メンタル

ノンプレッシャーのテニス、面白い?

プレッシャーも無く、伸び伸びとテニスをする。

良いんです、最初は。

楽しいけど・・・でもどこか、満たされない。

そう感じたことが、試合へのきっかけだったりすると思います、みなさんも。

いざ試合に出れば、プレッシャーは凄いし苦しいことばかり。

でも、それが楽しいからテニスを続けてる。

みなさん、そうじゃないですか?

 
 

ノンプレッシャー、逆に辛い

何となく、ボールを打ち合う。

目的もなく、ただラケットでボールを打ち合うだけ。

ミスしても何も感じない・・・。

こうなったら、私はもうテニスが面白いとは思えない。

いや、たまには良いですよ、たまには。

年末年始で、こういうテニスをする機会もあります。

気の置けない仲間で集まって・・・みたいな感じで。

でも、それでもつい、真剣勝負になってしまうんですけどね。

一度、勝負の楽しみを知ってしまうと、もう止められないですから。

ノンプレッシャーのテニスって、逆に辛いんですよ。



勝敗があるから、成長出来る

私は、これが大きいと思います。

何歳になっても、テニスを通じて自分が成長出来る。

正直、それ以上に楽しいことって無いですよ。

勝敗がある、本気の勝負がそこにあるから、成長出来る。

そこには、やはりプレッシャーは要素として付いて来る。

勝敗があるから、本気で考えるし、必死になる。

必死に喰らい付いていく為に、自分を変える。

勝敗があるからこそ、プレッシャーがあるからこそ、だと私は思いますよ。



プレッシャーは、楽しんだもの勝ち

何度か書いて来ましたが、強い人はこれが上手い。

これも、一つのテクニックです。

試合の現場でも、プレッシャーを楽しんでいく。

楽しむためには、自分たちがどうするか、を考えないといけない。

負ければ悔しいし、その悔しさを隠してはいけない。

本気の勝負、これを嫌がる人もいるでしょう。

ノンプレッシャーのテニスしかしたくない、という人もいるでしょう。

それが楽しいなら、それで良い。

私たちはどうか、という話ですね。

   

アナタ自身が面白い、ことに未来がある

面白い、と感じること。

アナタ自身が、刺激を受けること。

これをぜひ、テニスでも感じて欲しい。

もちろん、テニスの試合に出続けていれば、嫌になることもあります。

勝てば面白い、でも負けてばかりだと心が折れますからね。

でも、試合に勝って面白い、と思えることに、アナタ自身の未来がある。

負けて悔しい、と思えるのも、試合が面白いからじゃないですか。

ぜひ、自分と向き合って面白いテニス、続けていきましょう。



もう、試合は良いかなと。

思う時期もあると思います。

良いんです、一旦真剣勝負の場から離れても。

そしてまた、アナタ自身が戦いたいと思ったら、戻ってくれば良い。

ノンプレッシャーのテニス、を楽しむのも良いでしょう。

本当に自分が面白いと感じるものは、何なのか。

答えはアナタ自身の中にしか、無いんです。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手を見て、「あいつらは別」と考えるのか、「自分と変わらない」と考えるのか

    試合に強くなる人、上手くなる人は他の人と考え方が違う。それは、…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くなる

    テニスの試合、勝ってるときはすごく楽しい。疲労も感じないし、何…

  3. テニス 指導

    メンタル

    絶対に勝たないといけない試合、がアナタを強く育てていく

    試合に出ているみなさんが、避けて通れない試合。それは、間違いな…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合で格上選手を相手にするとき、中盤に感じる「満足感」は最大の敵になる

    ちょっと、イメージしてみて下さい。大事なテニスの大会、目標にし…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?

    私たちの試合で多いのは、1セットマッチ。ほとんどが、この形式で…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

    テニスの試合では、強い人同士が試合をするのは珍しくない。ですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    社会人テニスプレイヤーの方に多い、「ボールに合わせるだけのボレーに慣れてしまった…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス
  3. テニス コントロール

    戦術

    テニスのナイスショットは、全て組み合わせでしか完成しない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事
  5. テニス 環境

    日々の雑記

    後輩来た道、先輩ゆく道
PAGE TOP