テニス リターン

ストローク

テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる

テニスの試合、いつも前を向いてショットが打てるとは限らない。

そう、ロブをおいかけて、そのまま相手を背にしながら打つこともある。

これについて、実際に試合で1回あるか無いか、の技術だからかあまり練習している人がいない。

でも、思い出して下さい。

そういう1ポイントが・・・大事なポイントで巡って来る。

それが、テニスの試合です。

 

テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる

 


 

■ロブを追いかけながら、背面に返球イメージを持っておく

ロブで抜かれる、というのは試合であること。

決して、恥ずかしいことではありません。

なぜならそれくらい、勇気を持って前に詰めているアナタは、非常に良いプレッシャーをかけていると言えるのです。

相手がロブを使ってきて、追いかけていく中でしっかり返球イメージを持てていますか?

追い付いて反転、出来ないくらい厳しいロブもある。

そんなときには、ボールの横に入って背中の方向に山なりのボールを打っていく技術も、必要なのです。

 

■相手方向を向かなくても、テニスではボールを返球出来る

ボールを追いかけていき、横に入ることを意識する。

右利きの方であれば、ボールの右側に入って、下からすくい上げるようにしてボールを触るようにしましょう。

コツとしては、ボールがまさに2バウンドしそうな地面すれすれ、くらいの方が打ちやすい。

そこまでしっかり我慢して、最後のボールを下からすくうようにして、相手に背中を向けながら打ってみましょう。

 

■自分の居る場所と、返球ボールの軌道をしっかりイメージしよう

打つ方向は全く見えない、状態なので大事なのは空間把握の能力。

自分がコートのどこにいて、どのくらいの軌道で打てば相手のコートの深い位置に入るのか、をイメージしておく。

相手はロブが抜けたと同時に、きっとネットに詰めてきている。

ただ返球するだけ・・・だと、ボレーで落とされて終わりになってしまう。

だからこそ、深く、高く正確に返球するために、あらゆる場所から良い軌道を頭でイメージしないとダメなのです。

 

こういったシチュエーションから、良い返球で挽回できるとテニスは面白くなる。

試合の流れも動くし、相手は「ロブで抜いたのに、失点した・・・」と、かなり精神的にダメージを食らう。

背面ロブ返し、とでも言いましょうか、この技。

きっと試合で出せると、アナタも快感に浸れるはずです。

遊び心を持って、普段から練習してみましょう。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス 予測

    ストローク

    自分のテニスの調子が「良いとき、悪いとき」には、試合中にどうやって調整すれば良い?

    試合の中で、調子が悪いと感じるのはどんな時か?きっとコントロー…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

    「分かっちゃいるけど・・・」だと思います。実際に試合では、打ち…

  3. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

    相手のストロークが深い、ベースライン上で足下をえぐられるような時。…

  4. テニス ロブ

    ストローク

    「逃げるロブからレベルアップ!」テニスであなたのロブを進化させる4つの考え方

    ダブルスだけでなくシングルスでも、試合で意外と使う機会が多いのがロブシ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップ系のミスは、試合で一切気にしなくて良い

    試合の中で、気にしなくて良いミス。それの代表作は、まさにコレで…

  6. テニス リターン

    ストローク

    ボールに合わせること、を止めてみよう

    テニスはボールを見て、動いて、止まって打ち返す競技。最初はこれ…

特集記事

  1. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう…
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー
  3. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン
  4. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ
PAGE TOP