フットワーク

速いボールをボレー、スプリットステップのコツ

相手の速い攻撃に、押されてしまう。

反応出来ないし、いつも後手後手になると悩んでいるみなさん。

それって、少しのテクニックで変わります。

人の反応速度なんて、そう大差は無いでしょう。

あるとすれば、テクニックの有無、です。

 

速いボールをボレー、スプリットステップのコツ

 


 

1.ステップのタイミングを早くしてみる

私は相手のチャンス、自分のピンチなら早く止まる。

スプリットステップもしますが、早めに着地してしまうんですよね。

早めに着地するから、反応出来る。

相手のボールに反応出来ない時って、このステップの着地が遅いんです。

テニススクールのレッスンでも、この着地が遅くて反応が遅い、という人が多い。

相手のボールが速いなら、早く着地する。

これくらいの意識でちょうど良いですよ。

 

2.早く着地すれば、冷静に予測出来る

これも、利点です。

早く着地して一瞬、相手を見ることが出来ると、落ち着いて予測出来る。

空中に浮いていると、人って動き出せないし予測も出来ない。

早く着地して一瞬、間を作ることが大事なんです。

相手のショットが早ければ、浮いているなんて致命的。

どんどん、スプリットステップのタイミングも早く繰り上げていく。

この意識、大事ですよ。

 

3.絶対に受け身、にはならない

相手のチャンス、速いボールが来る!

でも、絶対に受け身にはならないこと。

どこかで、自分から触りにいく、という姿勢が大事です。

思い切って予測、して先回りするのも有りですよ。

速いボールは、先に動き出しても良い、そこで逆を突かれたらもうしょうがないじゃないですか。

ステップで早く着地すれば、きっとこの辺りの判断力も磨かれますよ。

 



 

4.守備力こそ、テクニックが大事

テニスでは、これが差になり、勝敗になります。

攻撃のテクニック、ばかりにみなさん関心がいってませんか?

守備のテクニック、も大事ですよ。

早めに着地するステップ、身に付ければサーブ&ボレーにもすごく使えます。

毎回、スプリットステップは同じじゃダメ。

守備力こそ、工夫とテクニックでテニスは上手くなれる。

いや、強くなれると言えるでしょう。

 

5.お勧めの練習法

ショートラリー、ボレーボレー。

この2つのウォーミングアップから、早めにスプリットステップの着地をしてみましょう。

最初は、少し違和感があると思います。

普段、相手の打つ瞬間に合わせて着地しているなら、0.5秒早くしてみる。

そうすると、どうでしょう。

落ち着いて相手のボールが見えるし、反応出来る。

短い距離のラリーでこの感覚を掴めると、試合でも反応出来るでしょう。

守備の時は頭を切り替えて、ステップのタイミングも変えていきましょう!

 

試合では、どうしても「同じこと」を繰り返しがち。

守備ではステップを早くする、これは相当意識しないと出来ません。

でも、はまると楽しいし、快感ですよ。

相手の攻撃を反応良く返せた時、試合にも勝てるようになるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

    サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。テニス…

  2. テニス サッカー

    フットワーク

    フットワークにスランプは無い、というのは本当です

    テニスの試合、調子が良い悪い、はどうしても出て来ます。気にしな…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    イレギュラーバウンドに弱い人は、試合で勝てない

    テニスは常に、コートにボールをバウンドさせる競技。ボレーはあり…

  4. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

    サッカーのゴールキーパー、野球の内野手・・・に共通するのは、「高い守備…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    ボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけ守備力は上がる

    ストロークにネットプレー、皆さんは自分の守備力は高いと思いますか?…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    「軸足の使い分けで臨機応変プレーを」意識でフットワークは、大きく変わります

    足って二本付いているが、ショットを打つときの軸足は当然どっちかの足一本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「前に出るタイミングが分からない・・・」という人は、バック側に…
  2. 戦術

    「相手に勝つイメージ」の作り方のコツ5つ
  3. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?…
  4. テニス 戦術

    ストローク

    テニスでは打つ前から力を入れると、ラケット自体が動かなくなる
  5. サーブ

    サービスエースは、フォアハンド側が多い
PAGE TOP