戦術

試合をリードするから自由が生まれる、という発想を

勝てない試合は、常に苦しい展開。

どのゲームでも先行されるし、ゲームも開いて追いかける展開に。

こういう試合って、多くないですか?

いかに、テニスの試合は先行することが大事か、ということ。

それは、アナタ自身もよく分かっているはずです。

 

試合をリードするから自由が生まれる、という発想を

 


 

1.リードされると、選択肢は狭くなる

自然と、こうなりますよね。

リードされると、なかなかチャレンジが出来なくなる。

もちろん普通にプレーするだけでは厳しいので色々試みますが、「失点したら更に苦しくなる」と思うじゃないですか。

だから、出足が遅くなったり、一歩が出なかったりする。

これは、当然の話なんです。

だからこそ、自分が自由になりたければ、リードするしかない。

そういう展開にするゲームを増やす、しかないんです。

 

2.ゲームの出だし2ポイントに、まず集中

テニスは、どのゲームも必ず0-0から始まります。

デュースサイド、アドバンテージサイド、この最初の2ポイントを終えてリード出来るかどうか。

「そんな簡単にいくなら、苦労しないよ」と思いますか?

いや、意外とこれ簡単かもしれません。

なぜなら、相手はそこまで集中していないから。

ゲームの出だしって、油断している相手も多いんですよ。

この油断は、遠慮なく使わせてもらいましょう。

ゲームの出だしで2ポイント先行出来れば、アナタ自身は自由になれるんですから。

 

3.リードすれば、落としても良い気持ちになれる

これがすごく、テニスでは有効。

落としてもイーブン、と思えたら、ショットも戦術も攻撃的になれる。

自由が生まれるし、生き生きとプレー出来る。

勝てる試合というのは、自然にこの法則でゲームが動いているはず。

強い選手は、絶対に簡単に先行させたりしないですからね。

実力以上に、意識が大事。

是が非でも、ゲームの序盤は先行するんだ、と。

そのためにどういうプレーが必要なのかを考えていきましょう。

 

4.相手の選択肢を絞れば、試合に勝てる

一度リード出来れば、そのリードを活かせる。

相手は確実なプレーに徹するでしょうから、ポーチに出たり、サーブ&ボレーでチャージしたりしやすい。

プレッシャーの中で良いプレーが出来る人なんて、そう多くはいません。

いかに、試合でこの状況を作るかが大事。

アナタ自身が、自分の実力を試合で出したいなら。

練習してきた戦術を試したいなら。

ゲームの中でリードを奪うこと、に貪欲になって下さい。

 

先行逃げ切り、がどのスポーツも基本。

テニスは、毎回ゲームごとにリセットされますから、何度もそれを繰り返さないといけないんです。

非常に根気が要りますが、ここはパワーを割いていきましょう。

各ゲームの出だしの2ポイント、アナタならどうやって取りにいきますか?

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. 戦術

    テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよう

    攻撃の中から、しっかりポイントを取れる人。そういう人の頭の中を…

  2. 戦術

    コードボールを返球する、その意欲が大事

    この反応一つで、絶対に変わる。試合の中で、1回あるかないか、の…

  3. 戦術

    自分たちの弱みを、最小化出来てる?

    テニスの試合、その現場では割り切りも大事。対戦する相手が初め…

  4. 戦術

    考えた時点で、もう遅い

    テニスの試合の現場は、スピード勝負。ラリーが始まったら、もう止…

  5. 戦術

    テニスの試合、攻撃に大事な大前提について

    試合でなかなか、自分の攻撃が決まらない。それは、アナタ自身の技術不…

  6. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

    一事が万事、ですね。テニスも日常生活も、私はすごく近いと思って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる
  2. テニス 序盤

    日々の雑記

    刺激無くして、進歩無し
  3. テニス サーブ

    戦術

    連続ポイント、は意図的に
  4. テニス 部活

    練習メニュー

    「団体戦に強い、部員が成長していく部活」では、先輩と後輩が教え合うという太い線で…
  5. リターン

    試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!
PAGE TOP