テニス メンタル

サーブ

テニスの試合で「スピンスライスサーブ」を使えると、相手のタイミングをずらせて効果的!

サーブの種類は色々ありますが、組み合わせることも出来ることはあまり知られていません。

スライスとスピンを組み合わせる、斜めにボールを捕える「スピンスライスサーブ」を覚えてみませんか?

中途半端に感じるかも知れませんが、これ、意外に試合で使えます!

 

テニスの試合で「スピンスライスサーブ」を使えると、相手のタイミングをずらせて効果的!

 


 

■サーブはリターンとの相性が悪い、タイミングが合うと相手がずっと有利に・・・

サーブは水物。

相手にとって、「すごく打ちやすい!」という悪い組み合わせも有り得ます。

そんなときに、今回の「スピンスライスサーブ」が打てると、自分のサーブを少し調整することができます。

相手にとっては、その少しの差が「今までタイミング合ってたのに、なんで・・・」という感じで、効いてくれるかも知れません。

 

■「スピンスライスサーブ」は、打ち方自体は難しく無い

女性でも、確実に打てるようになります。

お勧めは、スライスサーブをまず覚えて、それを少しずつスピンに近付けていく方法。

スライスサーブより、少しグリップ位置を高めにして、ボールの後ろ側を捕えるようなイメージ。

スピンサーブが得意な人、連続写真を参考にしてみて下さい。

スライスの要素も残したいので、あくまでボールの横を弾くイメージは大切に。

色々研究してみて下さい。

 

■ワイドのサーブに最適!右利きでデュースサイドは特に効果的

実はプロテニス選手でも、使い手は多い。

フェデラー選手のデュースサイドからワイドのコースへは、このスピンスライスの形が多いように思います。

スライスサーブよりも角度が付けやすく、カクンと落ちて入ってしかもスピンのように弾む。

男性の方であれば、ぜひ練習してみて下さい。

意外とスライスサーブよりも、ワイドに打ちやすいと感じるかも知れません。

 

サーブには色々な種類がありますが、ベースになるのはスピンとスライス。

まずはこの2種類を、しっかり同じフォームから打ち分けられるようにしたいですね。

テニスの試合も上のレベルになると、特にセカンドサーブはタイミングの外し合いになります。

応用力を磨いておく意味でも、このスピンスライスはぜひ練習しておいて下さい!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. サーブ

    視点を置く順番を決めれば、サーブを打つメンタルは整えられる

    サーブを打つ時に、精神的に弱くなってしまう人。きっと、こういう小さ…

  2. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!

    テニスボールは飛ぶように出来ている。もちろん打点が食い込まれた…

  3. テニス 団体戦

    サーブ

    サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!

    試合のときに、サーブを打つボールを選ぶ。「そんなの、プロ選手だ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対応策5つ

    セカンドサーブが入らずに、気が付けば0-30、0-40・・・。…

  5. テニス 環境

    サーブ

    ダブルスの試合で必要な、「フォーメーション用ファーストサーブ」を身につけよう

    ダブルスの試合、Iフォーメーションやチェンジプレー、で相手リターンを揺…

  6. テニス ストローク

    サーブ

    緊張する場面で「しっかりサーブで顔を残す」こと出来てる?

    試合の終盤、緊張した場面でこそサーブの力は試される。自分を信じ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?
  3. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識と…
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合の中で一度や二度の失敗で、スマッシュを諦めてはいけない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで遅いボールの返球が苦手な人は、「テイクバックしてからのフットワーク」…
PAGE TOP