シングルス

シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?

シングルスの試合で、リターンから攻撃していきたい。

でも、サイドを狙うのは怖いし、ミスも嫌・・・なら、基本に立ち戻りましょう。

シングルスの試合で勝ちたいなら、リターンからのポイントを増やしていく。

セカンドサーブをアタックするなら、まずセンター深くの形から、です。

 

シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?

 


 

1.センターに深く!相手を狙えばOK

やり方は簡単。

相手のサーバーの足下、を狙います。

打って来た相手のいる場所、センター深くに打ち込んでいく。

速さよりも深さ、をしっかり出しましょう。

相手の足下をえぐって、打った後に構え直せていない状態、で打たせたいですね。

出来れば、前に入ってライジング気味にリターンしていきたい。

きっと、相手は慌てると思いますよ。

その場に来たボールを打つって、テニスでは意外と難しい技術ですからね。

 

2.左右に動いて打つ方が、テニスはリズムが生まれる

その場で打つ、これは一見難しくないように見えます。

でも実は、難しい。

シングルスの試合でも、左右に動いて打つ方がリズムが取りやすいですから。

相手を見ながら、ボールを追いかけて返球出来ますからね。

センター深くにいきなり来る、その場で返球するのは難しい。

リターンでセンター深くに打てば、意外と相手は攻撃出来ないんですよね。

 

3.センター深くからは、角度を付けて狙えない

シングルスの試合、センター深くからは攻撃出来ない。

これは、鉄則です。

角度を付けたショットは打てないですから、アナタ自身は次のボールで攻撃出来る。

センター深くにまず1本打っておいて、その次のボールから主導権を握れる。

センター深くにリターンを打つことで、アナタ自身がコントロール出来るボールを引き出すことが出来ますからね。

そこから前に出るのも良いですし、シングルスでは非常に使える作戦です。

 

4.センター深くのリターンを相手にインプットさせると・・・

もう、お分かりですね。

このリターンをしっかりインプットさせることが出来れば、サイドに打つリターンが活きる。

浅いドロップのようなリターンだって、相手は反応出来ない。

まず、「この相手のリターンは、センターに深い!」と思わせておけば、楽なんです。

試合の序盤は、もうこのリターンを徹底出来れば良いと思いますよ。

センター深くのリターンは、それだけ相手の印象に残りやすいですから。

 

前に入って、サーバーの足下を狙う。

すごくシンプルですよね。

最初はアウトしても良いので、とにかく深さを出しましょう。

スピンでもスライスでも良いので、しっかり回転をかけて。

きっと相手は、面食らうはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう

    錦織選手が得意とする、シングルスの試合での基本戦術。フォアハン…

  2. テニス ストローク
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い

    シングルスの試合、にチャレンジしているみなさん。きっと、ダブル…

  4. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

    相手をよく観察することの重要性、をこのサイトでは何度も書いてきました。…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

    シングルスの試合は、どんどん早く進んでしまいがち。ダブルスのよ…

  6. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

    シングルスの試合を観ていると、テニスは本当にポイントを「締める」技術が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
  3. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう
  4. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ
  5. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう
PAGE TOP