テニス メンタル

シングルス

「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。

特にテニスでは持久力が問われますよね。

走り込んで体力を付ける、トレーニングを継続することはもちろん重要です。

ですが今のアナタの体力でも、工夫次第では試合を上手く勝利に導くことができるかも知れません。

体力に自信が無くても、試合を諦めてはいけません。

 

「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

 


 

1.セカンドサーブをなるべく打たない

ファーストサーブを入れていれば、セカンドサーブを打つ機会を減らすことになります。

これは動作による消耗よりも、精神的な消耗を抑えるのが目的。

「入るかな・・・あ、入った!」とホッとしたり、がっかりしたりを繰り返すと、それは蓄積されて疲労に繋がっていくのです。

2.試合の序盤に自分の100%の実力を出す

試合を常にリードしていれば、精神的に優位に立てます。

実力が拮抗しそうな試合ほど、スタートダッシュに全力を注ぎましょう。

その後はもちろん相手の反撃にも遭うでしょうが、序盤のリードを活かして逃げ切るのが体力を消耗しない一番の戦い方。

積極的にネットプレーをしかけたり、またはアナタの得意なパターンを先に出してリードしましょう。

3.試合の後半は序盤の貯金で戦う

序盤の貯金を活かして戦うには、コツがあります。

まずは追い付こうとして焦る相手に対して、自分からのミスを減らすこと。

相手にリスクを冒させることで、ミスを誘発させてさらにリードを奪うこともできるかも知れません。

大切なのは、リードを保つこと。

ですのでアナタが冒険的なプレーをする必要はありません。

但し、相手が大きく作戦を変えてくるときには要注意です。

打ってくる、前に出てくる、ひたすら粘り始める・・・これらの対策プランが、アナタの中にありますか?

 

4.相手を前に走らせて、ベースラインからの打ち合いは最小限に

ベースラインからのプレーは、学生の皆さんはじめ皆さん得意にしている方が多いですよね。

テニスは前に走ると異常に疲れるスポーツ。

だからこそ、前には相手を走らせるようにしましょう。

そうすることで相手は「ネットプレーは苦手だけど・・・」と思いながら、自分の居場所から引きずり出されることになります。

ベースラインからストロークで左右に振られることが無くなりますので、それだけアナタが動くリスクを減らすことができます。

ミスも誘えて体力も温存できる、一石二鳥ですね。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスでのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」で良い

    全豪オープンが地上波で放送され、皆さんも観る機会が多いと思います。…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、勝てない

    シングルスの試合、勝てないしどう戦って良いのか分からない・・・という方…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

    格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。序盤を…

  4. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう…

    シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策

    シングルスの試合の、基本戦術。まずは皆さん、相手のバックハンド…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「必要性を理解していない練習」は、ただの作業である
  2. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です
  3. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる
  4. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない
PAGE TOP