シングルス

シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?

シングルスの試合で、リターンから攻撃していきたい。

でも、サイドを狙うのは怖いし、ミスも嫌・・・なら、基本に立ち戻りましょう。

シングルスの試合で勝ちたいなら、リターンからのポイントを増やしていく。

セカンドサーブをアタックするなら、まずセンター深くの形から、です。

 

シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?

 


 

1.センターに深く!相手を狙えばOK

やり方は簡単。

相手のサーバーの足下、を狙います。

打って来た相手のいる場所、センター深くに打ち込んでいく。

速さよりも深さ、をしっかり出しましょう。

相手の足下をえぐって、打った後に構え直せていない状態、で打たせたいですね。

出来れば、前に入ってライジング気味にリターンしていきたい。

きっと、相手は慌てると思いますよ。

その場に来たボールを打つって、テニスでは意外と難しい技術ですからね。

 

2.左右に動いて打つ方が、テニスはリズムが生まれる

その場で打つ、これは一見難しくないように見えます。

でも実は、難しい。

シングルスの試合でも、左右に動いて打つ方がリズムが取りやすいですから。

相手を見ながら、ボールを追いかけて返球出来ますからね。

センター深くにいきなり来る、その場で返球するのは難しい。

リターンでセンター深くに打てば、意外と相手は攻撃出来ないんですよね。

 

3.センター深くからは、角度を付けて狙えない

シングルスの試合、センター深くからは攻撃出来ない。

これは、鉄則です。

角度を付けたショットは打てないですから、アナタ自身は次のボールで攻撃出来る。

センター深くにまず1本打っておいて、その次のボールから主導権を握れる。

センター深くにリターンを打つことで、アナタ自身がコントロール出来るボールを引き出すことが出来ますからね。

そこから前に出るのも良いですし、シングルスでは非常に使える作戦です。

 

4.センター深くのリターンを相手にインプットさせると・・・

もう、お分かりですね。

このリターンをしっかりインプットさせることが出来れば、サイドに打つリターンが活きる。

浅いドロップのようなリターンだって、相手は反応出来ない。

まず、「この相手のリターンは、センターに深い!」と思わせておけば、楽なんです。

試合の序盤は、もうこのリターンを徹底出来れば良いと思いますよ。

センター深くのリターンは、それだけ相手の印象に残りやすいですから。

 

前に入って、サーバーの足下を狙う。

すごくシンプルですよね。

最初はアウトしても良いので、とにかく深さを出しましょう。

スピンでもスライスでも良いので、しっかり回転をかけて。

きっと相手は、面食らうはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

    アナタも試合で勝ち進んでいけば、3セットマッチの試合を経験することにな…

  2. シングルス

    「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない

    もうすぐ全豪オープンも本戦開幕。いよいよ、今年もテニスシーズン…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

    テニスの試合に強い選手は、どのショットも簡単そうに打っているはず。…

  6. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方

    全米オープンでの錦織選手の初戦敗退。ショッキングなニュースが日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良く…
  3. フットワーク

    浅いボールに横向きで入っていく、ことが全ての攻撃の基本です
  4. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう…
  5. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!
PAGE TOP