テニス リターン

ストローク

テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる

テニスの試合、いつも前を向いてショットが打てるとは限らない。

そう、ロブをおいかけて、そのまま相手を背にしながら打つこともある。

これについて、実際に試合で1回あるか無いか、の技術だからかあまり練習している人がいない。

でも、思い出して下さい。

そういう1ポイントが・・・大事なポイントで巡って来る。

それが、テニスの試合です。

 

テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる

 


 

■ロブを追いかけながら、背面に返球イメージを持っておく

ロブで抜かれる、というのは試合であること。

決して、恥ずかしいことではありません。

なぜならそれくらい、勇気を持って前に詰めているアナタは、非常に良いプレッシャーをかけていると言えるのです。

相手がロブを使ってきて、追いかけていく中でしっかり返球イメージを持てていますか?

追い付いて反転、出来ないくらい厳しいロブもある。

そんなときには、ボールの横に入って背中の方向に山なりのボールを打っていく技術も、必要なのです。

 

■相手方向を向かなくても、テニスではボールを返球出来る

ボールを追いかけていき、横に入ることを意識する。

右利きの方であれば、ボールの右側に入って、下からすくい上げるようにしてボールを触るようにしましょう。

コツとしては、ボールがまさに2バウンドしそうな地面すれすれ、くらいの方が打ちやすい。

そこまでしっかり我慢して、最後のボールを下からすくうようにして、相手に背中を向けながら打ってみましょう。

 

■自分の居る場所と、返球ボールの軌道をしっかりイメージしよう

打つ方向は全く見えない、状態なので大事なのは空間把握の能力。

自分がコートのどこにいて、どのくらいの軌道で打てば相手のコートの深い位置に入るのか、をイメージしておく。

相手はロブが抜けたと同時に、きっとネットに詰めてきている。

ただ返球するだけ・・・だと、ボレーで落とされて終わりになってしまう。

だからこそ、深く、高く正確に返球するために、あらゆる場所から良い軌道を頭でイメージしないとダメなのです。

 

こういったシチュエーションから、良い返球で挽回できるとテニスは面白くなる。

試合の流れも動くし、相手は「ロブで抜いたのに、失点した・・・」と、かなり精神的にダメージを食らう。

背面ロブ返し、とでも言いましょうか、この技。

きっと試合で出せると、アナタも快感に浸れるはずです。

遊び心を持って、普段から練習してみましょう。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    どんなテニスの作戦も、基本は丁寧なプレーを一つ一つ繋げていくことが大事

    自分のプレーを見直したいとき。この基本を、まずは意識してみて欲…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェックしよう

    いつも通りに打つこと、がテニスでは本当に難しい。実際には風の影…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、〇〇が多いことに気付こう!

    試合中に、まず皆さん経験したことがあるでしょう。ストロークが、…

  4. テニス 錦織圭

    ストローク

    ライジングショットは、ボールのバウンド前からラケットを打点に到達させること

    ライジングショットのコツ、一言で言えばこれでしょう。みなさんが…

  5. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちらが試合で有効ですか?…

    試合では相手にとって、「嫌」なことを繰り返していくのがスポーツでありテ…

  6. ストローク

    テニスの試合で、「コントロール良くストロークを打ち続ける」為に必要なターゲット意識とは?

    テニスの試合でコントロールが良い人、絶対に強い。うらやましいく…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    見せかけIフォーメーション、効果は絶大
  2. テニス 戦術

    ストローク

    「回転掛けて、安定感」テニスの試合で使えるストロークにするために
  3. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る
  4. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
PAGE TOP