ボレー

ブロックボレー、そして攻撃するボレー!

深いボールは、まず返すこと優先。

浅いボールを攻撃していく。

ストロークではこれが基本ですが、ボレー、ネットプレーではどうでしょう。

改めて、攻守のポイントを整理出来るように、まとめておきたいですね。

攻めどころ、を見極めることが出来れば試合で強いです。

 

ブロックボレー、そして攻撃するボレー!

 


 

1.例えば、並行陣の後衛で・・・

自分がサーブ&ボレー、またはリターンダッシュで並行陣に。

後衛として、攻めるのか、守るのか・・・ゲームメイカーとして、腕の見せ所ですね。

私は、まず相手の態勢を見て予測する。

強く打たれそうな時には、ブロックの準備。

ある程度、相手を動かしているなら、ロブやチャンスが来るようなイメージで攻撃の準備。

大事なのは、どこで攻めるのかを選ぶということ、です。

 

2.速いボールはブロック、緩いボールを攻める

速いボールは、しっかりブロックで返球。

緩く、攻撃出来るボールを待つ。

相手がショートクロスで角度を付けて来たり、そういうボールを切り返したい。

ストロークのテンポが、急に緩くなるようなボール、をしっかり待つ。

相手から引き出す、ことが大事なんです。

ラリーをしながら、相手のボールを待つ。

「来た!」となるように、ですね。

 

3.「これはダメ」「これじゃない・・・」と、つぶやきながら

ボレーで相手のストロークを返球しながら、しっかりつぶやく。

「これじゃない」

「これでもない・・・」

と、相手の低いボール、を凌いでいく。

ブロックで、「違います」と相手に戻していくイメージですね。

そして、少しでも浮いたり、緩いボールが来たら、「はい、これ!」という感じで攻める。

力まないで、しっかり狙う意識が大事。

選択出来る、選択する、という意識がアナタ自身にあるでしょうか?

希薄な人は、焦ってブロックするボールで強打したり、そんなのばかりです。

 

4.チャンスは来る、どんな相手でも

ブロックして、しっかり相手の攻撃を受け止めておけば大丈夫。

ここで、ミスをしていては並行陣は戦えない。

ただ、粘るだけのブロック、だけだとこれも厳しい。

あくまで守備ですが、「自分は選んでいるんですよ」と。

こういうスタンスが大事です。

狙っているボールが来るまで、焦らない。

野球で狙い球を絞ったバッター、みたいな感じですね。

テニスは打って返さないと、次がありませんから粘るところは粘る。

でも、その先はしっかり、狙ったボールを仕留めていく。

ブロック、そして攻撃へ。

アナタ自身の準備とプラン、が大事です。

 

ボレーの技術があっても、選択肢が無い人、決断力が無い人は試合で勝てない。

逆に、シンプルでもメリハリが効いた人は試合で強いですよね。

不格好で良いじゃないですか。

自分で選んで、狙っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. ボレー

    「コンパクトボレー」テニスの試合で必要な連動性について

    ボレーで要求されるものはなんだろう。色々あるよね。コン…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン

    ダブルスの試合で、前衛で動ける人は無意識にコレが出来ているのかも。…

  3. ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう

    浮いたら相手に決められる、これがダブルスの試合。4人で前に出る…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーでミス、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないだけ

    「ダブルスの試合、ポーチに出ても決まらなくて・・・」というお悩み、たく…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーは、ラケット動作を止めて待って良い

    低い位置のボレーを、ワンバウンドさせてハーフボレーにしていく。…

  6. ボレー

    自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?

    ダブルスの試合で、リターンを前衛が誘う。昨日のミーティングでも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    風が強い日の必殺技、はコレに限る
  2. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている
  3. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから
  4. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてく…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「毎日ちゃんとボレーボレー」でしっかり身に付くテニスの基本を再確認
PAGE TOP