戦術

アナタのテニスウェアは、相手にどう見られているだろう?

少しでも、気にしたことはありますか?

私は、結構気にしています。

それは、自分がオシャレに来たい、というよりも「どういう風に相手に思われたいか?」を考えている。

テニスは、人と対戦する競技。

テニスウェアも、大事なアナタ自身の武器であり、味方です。

そこに意識を向けないのは、損ですよ。

 
 

相手は必ず、何かしらの印象を持つ

アナタ自身のテニスウェアは、アナタ自身が選んでいるもの。

私たち一般プレイヤーは、そうですよね。

つまり、そこに必ず個性が出る。

「いや、そんなに気にしていないんだけど・・・」という方もいるでしょう。

でも、そういう人ほど実は危ない。

アナタ自身が来ているウェアに、性格やメンタルはよく出ている。

相手はそれを見て、無意識のうちにどう戦うのか、見通しを立て始める。

小さいようで、実は大きなポイントだと私は思います。


自分の印象を、操作しよう

自分が着たいウェアを着る、というのはもちろん大事。

あとは、そのウェアでどう相手に見られているのか、を意識したいですね。

赤や黄色のような明るい色を着ているなら、アグレッシブな選手のような印象を与えやすい。

青は冷静、黒は粘りや体力、何となくそんな雰囲気を受けるじゃないですか。

自分の印象って、ウェア一つでも大きく変わって来ます。

大事なのは、アナタ自身が自分の印象を操作する、という意識。

もうテニスが始まる前から、揺さぶり合いは始まっている。

それくらいの意識で良いと思いますよ。

一番良いのは、成長につながること

テニスウェア一つ、しっかり選んでみる。

着る根拠、を自分の中で考えてみる。

周りから自分は見られているんだ、と意識したときに、人は成長します。

「たかがテニスウェアで?」と思うかもしれませんが、変わります。

試合で勝ち残る人は、やはりよく考えてウェアも選んでますよ。

それで勝てる、強くなるという保証はありませんが、アナタ自身意識して成長出来るはず。

男性でも女性でも、どんな年齢でもテニスウェアって大事です。

   

自分で考えるから、答えが出る

こればかりは、みなさん自身で考えてみて下さい。

「アナタにはこれです、これを着ましょう」というのは、お伝え出来ません。

ぜひ、みなさんの中で「これでいこう」というのを選んで欲しい。

それが、値段や機能性だけでなく、「相手にどう思われるのか?」を基準に考え抜く結果かどうか、が大事です。

自分で考えて、答えを出したらそれが答えです。

テニスウェアは、大事な戦闘服。

選ぶところから、戦いは始まっています。



テニスの醍醐味、の一つですからね。

ウェアだけじゃなく、シューズやラケット、小物まで全てがアナタ自身の分身のようなもの。

強くなりたいなら、考えて選ぶこと。

そうすれば、全てに対する姿勢も変わって来るでしょう。

それこそまさに、成長です。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    1セットマッチの試合では、「プレーしながら常に2ゲーム先」も考える癖を付けよう

    試合の中で、まずは目の前のプレーに集中する。それは大前提です。…

  2. テニス ボレー

    戦術

    「つなぐだけなら、誰でも出来る?」出来ないって、本当に

    粘るスタイルの選手のみなさん、はいつも誤解されがち。「あのス…

  3. 戦術

    間を嫌う、というタイミングは必要

    試合の中で、「何となく、間を空けたいな」と感じることは無いですか?…

  4. テニス メンタル

    戦術

    ボールが飛んで来るコース、は限られていると考えよう

    テニスの試合は、あるあるなコースが多い。そんなに難しいことは試…

  5. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

    ダブルスの試合、相手をチェックしていると見えて来るものがある。…

  6. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出す」ことが大事

    試合慣れしているかどうかって、こういう部分に出ます。決断が早い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える
  2. シングルス

    ワイドに打った後に、なぜセンターに戻るのは危険なのか?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!…
  4. 戦術

    男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで
  5. テニス 並行陣

    ストローク

    ストローク力の低下に悩むシニアプレイヤーの皆さんは、ベースライン上でのポジショニ…
PAGE TOP