その他

「テニスを楽しみたい!」だったら、技術を身に付けないと

「試合に勝つとかじゃなくて、テニスを楽しみたいんです」

というご意見も、たくさん頂きます。

私は、実はそれってすごく近しいことなんじゃないかと思っています。

なぜなら、テニスの試合は苦しいけど楽しいから。

それに、楽しめる為の力が身に付くのは、試合を通じての方が早いです。

 

「テニスを楽しみたい!」だったら、技術を身に付けないと

 


 

1.楽しいと思うのは、何をもって?

テニスが楽しい、と感じる。

それは、何をもって楽しいと感じるのでしょうか。

私も過去にたくさんの初心者の方を教えて来ましたが、やっぱり「ボールを思い通りにコントロール出来たとき」でしょう。

その結果として、「相手からポイントを取った、決めた」というのが楽しい。

これを感じることが出来ると、テニスは続けていくことが出来ます。

技術を身に付けないと、テニスは楽しめない。

逆に、迷惑をかけているという自責の念ばかり溜まっていくんですよね。

 

2.何となくでは、上手くならない

ここで、大きく分かれます。

テニスは、何となくでは上手くならない。

運動神経が良いと呼ばれる人でも、ある程度根気が要ります。

だから、ほとんどの人は続けられない。

体育の授業でやってみて、難しいスポーツということだけを覚えて、もうやらなくなってしまう。

「楽しみたい、だけど楽に簡単に」という願望は、もろくも崩れ去っていくんです。

何となくでは上手くならないから、自分で工夫するし恥もかく。

でも、テニスを続けていける。

だから、みなさんは凄いと思いますよ、本当に。

 

3.初中級から中級の壁も、同じ

ラリーが続くようになってから、次の段階。

試合に出て、相手をコントロールしてチャンスを決める、これも壁としては一緒です。

楽しみたいなら、技術を磨くしかない。

でも、昔ほどの成長スピードや目に見えた上達を確認するのは難しいですからね。

これにも、強い根気が必要。

あとは、試合に出続ける勇気やモチベーションですね。

初中級のみなさんが、試合というステージに挑んでいく。

その背中を押すのが、このT-PRESSでありたいんです。

 

4.楽しさは、自分で見出していくしかない

もう、周りは何も助けてくれません。

むしろ、敵だと思えるような人も増えて来ます、試合で対戦しますからね。

テニスの楽しさ、は自分で見出していくしかない。

その覚悟、が大事なんです。

テニスを楽しみたいけど、試合は嫌だし練習もつまらない・・・と、思うことも多いでしょう。

その壁は、アナタ自身を変える壁。

乗り越えた先に、テニス以外にも成長出来る素敵な自分、がいるはずです。

 

結果的に、試合に出る方が成長が早い。

ただし、苦痛に感じて逃げたくなることも多いでしょう。

それは、アナタ自身が自分に期待しているから。

負けても何も感じない人より、よっぽどマシです。

きっと、そういう人は強くなる。

テニスは自分自身で楽しめる、と感じる日は必ず来るでしょう。

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?

    「そんなに力の差は、無さそうなのになぁ・・・」と、思ってしまう。…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます

    ほぼ実力が近いような対戦相手には、絶対に負けたくない。とはいえ…

  3. テニス メンタル

    その他

    「新しい環境でテニスを頑張る」君に贈る、5つのメッセージ

    新年は、新しく何かが始まる季節。部活でもサークルでも、新しい環…

  4. テニス フットワーク

    その他

    「新人を大抜擢する」ことの重要性

    今年の箱根駅伝、終わってみれば青山学院大学の圧勝でしたね。混戦…

  5. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には要注意です

    オムニコートの特性、日本にいるとつい麻痺してしまいます。その是…

  6. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

    テニスをやっていれば、たくさんの人との出会いがあります。もちろ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「軸足セットで、踏み込みながらボレー」の基本を確認しよう
  2. テニス知識

    HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません
  4. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「勝負はあくまでネットプレー」で!
  5. テニス 錦織圭

    ストローク

    浅いボールを攻撃出来ない人は、「足」から決めて形を作ろう
PAGE TOP