テニス テニスボール

メンタル

真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい

「テニス鬱」という言葉、聞いたことはありますか?

恐らく無い、と思います。

なぜなら私が最近、考えた言葉なので。

なぜ「テニス」と「鬱」を組み合わせたかというと、私の周りにもそういう人が多かったから。

そう、真面目にテニスに取り組んでいこうとする人に限って、「鬱」に近い症状になってしまう。

アナタにも、この背景だけは知っておいて欲しいと思うのです。

 

真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい

 


 

■「テニスが楽しくない」時期は、あって当然

私も少し、経験があります。

勝つためのテニスを自分の中で受け入れることが出来ず、もっと打っていく攻撃的なテニスがしたい。

だけどそのテニスだと、やっぱり勝てない。

もうテニスも楽しくないし、止めようかな・・・と、高校2年生のときに思ったこともありました。

私自身、真面目だとは思っていなかったんですが、「テニスをしないといけない、頑張らないといけない」というプレッシャーに、押しつぶされそうになっていたんだと思います。

 

■「上達しない」自分を責めないこと

テニス鬱にかかってしまう人のほとんどが、「自責の念」に強くかられている。

上達しないことに対して自分を責めて、周りへ申し訳ないような感情が強くなる。

そうなると、勉強や仕事にも影響が出てきて、健康にも支障をきたす。

真面目な人ほど、そんな自分を更に責めていきやすい。

「考え過ぎじゃ・・・」と思うかも知れませんが、いきなり襲われるこの「鬱」はアナタにも忍び寄っているかも知れないのです。

 

■「テニスから離れる時期」を作ったって、全然良い!

私は、学生の皆さんに特に提案したい。

テニスと自分、距離を置きたいと思ったときには「有給休暇」のような制度を設けて良いと思っています。

「部活やサークルを休むなんて、やる気無い奴はいらない!」と思った方、気持ちは分かりますが、ちょっと考えが古い。

自分の意志でテニスから離れる判断、を尊重してあげると・・・きっと、戻ってきたときには良いモチベーションでテニスと向き合える。

むしろ、強くなるきっかけは、こういったテニスから離れる時期、だと私は思うんです。

高校生にもなれば、立派な大人。

自分で判断し、周りもそれを尊重する。

部活という枠の中で狭い考えをしていても、雰囲気が悪くなったり辞めていく人が絶えないだけ、かも知れません。

 

「やる気が無い」のに、部活やサークルに来ないといけない。

来ないと、組織を外されてしまうから・・・という人、アナタの周りにいませんか?

こういう人がいると、チームとしての上達が難しいだけでなく、怪我にもつながりやすい。

テニス鬱、という言葉はともかくとして、アナタ自身悩んでいるなら一度ラケットを握らない週を作ってみましょう。

何か新しい発見、あるかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. メンタル

    ミスを想定しておく、だから慌てない

    試合の現場で、慌てない。こういう人は、対戦していても、すごく…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法

    試合前は、いつだって緊張する。それはどんなに試合慣れした人でも…

  3. テニス 吹き出し

    メンタル

    いつまで経っても、「テニスの試合に勝てない人」の口癖4つ

    今日もどこかのテニス大会の会場で、聞こえて来そうなセリフばかり。…

  4. メンタル

    最初は伸び伸び、でも後半は・・・?

    試合に入って、何だか調子が良くて良い感じ。強い相手にも、3-0…

  5. メンタル

    良い時ではなく、悪い時にどうプレーするのか?

    試合で結果が出せる人、出せない人。私は、この力の差が大きいよ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスが変わる時、それは耳の痛い話から

    社会人からテニスを始めたみなさんは、どんなテニスの指導を受けてきました…

特集記事

  1. スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、狙い所を間違えているだけ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで、「足元に沈んでくるストロークを、ボレーで深く返球」するた…
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整し…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ネットプレーヤーを前後に揺さぶって崩す」為に必要なテニスのストローク技術を磨く…
PAGE TOP