日々の雑記

インカレ会場で感じた、レベルに関係無く大事なテニスの基本について

今年のお盆休みは、久々にインカレの試合を岐阜まで観戦に行って来ました。

生憎の天候で、ちゃんと観戦出来たのはほぼ1日だけでしたが、とても良い刺激に。

そして、私自身改めて感じたこと、を書いておきたいと思います。

 

まず、学生トップレベルの試合でも、私たち一般プレイヤーの試合でも、共通する課題はシンプルだということです。

負ける、ということはどこかで相手と差が付いたということ。

じっくりと試合を観ていると、ほとんどの試合は「基本的なことが出来ているかどうか」にかかって来ます。

 

例えば、サーブ。

これも、当然ですがファーストサーブを入れていけば、そう簡単にはブレイクされない。

いくら強力なサーブを打てる選手でも、やはりセカンドサーブになったポイント、ゲームで崩れていく。

相手からすると、「セカンドならいける!」と思ってリターンから強気に前に出られるんですよね。

これが非常に、大きな差になりやすい。

遅くてもファーストサーブを入れておけば、相手は強気になれない、セカンドサーブ自体を狙えないですから。

 

あと、ストロークであれば「軌道の高さ」。

これが低い選手は、まず安定感が無いから勝ち上がれない。

軌道が高ければ、それだけ多少ずれてもネットはしない。

高い軌道で打ちたければ、出来るだけ高い打点で打つこと、が基本になりますよね。

強い選手は、打点を落とさない。

これも、私たち一般レベルのプレイヤーにも大切な基本、です。

 

またシングルスでは、「ネットに出てミスを誘う」ということ。

綺麗なボレーのポイントは少なくても、相手が無理してネットする、アウトする。

こういうポイントを引き出せる選手は、学生でも強い。

シングルスの試合では、ネットに出た時にはプレーはシンプルで良い。

これもすごく、勉強になりました。

 

全体的に、やはりストローク主体のプレイヤーが多いな、という印象。

多様性という意味では、少し危機感を覚えます。

ネットプレイヤーはいないし、ダブルスの並行陣も少ない。

何が良い、悪いという話ではなく、サーブやネットプレーをしっかり磨ける環境、指導者は少ないのかなと。

目の前の勝利だけなら、ストロークを磨く方が良いのかも知れません。

でも、ネットプレーとベースラインプレーは両輪、ですからね、

強いネットプレイヤーがいてこそ、本物のベースラインプレイヤーも育っていく。

片方だけで発展していくには、限界がある。

そんなことを考えながら、試合を観てました。

 

同時に、自分が試合をするとしたら、どう戦うかなと。

みなさんも、ぜひこの視点で上のレベルの試合も観戦するようにして下さいね。

だって、来週末はコートで対戦相手として戦うこと、になるかも知れないんですから。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    「自分はテニス初心者で、申し訳無い」なんて思ってるのは、日本人だけかも

    もう15年くらい前、のことですが。テニススクールでアシスタント…

  2. テニス シングルス

    日々の雑記

    「テニスは面白い」と思ったまま、各カテゴリを卒業して欲しい

    先週末の3連休、とにかく暑かったですね・・・。関東では台風がそ…

  3. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません

    今日はクリスマスイブ、ですね。各地でクリスマスっぽいテニストー…

  4. テニス 評価

    日々の雑記

    感動は人を変え、またその人が次の感動を紡いでいく

    今日の平昌オリンピック、男子フィギュアスケート。ご覧になってい…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分のテニスを、人に決めてもらってない?

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います!そろそろ年始、み…

  6. テニス Q&A

    日々の雑記

    T-PRESSとテニススクールの、決定的な違いについて

    2018年、今年はみなさんにとってどんな一年、になるでしょうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!…
  2. テニス メンタル

    戦術

    「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」
  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    シングルスの試合で使えるネットプレーは、「相手を左右に走らせるだけ」で充分なケー…
  4. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、歓迎出来る自分で
  5. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない
PAGE TOP