テニス ボレー

その他

「プロテニス選手の試合は、ココを観ると自分に活かせる!」試合の観戦力磨いて強くなる方法5つ

最近ではスマートフォンやパソコンで、誰でも気軽にプロ選手の試合を観ることができるよになりました。

それでもぜひ、試合で勝ちたいと思っている皆さんには、実際にコートに足を運んで「生」でプロの試合を観戦して頂きたい。

なぜなら、編集された動画には映されていない大事な場面がたくさんあるからです。

今回は、生で観戦できる機会に、チェックするポイントをまとめてみました。

技術をマネすることは難しくても、きっとアナタのテニスのヒントになるはずです。

 

「プロテニス選手の試合は、ココを観ると自分に活かせる!」試合の観戦力磨いて強くなる方法5つ

 


 

1.ボールの軌道は追わない、選手だけを追う

プロ選手の試合は、生で観ると思った以上にボールが速く感じてしまいます。

すごく興奮してしまうところですが、ここは冷静に選手の動きを中心に眼で追うようにしましょう。

フットワークは?グリップチェンジは?相手の打つタイミングと、ステップのタイミングは・・・?

打ったボールはあくまで結果であって、その過程や方法がとても重要。

選手をしっかり観て、イメージを眼に焼き付けましょう。

 

2.チェンジコートのときの選手の動きは真似できる

チェンジコートの際に、プロ選手は短い時間を大切に過ごします。

水分補給から、タオルを頭にかけて集中したり、捕食をする選手もいるでしょう。

こういった「試合に勝つ為の工夫」は、アナタ自身でも実践できるのです。

 

3.審判とのやり取り、コミュニケーション

テニスの試合の多くはセルフジャッジですが、アナタ自身も勝ち進んでいけば、審判が付いた試合を経験することになります。

そのときに向けて、プロ選手の試合を観戦することは最高のイメージトレーニングになります。

テニスの試合に勝ちたいと思っているのであれば、勝った先に何が必要なのか、待ち構えているのかを考えて準備しなければなりません。

試合前のトスから、ラインジャッジと主審の関係、オーバーコールはどの程度のミスジャッジで起きるのか・・・。

一般のテニスファンとは違った、プレイヤー目線を忘れないように意識しましょう。

 

4.ファンとの接し方、増やし方

「え!?自分にはファンなんていないよ・・・」と、思ったアナタは視野が狭いです。

試合で勝ち進んでいくには、周りのサポートが必ず必要です。

学生の皆さんであれば家族やチームメイト、対戦して仲良くなった選手もそうです。

アナタのファンを増やせば増やすだけ、試合は勝利に近づくのです。

プロ選手はそのことをよく理解しています。

自分を応援してくれる人を、いかに大切にしていけるかどうかが、アナタの重要なキーポイントです。

 

5.対戦相手との向き合い方

学生の試合でいつも気になるのが、対戦後に「相手を讃える姿勢」が見えないこと。

悔しい気持ちは理解できますが、その悔しさを自分で消化できないようではいつまで経っても試合に勝てません。

プロ選手は対戦相手に心から敬意を払い、また次回の対戦を心待ちにしているようにも見えます。

テニスに対する真摯な姿勢こそ、一般プレイヤーとの一番の差かも知れません。

まずは真似てみることから。

少し恥ずかしいかも知れませんが、試合後に対戦相手とコミュニケーションを取ることも、大切な試合の中の一部です。

 

テニスにおいて試合上手は、観戦上手。

とにかく試合をたくさん観ている人は、それだけ経験値を積んでいると思って良いでしょう。

動画で観ることももちろんお勧めですが、やはりテニスは生での観戦が一番。

意外と、アナタの身近で日本プロ選手の試合は観れる機会があるはずです。

ぜひ調べてみて、現地に足を運んでみて下さいね。

 

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ミス

    その他

    「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上ではいらない

    「きっとこの感覚、感情は、分かってくれるだろう」私たちはどこか…

  2. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう

    最近、読者のみなさんのコメントやお便りを読んでいて、感じることがありま…

  3. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと

    私自身、中学と高校時代に、テニス部の主将を務めさせてもらいました。…

  4. テニス 前衛

    その他

    日々「背筋を伸ばして歩く」だけで、アナタのテニス選手としての格は変わる

    テニス選手、強い選手は歩いているだけでもオーラがある。テニスだ…

  5. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です

    皆さんは普段、足元のボールをどれくらいケアしていますか?踏んだら大…

  6. テニス フットワーク

    その他

    力強いストロークを打つ為に、「テイクバックは早く済ませて、更に身体をひねる」動きは必須です

    ある程度コントロール出来るようにはなってきたけど、ストロークにパワーが…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことで…
  3. ダブルス

    テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を!
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ
PAGE TOP