メンタル

苦しんだ経験は、必ず誰かの助けになる

テニスに限らず、仕事でも勉強でもそう。

自分が苦しむ、その苦しんでいる瞬間は本当にしんどいですけどね。

でも、その経験は必ず活きる。

私は、この経験を何度もテニスで感じて来ました。

だから、良い意味で「自分が苦しんでいる」と感じることは、すごく嬉しいんです。

そうしないと成長は無いし、人の成長も助けられない。

みなさんも、少しの意識で考え方は変わります。

良い意味、良い解釈が出来ないと、試合に出続けるのだって難しいですよね。

なぜ、苦しいのか?

テニスが楽しくない、満たされない

と、感じている方は多いと思います。

それはなぜか、答えはシンプルです。

アナタ自身が向上心があるから、試合に勝ちたいから、です。

そう心から考えているからこそ、苦しい。

ボールを打って飛ばす、ことが楽しいと思えない、試合結果に満たされない。

これを感じれる選手だということ、をまず自覚するところからスタートです。

その経験でしか、得られないものがある

試合に勝てない、なかなか自分で上達が実感出来ない。

こういう状況を経験している人って、必ずその後につながっていきます。

誰かの話を聞いたり、アドバイスをしたりする、テニスを続けていればたくさんの機会があります。

そういう時に、相手の気持ちが分かる。

自分が経験してきたことに、近しいと感じて親身になれる。

私は、こういう感情を持つことが1人のテニス人としてすごく大事なことだと思っています。

結果的に自分の為になる

最後は、自分が得をするんですよ。

私も経験がありますが、苦しんで来たことを活かして、新しいチャレンジをする。

そうすると、過去の経験が活きて何とか乗り切ることが出来る。

「あ、あの経験があったから、今乗り越えれたな」と感じることが出来れば、これが一つの流れになります。

結果的に、苦しむという経験を自分の中で受け入れることが出来る。

その瞬間、瞬間はしんどいことも多いですけどね。

でも、良い流れになることを知っているので、客観視出来る。

テニスを通じて、成長ってこういうことなんだな、ということに気付くことが出来れば最高じゃないですか。

テニスを通じて、何に貢献するのか?

私自身も、みなさん自身も

このT-PRESSも、最初は私の経験だけを書いているサイトでした。

小さいテクニックやノウハウ、考え方を書いて来て、結果的に一番成長出来たのは私自身です。

なぜ、自分はテニスをするのか…と、悶々としていた中で、一つの答えが見えたんです。

「世の為、人の為になるなら、やり続けよう」と。

もちろん4年間、5,000記事以上更新しましたので辛い時期もありました。

でも、今ではそれも本当に良い経験になったと思っています。

これは、みなさん自身にも言えること。

苦しみながらも、こういうブログを読んでもがいたこと。

もがいて何かを掴もう、と必死になったこと、は必ず次へのステップにつながるはずです。

アナタ自身の経験は、もの凄く価値がある

と、自覚して欲しいんです。

みなさんのテニスの技量は経験は、千差万別でしょう。

でも、様々な経験をしてきて、今この記事を読んでいる。

きっと、みなさんの周りにもたくさん悩んでいる人、多いと思うんです。

テニスを続けている、特に試合に出ている人のほとんどが。

ぜひ、色々な会話をしてみて下さい。

何も、無理にアドバイスをしようとかそういうことは考えなくて良い。

話を聞いて、自分の過去と照らし合わせてみる。

それだけで、私は充分価値のある行動だと思いますよ。

苦しんだ経験は、必ず誰かの価値になる。

テニスを通じて、これを経験出来ることはみなさんの人生にも大きなプラスになるはずです。

人は人によって、満たされていく

人間は、感情で生きている。

だからこそ、ほんの小さいこと、些細な事でも良いんです。

「誰かの役に、立てているんだ」と感じれること、が何より大事。

「それはコーチの仕事でしょ…」と思った方、ちょっと違います。

テニスを続けている人同士、お互いでも充分に役に立つことが出来る。

自分が苦しんだこと、は必ず誰かの助けになる。

テニスだけじゃないですよね。

「いや、そんな自分は…それほどの経験も無いし…」と、謙遜しないで下さいね。

テニスの試合に出続けている、これだけでも凄く大変なこと、勇気のいることですから。

ぜひ、ご自身の経験を思い出して、苦しんだ日々を書き出してみて下さい。

テニスがあって、良かったなと。

そう思えたら、まだまだアナタ自身強くなるはずです。

そしてまた、挑戦へ

旅だっていきましょう。

苦しんでいることは、誰かの助けになるし、自分の成長にもつながる。

だったら、また挑戦していかないといけない。

「最近、どこかぬるいな」と感じている人は、飛び出していきましょう。

自分が恥をかく、そういう経験が出来そうな場所を求めて。

苦しいと感じる瞬間、それはテニスがアナタ自身に何かを求めている時。

挑めることが出来る、そんな自分はラッキーじゃないかと。

T-PRESSも、どんどんそういう挑戦を続けていきます。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?

    テニスの試合は、必ず勝敗がつく。あの全豪オープン決勝、フェデラ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

  4. テニス ルール

    メンタル

    アナタはこの動画を観て、何を感じるだろうか?

    日本がフランスに敗れたデビスカップ。同じく世界中でワールドグル…

  5. テニス センス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?…
  2. メンタル

    最初は伸び伸び、でも後半は・・・?
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    フラット気味な速いストロークに対抗するには、「低い態勢でラケットヘッドをしっかり…
  4. サーブ

    ボールを下に突く、のにもコツがある
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドは、肘を伸ばした打点でパワーアップ!
PAGE TOP