戦術

アナタのテニスウェアは、相手にどう見られているだろう?

少しでも、気にしたことはありますか?

私は、結構気にしています。

それは、自分がオシャレに来たい、というよりも「どういう風に相手に思われたいか?」を考えている。

テニスは、人と対戦する競技。

テニスウェアも、大事なアナタ自身の武器であり、味方です。

そこに意識を向けないのは、損ですよ。

 
 

相手は必ず、何かしらの印象を持つ

アナタ自身のテニスウェアは、アナタ自身が選んでいるもの。

私たち一般プレイヤーは、そうですよね。

つまり、そこに必ず個性が出る。

「いや、そんなに気にしていないんだけど・・・」という方もいるでしょう。

でも、そういう人ほど実は危ない。

アナタ自身が来ているウェアに、性格やメンタルはよく出ている。

相手はそれを見て、無意識のうちにどう戦うのか、見通しを立て始める。

小さいようで、実は大きなポイントだと私は思います。


自分の印象を、操作しよう

自分が着たいウェアを着る、というのはもちろん大事。

あとは、そのウェアでどう相手に見られているのか、を意識したいですね。

赤や黄色のような明るい色を着ているなら、アグレッシブな選手のような印象を与えやすい。

青は冷静、黒は粘りや体力、何となくそんな雰囲気を受けるじゃないですか。

自分の印象って、ウェア一つでも大きく変わって来ます。

大事なのは、アナタ自身が自分の印象を操作する、という意識。

もうテニスが始まる前から、揺さぶり合いは始まっている。

それくらいの意識で良いと思いますよ。

一番良いのは、成長につながること

テニスウェア一つ、しっかり選んでみる。

着る根拠、を自分の中で考えてみる。

周りから自分は見られているんだ、と意識したときに、人は成長します。

「たかがテニスウェアで?」と思うかもしれませんが、変わります。

試合で勝ち残る人は、やはりよく考えてウェアも選んでますよ。

それで勝てる、強くなるという保証はありませんが、アナタ自身意識して成長出来るはず。

男性でも女性でも、どんな年齢でもテニスウェアって大事です。

   

自分で考えるから、答えが出る

こればかりは、みなさん自身で考えてみて下さい。

「アナタにはこれです、これを着ましょう」というのは、お伝え出来ません。

ぜひ、みなさんの中で「これでいこう」というのを選んで欲しい。

それが、値段や機能性だけでなく、「相手にどう思われるのか?」を基準に考え抜く結果かどうか、が大事です。

自分で考えて、答えを出したらそれが答えです。

テニスウェアは、大事な戦闘服。

選ぶところから、戦いは始まっています。



テニスの醍醐味、の一つですからね。

ウェアだけじゃなく、シューズやラケット、小物まで全てがアナタ自身の分身のようなもの。

強くなりたいなら、考えて選ぶこと。

そうすれば、全てに対する姿勢も変わって来るでしょう。

それこそまさに、成長です。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. 戦術

    人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている

    勝負の世界で、勝ち残っていくには。テニスに限らず、だと私は思い…

  2. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる

    試合の中で、カウントが進んでいく。このカウントについて、しっか…

  3. 戦術

    コートと喧嘩しちゃ、試合に勝てない

    「あ、この試合は勝ったな」と思う瞬間。色々ありますが、私は相…

  4. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要

    テニスのスタイル、「繋ぎ」と「攻め」があるでしょ?どっちがいや…

  5. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず

    今回も、あくまで私の考え、です。異論反論、賛否両論あるでしょう…

  6. 戦術

    「ネットを挟めば敵なんだよ」テニスの試合は技で相手をねじ伏せる競技です

    皆の普段の練習メニューはどんな感じだろう。ボール出し練習も入れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う
  2. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレーでハイボレーが安定しない人は、「高い位置でラケットをキャッチ」して打…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底して…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げると…
  5. テニス ミス

    ダブルス

    「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で…
PAGE TOP