サーブ

試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?

サーブで緩急を付ける。

これは、実はプロでも実践していて、非常に効果のある作戦です。

速いサーブが打てるなら、よりそのサーブを活かせるはず。

遅いサーブが有効な場面、というのを理解しておきましょう!

 

試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?

 


 

1.例えば、相手が下がっている場面

例えば、リターンの選手が下がっている。

ベースラインから1メートル近く下がっているような相手は、遅いサーブが有効です。

そもそも、速いサーブが無効ですよね、ここまで下がられてしまうと。

遅く浅いサーブが打てると、相手は対応出来ないはず。

冷静に、相手のポジションの深さを確認しましょう。

ベースラインに足がかからないくらい、の場所であれば、遅いサーブの方が有効です。

 

2.速いサーブに、タイミングが合っている時

これは、試合でもよくあります。

自分の良いサーブに、相手のタイミングが合っている時。

こういう時に、ムキになってより速さを求めてしまうと、サービスゲームが崩壊する。

相手が上手いんじゃなくて、タイミングが合っているだけ。

ここで、抜いた遅いサーブ、を打てると相手は態勢を泳がせてリターンミス、してくれるでしょう。

前に踏み込んで来るような相手でも、要所で遅いサーブを打てると良いと思います。

 

3.自分がサービスゲームでリードした時

私は、ここで必ず遅いサーブを入れます。

それも、ファーストサーブで。

自分が30-0くらいでリード出来れば、チャレンジが出来る。

遅いサーブに相手がどう反応してくるのか、も見えますからね。

何より、遅いサーブですから入る確率も高いし、ファーストが入れば心理的にも楽に戦える。

自分の手数を見せつつ、リードを活かして戦うこと。

これがテニスでは大事ですね。

 

4.じゃあ、どうやって打つ?

このポイントは、スウィングを変えないこと。

変えないで、ボールの速度は変えていくこと、アナタに出来るでしょうか?

出来ます、絶対に。

ボールに当たるラケット面を少し変えて、回転量を増やしてみて下さい。

遅く打つ=ラケットを弱く当てる、という発想は上手くいきません。

しっかり打つ、だけどボールは遅い・・・という打ち方が理想ですよね。

私は、スライスサーブがお勧めです。

普段はスピンサーブでも、スライスで打っていく。

トスと位置で少しバレますが、スウィングはしっかり振るので雰囲気は似た感じになります、速いサーブを打つのと。

このあたり、楽しみながら工夫してみて下さい。

 

野球のピッチャーと一緒ですね。

緩い変化球で、ゴロを打たせて、打ちとる。

エースにはならないけど、チャンスが引き出せるし、相手は迷うはず。

速いサーブが打てる人は、なおさらこの遅いサーブを磨いてみましょう!

きっと、楽にサービスキープ、出来るはずですよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由

    サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。シングルスでは、結…

  2. テニス リターン
  3. テニス ストローク

    サーブ

    クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!

    試合で使えるオプション、その一つがクイックサーブ。でも、ただタ…

  4. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

    セカンドサーブの重要性、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。…

  6. テニス コントロール

    サーブ

    サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよう!

    私自身、一番苦労して今でも試行錯誤な技術・・・それは、サーブ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    シングルス

    「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイン…
  2. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー
  3. テニス ストローク

    ストローク

    スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み…
  5. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから…
PAGE TOP