ダブルス

前衛のポジション、基本に終始してない?

佐藤プロとの試合解説動画を作ってみて、気付いたこと。

みなさん試合に出て結果を出されている方なので、すごく変化がある。

相手も、プレッシャーを感じてミスをしてしまう。

実際に、特にダブルスの試合ではこういうケースが多いように感じます。

自分が動いているつもりでも、実は基本的なポジションが変わっていないから、相手にプレッシャーがかからない。

基本は大事ですが、それはえてして、自分を守る為の言い訳にしか使われなかったりもします。

気付いたら、変える。

そうしないと、結果的に強くなれませんからね。

前衛は、忙しい!

ボールにフォローしていく動き、が必要

試合では、結構忙しいですよね。

後衛が打った方向に、しっかり動いて詰めていく。

よく前衛は、「前後に動いて守備、攻撃をするポジションに入る」と教えられますが、これは基本。

実際の試合では、ボールの方向に動くことが求められます。

それこそ、後衛のパートナーがどこに打つのかで、微妙に入るポジションは変わって来るんですよね。

動いて満足、基本で満足?

になってはいませんか?

「基本のポジションにいて、ボールが来なかったからしょうがない」と思っていると、試合では上位ペアを倒せない。

そりゃ、相手も前衛に捕まらないように工夫して来ますよ。

そこに、どう食い込んでいけるか、割り込んでいけるかが勝負じゃないですか。

基本的な動きをして、触れないことを嘆いていてもしょうがない。

もっともっと、ボールとシチュエーションに合わせた動きの変化、が必要なんです。

意識したい、相手の打点

相手が、どのポジションでボールをインパクトするのか。

その打点は、どんな高さなのか。

これによって、前衛のポジショニングや意識も変わって来ますよね。

相手の後衛がセンター、コート後方の真ん中から打つなら、自分もセンター寄りのポジションで待つ。

その打点が高いなら沈んで来るボールが来る可能性があるし、打点が低いならスライスやロブがあるかも知れない。

こういう想像力、を自分の中で働かせていくこと。

そうすれば、もっともっと活躍出来る前衛になれますよ。

無謀な動き、だけでは勝てない

確かに、捨てることは大事だけど…

私は今まで、「ポーチはストレートを捨てること」が大事だと書いて来ました。

でも、最近では「そういう場面も必要だけど、まずは良いポジション」が大事だなと。

改めて感じています。

無謀な感じでポーチに出るだけ、では相手も楽なんです。

ストレートに溜めて打てる選手なら、簡単に逆を突かれますからね。

まずはボールにフォローして、良いポジションを取る。

そう、これこそが前衛に必要な基本です。

基本のレベルを、上げていこう

試合で使える、試合で勝てる。

そういう基本って、いわゆるテニススクールで習うダブルスの基本とは違う。

もっともっと、踏み込んだ内容なはずなんです。

みなさんは、自分自身でこの基本を理解し、創り上げ、試合で使っていかないといけない。

ボールを追いかける、フォローするようなポジショニングが、なぜ試合で必要なのか。

繰り返しトライ&エラーをしながら、理解して身体で反応出来るようになること。

それが今、求められているんだと思いますよ。

基本は与えられるもの、ではない

自分自身で作り上げるもの、です。

試合で強い人は、基本の考え方やレベルがものすごく高い。

それは、人から与えられたものではなく、自分自身で作り上げたものなはず。

テニス以外でも、同じでしょう。

基本はこれです、と言われたことしか出来ない人は、何も成長しない。

それだけこなしていれば良い、という向上心の無い人間になってしまいますから。

前衛の動き、教わった基本だけになってはいませんか?

変わるべきは、アナタ自身の基本に対するスタンスそのものです。

相手の反応を、よく見よう!

前衛のポジションを、今までの感じと変えてみる。

そこでぜひ、相手の反応や表情、仕草を確認してみて下さい。

きっと、強い相手、上手い選手ほど、そんなアナタを見て気にしてくれるはずですから。

こういう成功体験、「あ、今の効いたんじゃないかな…!」という感覚を持てれば、どんどん自分を変えていける。

自分のプレーだけに一生懸命、それではダメ。

試合に強くなれない、典型例です。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要

    ダブルスの戦いは、いかに効率的に戦うか、前衛が活躍出来るか。こ…

  2. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス

    ダブルスの試合、ロブをカバーに走る。並行陣なら、かなり多くなるシチ…

  3. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

    ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?当然シングルス…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの

    いつも私は、ダブルスでは「前衛が積極的にポーチに出る」ことを推奨してい…

  5. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツ…

  6. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている

    ダブルスの前衛、こんな考えの選手・・・の人、いませんか?「ドキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要…
  2. テニス ストローク

    シングルス

    アタック後のポジション、ボール方向へ
  3. テニス アームカバー

    テニス知識

    暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニス フットワーク

    ダブルス

    フォアハンドの逆クロスが得意なら、雁行陣の後衛でどんどん回り込んで自分のゾーンを…
  5. ボレー

    テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速い…
PAGE TOP