フットワーク

速いボールをボレー、スプリットステップのコツ

相手の速い攻撃に、押されてしまう。

反応出来ないし、いつも後手後手になると悩んでいるみなさん。

それって、少しのテクニックで変わります。

人の反応速度なんて、そう大差は無いでしょう。

あるとすれば、テクニックの有無、です。

 

速いボールをボレー、スプリットステップのコツ

 


 

1.ステップのタイミングを早くしてみる

私は相手のチャンス、自分のピンチなら早く止まる。

スプリットステップもしますが、早めに着地してしまうんですよね。

早めに着地するから、反応出来る。

相手のボールに反応出来ない時って、このステップの着地が遅いんです。

テニススクールのレッスンでも、この着地が遅くて反応が遅い、という人が多い。

相手のボールが速いなら、早く着地する。

これくらいの意識でちょうど良いですよ。

 

2.早く着地すれば、冷静に予測出来る

これも、利点です。

早く着地して一瞬、相手を見ることが出来ると、落ち着いて予測出来る。

空中に浮いていると、人って動き出せないし予測も出来ない。

早く着地して一瞬、間を作ることが大事なんです。

相手のショットが早ければ、浮いているなんて致命的。

どんどん、スプリットステップのタイミングも早く繰り上げていく。

この意識、大事ですよ。

 

3.絶対に受け身、にはならない

相手のチャンス、速いボールが来る!

でも、絶対に受け身にはならないこと。

どこかで、自分から触りにいく、という姿勢が大事です。

思い切って予測、して先回りするのも有りですよ。

速いボールは、先に動き出しても良い、そこで逆を突かれたらもうしょうがないじゃないですか。

ステップで早く着地すれば、きっとこの辺りの判断力も磨かれますよ。

 



 

4.守備力こそ、テクニックが大事

テニスでは、これが差になり、勝敗になります。

攻撃のテクニック、ばかりにみなさん関心がいってませんか?

守備のテクニック、も大事ですよ。

早めに着地するステップ、身に付ければサーブ&ボレーにもすごく使えます。

毎回、スプリットステップは同じじゃダメ。

守備力こそ、工夫とテクニックでテニスは上手くなれる。

いや、強くなれると言えるでしょう。

 

5.お勧めの練習法

ショートラリー、ボレーボレー。

この2つのウォーミングアップから、早めにスプリットステップの着地をしてみましょう。

最初は、少し違和感があると思います。

普段、相手の打つ瞬間に合わせて着地しているなら、0.5秒早くしてみる。

そうすると、どうでしょう。

落ち着いて相手のボールが見えるし、反応出来る。

短い距離のラリーでこの感覚を掴めると、試合でも反応出来るでしょう。

守備の時は頭を切り替えて、ステップのタイミングも変えていきましょう!

 

試合では、どうしても「同じこと」を繰り返しがち。

守備ではステップを早くする、これは相当意識しないと出来ません。

でも、はまると楽しいし、快感ですよ。

相手の攻撃を反応良く返せた時、試合にも勝てるようになるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ

    左右のフットワークはテニスの基本。しっかりした守備力には体力が…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    アナタが試合で勝てないのは、「時間を稼ぐショット」を使えないだけかも知れない

    良いショットは打っている、だけど試合に勝てない。ミスが多い?い…

  3. テニス ボレー

    フットワーク

    「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です

    ボレーが得意な人は、その滑らかな動きが素敵。実際に力強く打って…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    「踏み込む着地は踵から」を意識するとテニスは劇的に上達する!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットプレーに苦手意識がある人は、下半身を身軽にする意識が大事

    前衛でのプレーが苦手な人は、どこが違うのか。上手い人を見ている…

  6. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

    「上手い人って、何であんなにコート全体が見えてるんだろう?」って、思い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 名著

    その他

    テニス部内の練習試合にて「必ず記録して、お互いにコメントを残す」ことで、テニスノ…
  2. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない
  3. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗が怖い」ということは、メンタルが弱いことには結びつかない
  5. テニス 環境

    その他

    「自分に欠けている点」を把握した時点で、それは短所では無くなる
PAGE TOP