シングルス

シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?

シングルスの試合で、リターンから攻撃していきたい。

でも、サイドを狙うのは怖いし、ミスも嫌・・・なら、基本に立ち戻りましょう。

シングルスの試合で勝ちたいなら、リターンからのポイントを増やしていく。

セカンドサーブをアタックするなら、まずセンター深くの形から、です。

 

シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?

 


 

1.センターに深く!相手を狙えばOK

やり方は簡単。

相手のサーバーの足下、を狙います。

打って来た相手のいる場所、センター深くに打ち込んでいく。

速さよりも深さ、をしっかり出しましょう。

相手の足下をえぐって、打った後に構え直せていない状態、で打たせたいですね。

出来れば、前に入ってライジング気味にリターンしていきたい。

きっと、相手は慌てると思いますよ。

その場に来たボールを打つって、テニスでは意外と難しい技術ですからね。

 

2.左右に動いて打つ方が、テニスはリズムが生まれる

その場で打つ、これは一見難しくないように見えます。

でも実は、難しい。

シングルスの試合でも、左右に動いて打つ方がリズムが取りやすいですから。

相手を見ながら、ボールを追いかけて返球出来ますからね。

センター深くにいきなり来る、その場で返球するのは難しい。

リターンでセンター深くに打てば、意外と相手は攻撃出来ないんですよね。

 

3.センター深くからは、角度を付けて狙えない

シングルスの試合、センター深くからは攻撃出来ない。

これは、鉄則です。

角度を付けたショットは打てないですから、アナタ自身は次のボールで攻撃出来る。

センター深くにまず1本打っておいて、その次のボールから主導権を握れる。

センター深くにリターンを打つことで、アナタ自身がコントロール出来るボールを引き出すことが出来ますからね。

そこから前に出るのも良いですし、シングルスでは非常に使える作戦です。

 

4.センター深くのリターンを相手にインプットさせると・・・

もう、お分かりですね。

このリターンをしっかりインプットさせることが出来れば、サイドに打つリターンが活きる。

浅いドロップのようなリターンだって、相手は反応出来ない。

まず、「この相手のリターンは、センターに深い!」と思わせておけば、楽なんです。

試合の序盤は、もうこのリターンを徹底出来れば良いと思いますよ。

センター深くのリターンは、それだけ相手の印象に残りやすいですから。

 

前に入って、サーバーの足下を狙う。

すごくシンプルですよね。

最初はアウトしても良いので、とにかく深さを出しましょう。

スピンでもスライスでも良いので、しっかり回転をかけて。

きっと相手は、面食らうはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

    テニスの試合に強い選手は、どのショットも簡単そうに打っているはず。…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝

    シングルスの試合で、なかなか攻撃しきれない人。それは、自分のシ…

  3. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰めていこう!

    シングルスの試合で、有効にネットプレーを入れていくには基本が大事。…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

    シングルスの試合で使える、ちょっとしたアイデアを。特にフォアハ…

  5. テニス スライス

    シングルス

    シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!

    強い選手と、シングルスで戦う。怖いようで、でもテニスの一番の醍…

  6. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、走らせるショットを打った後が要注意

    しっかり打って相手を走らせても、油断は禁物。足が速い、走り慣れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう
  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてない?
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「遅れてないか?軸足の使い分け判断」テニスの試合、フットワークは判断のスピードが…
  4. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ
  5. テニス 居場所

    テニス知識

    テニスのセルフジャッジの試合では、「アウト!」ではなくまずは「ウォッチ!」が正し…
PAGE TOP