サーブ

試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?

サーブで緩急を付ける。

これは、実はプロでも実践していて、非常に効果のある作戦です。

速いサーブが打てるなら、よりそのサーブを活かせるはず。

遅いサーブが有効な場面、というのを理解しておきましょう!

 

試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?

 


 

1.例えば、相手が下がっている場面

例えば、リターンの選手が下がっている。

ベースラインから1メートル近く下がっているような相手は、遅いサーブが有効です。

そもそも、速いサーブが無効ですよね、ここまで下がられてしまうと。

遅く浅いサーブが打てると、相手は対応出来ないはず。

冷静に、相手のポジションの深さを確認しましょう。

ベースラインに足がかからないくらい、の場所であれば、遅いサーブの方が有効です。

 

2.速いサーブに、タイミングが合っている時

これは、試合でもよくあります。

自分の良いサーブに、相手のタイミングが合っている時。

こういう時に、ムキになってより速さを求めてしまうと、サービスゲームが崩壊する。

相手が上手いんじゃなくて、タイミングが合っているだけ。

ここで、抜いた遅いサーブ、を打てると相手は態勢を泳がせてリターンミス、してくれるでしょう。

前に踏み込んで来るような相手でも、要所で遅いサーブを打てると良いと思います。

 

3.自分がサービスゲームでリードした時

私は、ここで必ず遅いサーブを入れます。

それも、ファーストサーブで。

自分が30-0くらいでリード出来れば、チャレンジが出来る。

遅いサーブに相手がどう反応してくるのか、も見えますからね。

何より、遅いサーブですから入る確率も高いし、ファーストが入れば心理的にも楽に戦える。

自分の手数を見せつつ、リードを活かして戦うこと。

これがテニスでは大事ですね。

 

4.じゃあ、どうやって打つ?

このポイントは、スウィングを変えないこと。

変えないで、ボールの速度は変えていくこと、アナタに出来るでしょうか?

出来ます、絶対に。

ボールに当たるラケット面を少し変えて、回転量を増やしてみて下さい。

遅く打つ=ラケットを弱く当てる、という発想は上手くいきません。

しっかり打つ、だけどボールは遅い・・・という打ち方が理想ですよね。

私は、スライスサーブがお勧めです。

普段はスピンサーブでも、スライスで打っていく。

トスと位置で少しバレますが、スウィングはしっかり振るので雰囲気は似た感じになります、速いサーブを打つのと。

このあたり、楽しみながら工夫してみて下さい。

 

野球のピッチャーと一緒ですね。

緩い変化球で、ゴロを打たせて、打ちとる。

エースにはならないけど、チャンスが引き出せるし、相手は迷うはず。

速いサーブが打てる人は、なおさらこの遅いサーブを磨いてみましょう!

きっと、楽にサービスキープ、出来るはずですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

    試合の時、手堅いポジションでがっちり守ろうとしている相手を崩さないとい…

  2. サーブ

    ブレイクした後のサービスキープ、なぜ難しいのか?

    テニスの試合は、キープやブレイク、の繰り返し。必ずどちらかの…

  3. サーブ

    良いリターンに、良いサーブで対抗する・・・のは、現実的じゃない

    最近の試合を見ていると、本当にリターンの強い選手が多い。ラケッ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?

    「今日の相手の実力は、どの程度だろう・・・?」と考えながら、試合に入っ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について

    サーブ&ボレー、を普段から使っている方はダブルスの試合に出ている方でも…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    前足、後ろ足、前足、のリズムがサーブの基本

    サーブを打つ時に、自分のフォームがちぐはぐに感じる方。一度、こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「切れ味抜群ボレー」をテニスの試合で活かす為には、抑える意識が必要
  2. メンタル

    ハッキリとした負け、でしか見えてこないものがある
  3. テニス メンタル

    その他

    「一生懸命テニス頑張っているのに、全然上達しない!」という人は、チェックすべき4…
  4. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそ…
  5. テニス フェデラー

    メンタル

    「長いラリーのポイントを獲った後」には、声を出して鼓舞していこう
PAGE TOP