練習メニュー

逆転出来る選手になる、とっておきの練習法

試合の中で、逆転出来る人。

そういう人って、どんな練習をしてるのか。

私は、普段と同じ練習でも「負荷のかけ方」が大事だと思っています。

学生時代、やっていた練習を少しだけ公開してみます!

 

逆転出来る選手になる、とっておきの練習法

 


 

1.やり方は、簡単!

やり方は、簡単です。

ポイント形式、試合形式の練習を、0-40からスタートする。

サーブ側が、ブレイクポイント3本を凌ぐような場面から開始、にするんです。

もう、大変ですよね。

ファーストサーブ入らなかったら、セカンドサーブで緊張してダブって終わり、次の人と交代。

こういうゲームを、どう逆転していくのか。

サービスゲーム、どうやってブレイクポイントを凌いでいくのか、を考えて戦わないといけない。

さぁ、みなさんならどうしますか?

 

2.「不利な状況だし・・・」と、諦めてはいけない

これ、勝てない人の典型例です。

負荷の高い練習だから、負けてもしょうがないと思っている。

「不利な設定なんだから、しょうがないよ・・・」と、どこかで思っていては、練習になりません。

0-40から始めて、ブレイクされても罰ゲーム、みたいな設定をしても良いでしょう。

ブレイクする側、リターン側も本気でしっかりブレイクする。

0-40からしっかりブレイクする、というのも良い練習になりますよね。

 

3.逆転することに、慣れていこう

練習から、しっかり意識することが大事です。

勝ち癖、を付けることが大事なんですよ。

練習でも良いから、0-40からしっかりキープする。

これを繰り返していけば、自信になる。

試合の現場でも、「何とかなるかな」という感じ、に思えるでしょう。

これ、すごく大事です。

強豪チームの選手たちは、こうやって負荷をかけてしっかりプレッシャーをかけた練習をしている。

みなさんも、やっていくうちに「逆転慣れ」していけるはずですよ。

 

4.戦い方、は自分で見に付けるしかない

この練習、やっていけば分かるはず。

「あ、こうやれば0-40からでも15-40になって、30-40に出来るんだ」と、分かって来る。

誰かから教えてもらうより、こっちの方がずっと身になる。

自分で負けたくないから、何とかしようと必死になる。

気付かないと、ずっと1ポイントか2ポイントで交代して罰ゲームですからね。

逆転は難しいけど、自分次第。

そう気付いた選手から、試合でも結果を出していけるんです。

 

負荷をかけるって、なかなか出来ないんですよ。

やっぱり練習、楽しくやりたいですから。

0-40のような場面なんて、経験したくないですからね。

でも、試合ではもっともっと、負荷がかかって来ます。

だったら、練習で苦しんでおきましょう。

そして最後に、一緒に笑いましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    「慣れない技術に積極的にチャレンジする」ために、ポイント練習を工夫する方法とは?

    普段の部活や練習の中で、「ポイント練習」をする機会も多いと思います。…

  2. テニス マナー
  3. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです

    「あの選手のストローク、凄いな・・・」「サーブ、ブレイク出来る…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

    部活や練習で、ストロークのクロスラリーの練習をする機会は多いと思います…

  6. 練習メニュー

    周りの仲間から、「悪い影響」を受けやすいのもテニス

    一生懸命、練習しているつもりなのに、なかなか上達しない。試合で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    全ての戦術は、本気で実行するから成功する
  2. テニス メンタル

    サーブ

    「今すぐ、サーブの威力をアップさせたい!」人は、一度この呼吸法を試して欲しい
  3. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される
  4. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう
  5. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由
PAGE TOP