テニス 準備

その他

テニスの試合で、「試合で相手へ渡すボールは、必ずワンバウンドしっかりコントロールさせる」ことが大事な理由

テニスの試合で、相手にボールを渡すとき、アナタはどんなことを意識していますか?

何となくワンバウンド、というのは意識しているかと思いますが、そのコントロールはアバウトなことが多い。

少し遠いところにいくと、「あ、すみません!」と言ってはいるものの、本当にそうは思っていない。

ですが、テニスが上手い、試合に強い人はこのボールを渡すコントロールに優れた人が多い。

「えっ、そんな細かいこと・・・」

「マナー悪い人も、多いよ・・・」

と思った方も多いでしょう。

ですが、大事は小事に宿る。

今一度、見直してみて下さい。

絶対に、損は無いです。

 

テニスの試合で、「試合で相手へ渡すボールは、必ずワンバウンドしっかりコントロールさせる」ことが大事な理由

 


 

■試合中にコントロールを修正、トレーニングできる

私はいつも、ボールを送るときに試合で使えるように修正を意識しています。

基本的にはフラットで相手が受け取りやすいボールを送りますが、そのコントロールは、試合にも影響してくる。

試合でのコントロール、例えばバックハンドがイマイチ当たっていないときには、バックハンドで打って送ってみる。

小さいことですが、「しっかりとコントロールして相手に向かって打つ」ということは、試合の中で全て活かせることなのです。

 

■「コントロールが良い」アピールを相手に出来る

何気ない動作ですが、相手がしっかり自分に対してワンバウンドのボールを送ってくる。

これって、私だったら結構「嫌」です。

「コントロールが良い、テニスが上手い相手だな・・・」という印象を、自然に持ってアナタを警戒してしまう。

こういったプレッシャーも、丁寧にボールを送ることで、相手に与えることが出来る。

ここまで意識している方、どれくらいいるでしょうか?

 

■自分のラケットでボールをコントロールする、というのはテニスの基本。

自分でトスして、ラケットで打ってボールを送る。

この行為に対して、ぜひ自分自身で厳しくなって下さい。

これに甘い人は、全ての自分の技術に対して甘くなる。

小さい部分にこそ、大事を成し遂げる要素は宿る。

相手の為、自分の為にと、この試合中の行為に対して意識していきましょう。

 

試合中だけの話ではありません。

普段の練習から、相手に対して思いやりを持って自分を厳しく律する。

テニスの上達において、青臭いようですがこれはものすごく大事なこと。

改めて、小さいこと、細かい作業を、自分自身で見つめ直してみて下さい。

きっとそれは、おのずと良い試合結果となって現れるでしょう!

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス 雑誌

    その他

    テニス専門誌を5年間全て購読し続けて、想うことをまとめてみました

    最近、テニス雑誌を手に取って読んだ方はどれくらいいらっしゃるでしょうか…

  2. その他

    Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが・・・」

    テニスの試合では、珍しい風景では無い「痙攣」という現象。自分も…

  3. テニス 指導
  4. その他

    テニス部のみんながやる気にならないのは、個人ではなく仕組みの問題です

    毎日寒くなってきて、外でやる部活やサークルもちょっと億劫になってしまい…

  5. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?

    高校で実績を残して、鳴り物入りで大学生に。でも、実際にそこで大…

  6. テニス 戦術

    その他

    テニスの試合、地味だけど勝利を呼び込む小技4つ

    テニスの試合で、細かいけど大事なこと。小技、とでも言いましょう…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう
  3. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように
  4. テニス メンタル

    ボレー

    サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブで身体が開いて安定しない」人は、肩にアゴを乗せてトスアップを意識してみま…
PAGE TOP