

    勉強でも仕事でも、テニスでも強い人は〇〇

    読者のみなさんは、恐らくテニス中心の生活の方が多い。もちろん…

  6. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

    テニスはシングルスもダブルスも、とにかく試合経験を積むことが上達への一…

特集記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開してい…
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です
  3. テニス リターン

    リターン

    「上級者限定!」ダブルスの試合でリターンするのときに、前衛を足止めする裏ワザ
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩を支点にしたスライスを覚えよう!
  5. 戦術

    アングルの打ち合いになったら、思い切ってネットに詰めよう
PAGE TOP