テニス サーブ

サーブ

「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデメリットを考えてみる

サーブには色々なフォームがありますが、今回はラケットとトスアップの腕を同時に上に上げる形のフォームについて。

かつて伊達選手やラフター選手、現在ではマレー選手がこの形でのサーブを得意にしています。

今回はそのメリットとデメリット、と思われるものを客観的に考えてみますので、ぜひアナタのサーブに活かして欲しい。

少しでもヒントになる部分があれば、嬉しいです!

 

「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデメリットを考えてみる

 


 

■両腕の動きを揃えることで、安定しやすい

人の身体は、左右の動作を揃えると安定しやすい傾向にあります。

両腕を同時に上に上げていく形がしっかり安定すれば、それだけトスアップも安定してくるので打ちやすい。

トスも少し低めに上げることで、ラケットの動作と合わせやすいのが大きなメリットです。

風の影響も受け辛く、低いトスで安定して打てればサーブ&ボレーにも繋げやすいですね。

 

■ラケットダウンからのヘッドスピードを上げにくい

一番の難点は、威力を出し辛いこと。

ラケットダウンするタイミングが短く、下からの勢いを伝え辛いので、ボールを強くヒットすることが難しくなります。

回転量を多くかけるサーブには向いていますが、スピードとキレは出しにくいのが特徴。

これを克服するには、やはり下半身の動き、膝を曲げた状態からのコートを蹴る動作が必要です。

 

■伸び上がり過ぎて、下半身から力を伝えにくい場合も

下半身から力を伝えたい!と思っても、トスアップで先に伸びあがってしまってはそれも難しい。

この改善策としては、しっかり状態を反ってスピンサーブを打てるようにしたいところ。

同時に両腕を上げるフォームでは、シンプルなスピンサーブは打ちやすくなります。

但し、しっかりとプロネーション動作を手首で行い、打ったラケット面が外を向くようにすることが大事です。

上をなでるようなサーブになってしまうと、ここぞという場面で安定しませんので注意が必要です。

 

結論的には、女性で低いトスから安定したサーブでボレーまでつなげたい、という方にはお勧めです。

男性は、上背がありキックサーブを安定させて打ちたい方には向いていますが、威力は出し辛いので試行錯誤が必要。

ラケットを一度下に下す動作が安定しない、もっとシンプルに打ちたいという方には、今回のフォームを試してみる価値はありそうです!

何事も、テニスは研究と試行錯誤が大事。

先入観に捕らわれず、ぜひご自身でも実際に打って感覚を確かめてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    ファーストサーブでガシャったら、「しっかり間を空けてから」セカンドサーブを振り抜こう

    ファーストサーブが、ガシャった時。皆さん、頭が真っ白になりませ…

  2. テニス ダブルス

    サーブ

    「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ

    テニスの試合はサーブから始まる。分かっちゃいるけどあの緊張感、…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブのトスは前、じゃあセカンドは…?

    ファーストサーブを打って、フォルト。じゃあセカンドを…という時…

  4. テニス 準備

    サーブ

    回転系のサーブが効果的な相手って、どんな相手?

    皆さんはサーブを打つ時に、相手の弱点について考えたりしてますか・・・?…

  5. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です

    「サーブは入れるだけ」「サービスエースなんて、試合で出来る訳な…

  6. テニス 前衛

    サーブ

    テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限らない

    特に男子ダブルスのサーブ、レベルが上がればセンターへの配球が多くなる。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!…
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    「ハイボレー、からのドロップボレー」は試合で効果大
  4. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的…
PAGE TOP