テニス メンタル

その他

テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます

ほぼ実力が近いような対戦相手には、絶対に負けたくない。

とはいえ、アナタ自身その相手に対して有効に勝ち切るような作戦や準備はできていますか?

テニスの試合では、初対面の相手と試合をすることも多い。

だからこそ、小さい変化をしっかり試合中に掴んで、相手の先手先手を打っていく必要があります。

今回はいかにその「小さな変化」に気付くか・・・について、考えてみましょう。

 

テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます

 


 

■相手が作戦を変えてきたら、敏感に察知できいるかどうか?

試合が進んでいく中で、相手が何かを変えてくる。

そのタイミングをしっかり認識できていますか?

試合慣れしていない方は、「何となくこのゲームから、相手は攻撃的にきているな・・・」というような雰囲気を察するだけでもOK。

勝ち進みたいなら、出来れば相手が「変えてくる前兆」からキャッチしたいところです。

サービスが入らなくなってブレイクされた・・・といったゲームの後は、相手も考えて何か対策を練ってきます。

その段階で、アナタ自身が準備できていれば更に相手を追い込むことが出来るでしょう。

 

■良いショットで決まったときも、自分のショットに酔っている暇は無い

試合の中でポイントを重ねていく、その中で、相手にとってどういうショットだったのかを考えましょう。

キレイに決まったエースでも、相手の逆を突いたのか?

そして今のショットは、どれだけ相手の印象に残っているのか?

こういったことを考えれば、相手が何かを変えてくるときにそのタイミングを察知しやすくなります。

逆を突かれてエースになっているときは予測のベースを変えてくるでしょうし、印象深く残った失点は絶対にケアしたいと思うはず。

それがアナタ自身認識できていれば、さらにその逆を突いて試合の主導権を握り続けることも出来るのです。

 

■駆け引きを楽しめるようになれば、テニスの試合は勝てるようになる

こういった駆け引きは、楽しんでこそ強くなります。

テニスの試合で勝ちたい、上手くなりたい人はとかく技術面ばかりに思考がいきがちですが、それではもったいない。

今あるアナタの技術、70%のボールスピードでも充分に試合は作れます。

逆に、このくらいのリラックスした確率の高いショットでなければ、試合は作れません

駆け引きを楽しむには、頭をフル回転させないといけませんので、思いっきりラケットをフル回転させていては身体がもたない。

まず、そのことを頭に入れておいて下さい。

 

普段の練習から、何かを察知する力は養えます。

「あの人、今日は元気ないな・・・」

「あの人は今日、テニスの調子良さそうだな・・・」

といった観察眼を、日々磨いておきましょう。

自分のテニスにばかり酔っていたり、落ち込んでいる場合ではありません

試合では常に相手との戦い。

駆け引きに強く、そして試合に強くなっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    大学テニスの大会を観ていて感じる、「閉塞感の源はどこにあるのか?」を考えてみる

    連休中は縁あって、有明テニスの森公園にいる日が多かった。そこで…

  2. その他

    「こんな奴とはテニスの練習をしたくない!」と感じてしまう人の特徴4つ

    普段練習している仲間でも、「正直コイツとはあまり練習したくないな・・・…

  3. テニス ガスケ

    その他

    アナタが「プロテニス選手になりたい」、のであればテニス以外にもこんな特技があると便利です

    私がレフェリーやディレクターとして、日本で開催されるフューチャーズやチ…

  4. テニス シングルス

    その他

    他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない

    「人と比べられないで、自分らしくありたい」すごく大事なことです…

  5. テニス ダブルス

    その他

    「試合前の5分間のウォーミングアップ」で確認しておくべき、相手の特徴4つ

    試合前のウォーミングアップは、色々な形式がありますが主に2つ。…

  6. テニス 準備

    その他

    テニス部やサークルの後輩に指導するときには、「自分の言葉に説得力があるのか?」を考えてから

    高校生の皆さんは3年生が引退し、主将の代が変わる時期。これから…

特集記事

  1. 戦術

    窮地の中に、未来はある
  2. テニス チャンス

    スマッシュ

    陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、重さが出ない
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    サインプレー、はリズムを作る為に必要
  5. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合、ライジングショットで攻撃していく為には、「速めのフットワークで足を…
PAGE TOP