テニス ウェア

その他

「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

特に男性の方は、思い当たる方も多いんじゃないでしょうか。

「誰に迷惑をかけている訳でも無いんだから、良いじゃないか!」という声も、聞こえてきます。

でも、テニスの試合に勝ちたい、強くなりたいのであれば、必要なことなんです。

社会人になって、いかに最低限のテニスウェアの着こなしが大切か・・・を気付いた時に、痛い人になっていない為に。

 

「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

 

■テニスの練習は仲間と一緒にやる機会が多い

壁打ち練習を一人でやるのであれば、確かに気にする必要は無いかも知れません。

それでも仲間で練習する機会が多いテニスですから、やはり見た目は気にして最低限、周囲の人に不快な思いはさせないよう注意しましょう。

社会人になれば、男性と女性が同じコートで練習することも多く、ダブルスのマッチ練習ではタッチする機会も当然あります。

気持ち良く練習ができれば、アナタ自身の価値も上がっていき、テニスも強くなれる環境が出来ていきます。

 

■ウェアに無関心ではテニスに必要な感性が磨かれない

自分自身がウェアやギアに無頓着だと、相手のウェアにも無頓着になり、感性が磨かれません。

「あの選手はいつもとウェアが違うな・・・何かあったのかな・・・」

「この選手は赤のウェアを着ているときは、気合が入っているときだ」

という探り合いも、テニスの試合では重要な要素です。

まずはアナタ自身が、「どんなウェアが着たいのか、似合うのか」と探してみると良いでしょう。

見た目でテニスは変わります。

自信のある装いは、アナタのプレーにも必ず自信を与えてくれます。

 

■「どれを着たら良いか分からない・・・」という人は、周囲にアドバイスを求めましょう

恥ずかしがる必要はありません。

アナタ自身が似合うと思っていても、それが周囲から見れば異なるケースも多々あります。

思い切って、友達や家族に聞いてみても良いでしょう。

自分がどういう印象を持たれているのか、それをウェアで補うにはどんなデザインが良いのか・・・。

思わぬ発見が、そこにあるかも知れません。

社会人になれば、チームウェアを着る機会も少なくなり、着ているウェアでアナタ自身のイメージを構築されていきます。

「痛い人」になるかどうかは、少しでも学生時代に意識を持ってテニスウェアを着続けていけるかどうか、が大切です。

 

学生の皆さんの中には、「新しく買いたいけど、お金が・・・」という方も多いでしょう。

何事も工夫が必要ですが、正直テニスを継続していくにはお金は絶対的に必要です。

そこをどう工面するか、アナタ自身で考えてみて下さい。

アルバイトをする、親を説得する、安く買える場所を探す・・・など、こういった活動も、テニスを強くなるには避けて通れないこと。

そうやって作り上げて挑む試合は、また格別です。

絶対に勝ちたくなるでしょう!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    今すぐに「カッコイイ、可愛い髪型」になるには、どうすれば良い?

    秋はファッション、おしゃれが楽しい時期ですね。テニスをしていて…

  2. テニス 準備

    その他

    部活や限られた環境でテニスが強くなる人は、「仲間に頼ることが出来る」人です

    私も少なからず、限られた環境の中で成長出来る人、をたくさん観て来ました…

  3. テニス メンタル

    その他

    【読者の皆さまへ】3ヶ月に1回のアンケートに、ぜひご協力下さい

    いつもT-PRESSのサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。…

  4. その他

    「グリップチェンジのコツは・・・」テニスでは利き腕の逆の手の動きがポイントです

    いろんなショットを身に付けたら、それを試合の中で上手く使い分けていきた…

  5. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニス

    テニスには所属や肩書きが付くケースが多い。名門サークルに、名門…

  6. テニス メンタル

    その他

    普段の練習で「綺麗なテニスコート」だけに慣れていると、いざ本番のコートでは苦戦するかも

    テニスの試合が行われるコートは、基本的には選べない。会場に着い…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的で…
  2. メンタル

    相手が良いプレーでポイントを獲った後には、「間を空けてリセットすること」がテニス…
  3. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つ…
  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    チャンスボールを「8割の力で攻撃していく形」で主導権を保てれば、テニスのラリーは…
  5. テニス ストローク

    サーブ

    クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!
PAGE TOP