テニス 雑誌

メンタル

私が月一でオススメしたいこと、それは「テニスに全く関係無い本を読む」ことです

テニスって、考えてみればすごく自由なスポーツ。

と言うのも、ルールはあるけど幅があって自分で工夫出来る。

ワンバウンド、ノーバウンドでのショットも有効だし、作戦は自分で立てられる、シングルスとダブルスがあって、それぞれ色々なプレーがある。

そう考えると、テニス以外の外の世界から学んで活かせる点も多いと私は思います。

普段、なかなか本を読まない・・・という人も、ぜひ意識して欲しい。

 

私が月一でオススメしたいこと、それは「テニスに全く関係無い本を読む」ことです

 


 

■活字に強くなれば、メンタルが強くなる

文章を読むこと、とテニスに何が効果があるのか。

よく考えてみて欲しい。

テニスに関して学んだり伝えたり、コミュニケーションを取るにも言葉は欠かせない。

その言葉に幅が無いと、自分も伝えられないし人から伝えられること、も理解できないことが多い。

特にテニス以外の本を読んでいるかいないか、で言葉の豊かさや幅が決まってくると思います。

それはすなわち、アナタのテニスの実力、特に言葉にして整理が必要なメンタルの強化に直結するのです。

 

■テニスについて真剣であれば、何事も関連付けられる

テニスに関係無い、一見無関係と思える本、ぜひ探してみて下さい。

本屋さんで、ボーっと散歩するつもりでも良いと思います。

その中で、何か気になる本があれば手に取ってみる。

私がこのサイトで更新している内容以上の価値、きっとそこにはあるはずです。

家と学校、職場の往復だけでは、テニスを強くしていくのは難しいですよ。

 

■言葉は人を、強くする

テニスの練習、トレーニング、もちろん大事です。

ですがその根幹にある、「なぜ自分は、テニスを頑張れるのか?」という問いかけに対して、自分の言葉を見つけていかないといけない。

試合中に逃げ出したくなる自分を引き留めるのは、自分でしかない。

頭の中をめぐる言葉、人にかけていく言葉一つとってみても、アナタのテニスに直結していることを覚えておいて下さい。

 

本を読んで、面白いと思えるかどうか。

高校時代の私は、自慢では無いですがマンガ以外の本を読んだ経験はほとんどありません。

現代文とかすごく嫌いでした、本当に。

でも今になって思うのは、だからメンタル弱かったしテニスノートも続かなかったんだな・・・と。

人と話すのも、今でも少しそうですが苦手でした。

皆さんには本を読んで、どんどん世界を拡げて欲しい。

結果的に、テニスを強くしていって欲しい。

私が願うのは、それだけです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分への疑いが晴れれば、自信に変わる

    試合の中で、自分に自信を持ち続けること。難しいですよ。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    周りに同調を求めても、良いことは無い

    最近、私自身が感じること。T-PRESSの活動も早5年以上に…

  3. テニス センス

    メンタル

    馬鹿にされた、刺激をもらったの違い

    普段生活していると、もう嫌というほど情報が入って来ますよね。…

  4. メンタル

    自分のモチベーション、相手次第?

    練習で、自分なりに気合いが入る場面。みなさんは、どんな時です…

  5. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです

    テニスの試合の中で、本当に強い選手は見た目のショット、では判別出来ない…

  6. メンタル

    負けた時に嫌になる人は、何事も続かない

    テニスの試合に出ていると、当然負けることはあります。試合に出…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ
  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる…
  3. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!
PAGE TOP