テニス サーブ

サーブ

「前を向かない」だけで、サーブの精度は格段に上がる

サーブをコントロール出来る自信が無い、というみなさんへ。

私が過去に意識して、格段に効果のあった方法がコチラ。

「打ちにくい」と最初は感じるでしょう。

でも、慣れると「この打ち方じゃないと、怖い」と思えるようになる。

それが、横向きの意識です。

 

「前を向かない」だけで、サーブの精度は格段に上がる

1.ほとんどの人が、前を向いて打っている

特に、ベテランやシニアの方は、そうですね。

ボールをトスアップすると、身体が相手方向を向く、正面向きになる。

お腹から突っ込んで、崩れながらサーブを打つ。

どうでしょう、みなさんも近からず遠からず、じゃないでしょうか。

まず、ここを自覚しましょう。

みなさんは、思った以上にサーブを打つ前に、崩れている。

トスアップ後も横を向いている状態、をキープするのはそれくらい難しいんです。

 

2.打ってから前を向く、くらいでちょうど良い

少しだけ、我慢する。

トスアップした後に、身体を前に向けない、横向きをキープする。

これが出来れば、サーブの安定感って格段にアップするんです。

まず、打点が安定しますからね。

ボールを打ってから前を向く、ことでスピン、スライス、フラット、色々なサーブが打てるようになるんです。

ここを誤魔化していては、サーブの上達は見込めない。

少し窮屈な形を作って、安定感のあるサーブに変えていきましょう。

 

3.右利きの方の練習は、アドバンテージサイドから

まず、このサイドから練習すると良いでしょう。

左利きの方は、デュースサイドから。

横向きを作った状態でも、相手のコートが見えやすいですからね。

トスアップした後に、その腕を下げない、しっかり肩の入った状態をキープする。

私は、なるべく相手に自分の背中を向けることを意識しています。

ボールを打ちにいくまでは、自分の背中を相手に向けておく。

そうすることで、横向き、がキープ出来る。

右利きの方はアドバンテージサイドからだと、このフォームで打ちやすいと思います。

慣れたら、逆のサイドでもやってみましょう。

トスアップ後の形、から崩れないことがポイントです。

 

4.回転をかけること、を意識しよう!

目的は、これです。

しっかりと回転をかけること、が横向きキープの最大メリットですから。

最初は打つ方向、にボールを飛ばすのが難しいかもしれませんが、薄りグリップで持てていれば大丈夫。

きっと、ボールに良い回転をかけることが出来るはず。

横向きで回転が上手くかからないなら、それはグリップが厚い可能性が大、です。

将来的に良いサーブを打つことが難しいので、この機会に変えていきましょう!

 

どうしても、早く前を向きたくなる、それが普通です。

自分のサーブを動画で見て、何を感じるのか。

そこから全てがスタートです。

横向きキープ、のサーブに変えることが出来れば、一気にテニス選手らしい試合になりますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときに頼れるサーブのコース、ハッタリでも作っておこう

    サーブが苦手、サービスゲームが嫌い・・・。な人は、この発想でい…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整しよう!

    スライスサーブ、と聞くとどんなイメージですか?「左利きの人が得…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

    テニスを始めたときの動機、皆さんはどんな感じでしたか?「何とな…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

    サーブ&ボレーに挑戦したいけど、難しいと感じている方へ。難しく…

  5. テニス メンタル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合の後半で体力を消耗したときに、「しっかりファーストサーブを入れていく」のに必…
  2. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく
  3. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?
  4. テニス 戦術

    メンタル

    実力はあるのに試合に勝てない人は、序盤に〇〇を見せておこう
  5. テニス ストローク

    その他

    アナタのテニスは、「たくさんの人に支えられている」ということだけは、覚えておいて…
PAGE TOP