ダブルス

ダブルスの試合での、連続攻撃の基本について

ダブルスの試合で、有効な連続攻撃。

強いペアは、ここぞというポイントでしっかりスピーディーな攻撃、で仕留めて来る。

でも、全体のイメージを上手く掴めていないと、試合で焦ってしまう。

シンプルに考えると、すごく楽に試合を進めることが出来ます。

一度、先入観を取っ払って、一緒に考えてみませんか?

ダブルスは、まだまだ戦い方で強くなれるはずです。

 
 

相手を常に、1人にする

基本は、2対1をどう作るか?

私は、いつもコレを考えています。

相手の、どちらかに狙いを絞る。

そして、その片方の選手を徹底的に狙っていく。

片方のペアには、参加させない。

この意識が大事、です。

2人を倒そう、と思わないこと

ダブルスだからと言って、2人を倒す必要はありません。

どちらか1人を倒せば、ポイントは取れる。

どこかで、2人を滅多打ちにしないとダメ、と思っていないですか?

これでは、なかなか決め切れない。

どんなにショットに力があっても、2人を相手にしていると試合では勝てない。

アナタ自身の意識を変えれば、もっと楽に勝てますよ。

1人させると、メンタルが乱れて来る

ダブルスの試合、自分が参加出来ないと…みなさんはどうでしょうか?

つい、触りたくなる。

1人にさせると、相手もメンタルが乱れて来ます。

自分が参加出来ていないと、カバーに走りたくもなりますし、やりたいテニスが乱れて来る。

対戦相手を、分離させて孤独にさせる。

ダブルスでは、これを考えて戦いましょう。



狙い目は、前衛

連続攻撃、が効きやすい

ここに、狙いを絞ることが大事です。

ダブルスの試合、相手の前衛を狙ってみる。

そして、逃がさない。

これが、私はダブルスの試合では非常に使えるテクニックです。

特に、学生のみなさんや女子ダブルスのみなさん、には効果的な作戦になるでしょう。

前衛で不安な相手、は多い

前衛って、みなさんどうですか?

ただ前に立っているだけで、「何をして良いのか、分からない」という方多くないでしょうか?

こういう相手の弱み、を見逃さないこと。

まず触らせて、次のボールも触らせてみる。

これで、少しずつボロが出るはずです。

こっちは狙いを、前衛にペアで絞る

こちらはダブルスペア、パートナーとしっかり打ち合わせしておきます。

「あの前衛を、集中攻撃しよう」と。

ここで共通の認識を持っておかないと、相手を1人に出来ません。

どんなボールも、徹底的に前衛を攻める。

相手にバレても良い、とにかく圧力をかけていく。

ダブルスの試合、これを意識するだけで流れは変わります。

   

執拗に、なれるかどうか

細かい技術より、これが大事

試合では、戦う意識が大事。

勝つか負けるか、の中にいるわけですからね。

執拗に、しっかりと狙いを絞ったプレーが出来るかどうか。

これ、出来るペアは少ないですよ。

細かい技術よりも、しっかりと意識することは「執拗さ」です。

執拗になれば、相手は焦る

相手は、ビビります。

前衛にいて、自分が狙われている、と意識してしまうと、目の前が怖くなる。

1人に狙いを絞って連続攻撃、それで得るのはポイントだけじゃない。

相手の自信をも、奪ってしまう。

執拗に、したたかにいきましょう。

「よし、やってみよう!」と思えたら

しっかり、ペアと話しましょう。

こういった作戦は、ペアで実行しないと意味がない。

もしかしたら、上手くいかないかもしれない。

でもそれでへこたれてはいけない。

やり抜くには、アナタ自身の意志が何より大事。

相手よりも、まずは自分のペアを動かすこと。

「よし、本当に試合でやってみよう!」と思わせることが出来れば、勝てるでしょう。



連続攻撃に必要なのは、技術じゃない。

メンタルと、準備、勝利への意志です。

しっかり攻撃をする、相手に分かるくらい執拗に。

何となく、ではなくハッキリと。

ぜひ、ペアでの作戦に加えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?

    今回は、ダブルスのリターンのサイド、について考えてみたいと思います。…

  2. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアには勝てない

    ダブルスの試合は、大学生くらいから特に男性は並行陣が主体となる。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応方法とは?

    特に男子ダブルスの上のレベルでよく観る、並行陣の逆陣形。これは…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    対並行陣の武器、はどう使っていけば良い?

    ダブルスの試合で、相手の並行陣をどう崩していくのか。これは、上…

  5. ダブルス

    男女問わず、ペアから信頼される人の特徴5つ

    ダブルスのペアとして、信頼されるということ。これは、試合に勝…

  6. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法

    相手の並行陣を崩す、その為に必要なストローク。センターセオリー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「結果を出せよ!エリートも初心者も。」テニス部の部活動について
  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について
  3. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それは「虚栄心」です
  4. テニス 守備

    スマッシュ

    スマッシュが入らなくて悩んでいる人は、「上方向に打つ」ことで全てが解決されるはず…
  5. テニススクール

    テニスを習う側が諦めている、という話
PAGE TOP