練習メニュー

逆転出来る選手になる、とっておきの練習法

試合の中で、逆転出来る人。

そういう人って、どんな練習をしてるのか。

私は、普段と同じ練習でも「負荷のかけ方」が大事だと思っています。

学生時代、やっていた練習を少しだけ公開してみます!

 

逆転出来る選手になる、とっておきの練習法

 


 

1.やり方は、簡単!

やり方は、簡単です。

ポイント形式、試合形式の練習を、0-40からスタートする。

サーブ側が、ブレイクポイント3本を凌ぐような場面から開始、にするんです。

もう、大変ですよね。

ファーストサーブ入らなかったら、セカンドサーブで緊張してダブって終わり、次の人と交代。

こういうゲームを、どう逆転していくのか。

サービスゲーム、どうやってブレイクポイントを凌いでいくのか、を考えて戦わないといけない。

さぁ、みなさんならどうしますか?

 

2.「不利な状況だし・・・」と、諦めてはいけない

これ、勝てない人の典型例です。

負荷の高い練習だから、負けてもしょうがないと思っている。

「不利な設定なんだから、しょうがないよ・・・」と、どこかで思っていては、練習になりません。

0-40から始めて、ブレイクされても罰ゲーム、みたいな設定をしても良いでしょう。

ブレイクする側、リターン側も本気でしっかりブレイクする。

0-40からしっかりブレイクする、というのも良い練習になりますよね。

 

3.逆転することに、慣れていこう

練習から、しっかり意識することが大事です。

勝ち癖、を付けることが大事なんですよ。

練習でも良いから、0-40からしっかりキープする。

これを繰り返していけば、自信になる。

試合の現場でも、「何とかなるかな」という感じ、に思えるでしょう。

これ、すごく大事です。

強豪チームの選手たちは、こうやって負荷をかけてしっかりプレッシャーをかけた練習をしている。

みなさんも、やっていくうちに「逆転慣れ」していけるはずですよ。

 

4.戦い方、は自分で見に付けるしかない

この練習、やっていけば分かるはず。

「あ、こうやれば0-40からでも15-40になって、30-40に出来るんだ」と、分かって来る。

誰かから教えてもらうより、こっちの方がずっと身になる。

自分で負けたくないから、何とかしようと必死になる。

気付かないと、ずっと1ポイントか2ポイントで交代して罰ゲームですからね。

逆転は難しいけど、自分次第。

そう気付いた選手から、試合でも結果を出していけるんです。

 

負荷をかけるって、なかなか出来ないんですよ。

やっぱり練習、楽しくやりたいですから。

0-40のような場面なんて、経験したくないですからね。

でも、試合ではもっともっと、負荷がかかって来ます。

だったら、練習で苦しんでおきましょう。

そして最後に、一緒に笑いましょう。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら・・・?

    ストロークのコントロールを高めたい、と考えている人は多い。よく…

  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

    練習前のアップで、ボレーボレーをやる機会多いと思います。ここで…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    すぐには結果につながらないもの、に実は「勝利へのヒント」は埋まっている

    試合で勝ちたい、と考えているみなさん。つい、焦ってしまいがちで…

  4. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

    「苦しいことを強要する」つもりは、毛頭ありません。ですが、アナ…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう

    練習を自分の中で、習慣化してしまう。これはとても、怖いこと。…

  6. テニス 練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開
  2. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに
  3. テニス ストローク

    ストローク

    球筋がキレイ、だけではテニスは勝てない
  4. テニス メンタル

    その他

    試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる
  5. テニス チャンス

    スマッシュ

    陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う
PAGE TOP