テニス メンタル

シングルス

格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。

序盤を大事にすれば、きっとまだまだ戦えるはずです。

逆に序盤でつまずくと、もう挽回は厳しくなる。

テニスはメンタルスポーツ、だからこそスコア差って大事なんです。

 

格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

 


 

1.リードすると、楽に打たれる

これをされると、テニスの試合は厳しくなります。

格上相手、だからこそしんどくなるんです。

序盤、0-0や1-1のような状態なら、相手だって緊張している。

実力差があっても、序盤って絶対に嫌なんですよ、緊張するから。

そして、スコアも差が無いですからね。

リードされると、楽に打たれてしまう。

3ゲーム差、が一つの目安になるでしょう。

 

2.3ゲーム差付くと、リラックス出来る

みなさんも、そうでしょう。

ゲーム差が3ゲーム差になると、一気に楽になりませんか?

3ゲーム離されると、格上の選手は一気にペースを上げてきます。

多少ミスしても、ゲーム差があるし気にしなくて良い。

笑顔も増えて、急にラケットを振って来るでしょう。

こうさせない為、にアナタ自身は喰らい付いていかないと。

力を出させているのは、アナタ自身ですよ。

 

3.序盤に離されない為には、どうすれば良いのか?

私が意識しているのは、「相手にやられるのは仕方ない」と思うこと。

自分からミスしない、出来るだけラリー回数を多くする。

3回ラリーした後には5回、7回と増やしていく。

難しいですが、相手が長いラリーを嫌がってくれれば、ミスしてくれるようになります。

序盤は、相手だって探り探り、ですからね。

出来るだけ色々なショットを打たせながら、序盤は相手にやらせてみる。

これが大事、だと思いますよ。

 

4.「相手にプレーさせる」のも、大事な実力

「でも、それが難しいんじゃない・・・」と、感じますよね。

確かにショットも強力だし、サーブを返すのでも精いっぱいかも知れません。

相手にプレーさせる、粘るのもテニスでは大事な実力。

技術的な問題よりも、「これが大事なんだ」とアナタ自身が本気で思えるかどうか。

スライスを打ったり、高い軌道のボールを使う、ことを自分で受け入れられるかどうか、です。

私が何を言っても、決断するのはアナタ自身。

格上選手に勝ちたければ・・・です。

 

ただ粘るって、しんどい。

その先に、何があるのかをイメージしないと。

序盤でしっかり付いていき、最後は逆転する。

この成功体験を積んでいけば、格上相手に粘ることも苦じゃなくなります。

負け続けているときはしんどいですが、みんなその壁を破って来ている。

きっと、アナタも破れるはずです。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?

    シングルスの試合で、有効な作戦。シンプルですが、私はいつもこの…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ

    シングルスの試合で、一番多い攻撃パターン。テニスでは、相手のボール…

  3. シングルス

    相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない

    戦う前から、相手が怖い。すごく、分かります。試合では…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?

    対戦相手には、色々なタイプがある。とにかくバンバン打ってきて、…

  5. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ

    シングルスでは守るコートが広い。横はもちろん、前のスペースも自…

  6. テニス 予測

    シングルス

    シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる

    私は結構、シングルスの試合でも前に出ます。試合後には相手から、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ロブ

    女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理…
  2. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由…
  3. テニス 攻撃

    練習メニュー

    「手堅い並行陣」を崩す、テニスの試合におけるロブの戦略を磨く練習メニュー
  4. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です
  5. テニス フットワーク

    戦術

    予測が当たったら攻勢に出ること、を忘れないように
PAGE TOP