テニス ウェア

その他

「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

特に男性の方は、思い当たる方も多いんじゃないでしょうか。

「誰に迷惑をかけている訳でも無いんだから、良いじゃないか!」という声も、聞こえてきます。

でも、テニスの試合に勝ちたい、強くなりたいのであれば、必要なことなんです。

社会人になって、いかに最低限のテニスウェアの着こなしが大切か・・・を気付いた時に、痛い人になっていない為に。

 

「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

 

■テニスの練習は仲間と一緒にやる機会が多い

壁打ち練習を一人でやるのであれば、確かに気にする必要は無いかも知れません。

それでも仲間で練習する機会が多いテニスですから、やはり見た目は気にして最低限、周囲の人に不快な思いはさせないよう注意しましょう。

社会人になれば、男性と女性が同じコートで練習することも多く、ダブルスのマッチ練習ではタッチする機会も当然あります。

気持ち良く練習ができれば、アナタ自身の価値も上がっていき、テニスも強くなれる環境が出来ていきます。

 

■ウェアに無関心ではテニスに必要な感性が磨かれない

自分自身がウェアやギアに無頓着だと、相手のウェアにも無頓着になり、感性が磨かれません。

「あの選手はいつもとウェアが違うな・・・何かあったのかな・・・」

「この選手は赤のウェアを着ているときは、気合が入っているときだ」

という探り合いも、テニスの試合では重要な要素です。

まずはアナタ自身が、「どんなウェアが着たいのか、似合うのか」と探してみると良いでしょう。

見た目でテニスは変わります。

自信のある装いは、アナタのプレーにも必ず自信を与えてくれます。

 

■「どれを着たら良いか分からない・・・」という人は、周囲にアドバイスを求めましょう

恥ずかしがる必要はありません。

アナタ自身が似合うと思っていても、それが周囲から見れば異なるケースも多々あります。

思い切って、友達や家族に聞いてみても良いでしょう。

自分がどういう印象を持たれているのか、それをウェアで補うにはどんなデザインが良いのか・・・。

思わぬ発見が、そこにあるかも知れません。

社会人になれば、チームウェアを着る機会も少なくなり、着ているウェアでアナタ自身のイメージを構築されていきます。

「痛い人」になるかどうかは、少しでも学生時代に意識を持ってテニスウェアを着続けていけるかどうか、が大切です。

 

学生の皆さんの中には、「新しく買いたいけど、お金が・・・」という方も多いでしょう。

何事も工夫が必要ですが、正直テニスを継続していくにはお金は絶対的に必要です。

そこをどう工面するか、アナタ自身で考えてみて下さい。

アルバイトをする、親を説得する、安く買える場所を探す・・・など、こういった活動も、テニスを強くなるには避けて通れないこと。

そうやって作り上げて挑む試合は、また格別です。

絶対に勝ちたくなるでしょう!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス 練習
  2. テニス シューズ

    その他

    「呼吸法からテニスのショットを考える」と、試合の中でもリラックスして良いリズムで打てる!

    テニスやスポーツにおいて、「呼吸のリズム」を考えてみたことはありますか…

  3. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう

    自分のテニスをもっと強くするためには、どうすればいいんだろう?…

  4. その他

    テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ

    夏から秋は、台風や暴風雨の季節。今年も日本各地で、大変な被害が出て…

  5. テニス 睡眠

    その他

    「テニスの翌日に、疲労が抜けない・・・」という方に試して欲しい4つの方法

    テニス選手であれば、連日連戦・・・なんてこともある。疲労回復が…

  6. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本5つ

    3月・4月は出会いと別れの季節。テニス部でも引退試合から新入生…

特集記事

  1. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中…
  2. サーブ

    サービスゲームの40-30でポーチに出ておく、ことがその先にもつながっていく
  3. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから
  4. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない
  5. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット
PAGE TOP