ストローク

「クロスへのパッシングショットを沈める!」為に、大事なポイントは?

試合の中で、相手がネットに出て来て自分から攻撃していくショット。

パッシングショット、の精度は上げていきたいですよね。

シングルスの試合でも、使う機会が多いこのショット。

私が意識しているポイントをまとめてみました。

 

「クロスへのパッシングショットを沈める!」為に、大事なポイントは?

 


 

1.シングルスの試合では、相手はどこを警戒している?

相手がアプローチショットやサーブから、前に出て来た。

まず、どこを警戒しているのかを気付かないと厳しいでしょう。

相手は、どのコースを消して待っているのか。

基本は、ダウンザラインを待っているはず。

ストレートの方向に抜かれるのが、最も距離も短いし怖いですからね。

安易にここでストレート、ダウンザラインに抜こうとすると、相手の思うツボ。

私なら、しっかりクロスに1本打っておきます。

 

2.相手の前を通過させるショット

ネットに出て来た相手に、クロス方向へパッシングショット。

みなさん、イメージしてみて下さい。

相手の前を、ボールが通過していくショットになりますから、あまり「抜けそう」な雰囲気は無いですよね。

これで良いんです。

相手に、触らせて全然OK。

その代わり、ネットの低い位置、で触らせるようにすればOK。

沈めるショット、をクロスに打つことが大事ですね。

 

3.センターストラップ上を狙って、球速は中くらいで良い

私はシングルスの試合では、この意識で打っています。

速いボールだと、伸びて低い位置でのボレーにならないですからね。

速度は少し抑えたボールで、センターストラップ上を通過させる。

相手に、腕を伸ばして低い位置でボレーしてもらう。

この感覚、がすごく大事です。

ネットから低い位置でのボレーなら、アナタ自身が攻撃されることはほぼ無い。

あるとすれば、前に落とされるのが怖いくらいでしょう。

ここはしっかりケアしながら、まずはクロスに緩く打つだけで、ネットプレー対策はバッチリです。

 

4.返ってきたボールには、無限の選択肢がある

次のショット、で決めましょう。

相手が前にいますから、ロブでも良い。

パッシングで抜いても良いし、打てるコースはすごく拡がっているはずです。

クロスのパッシングショットは、あくまで触らせてチャンスを引き出すボールですからね。

これくらい楽に考えると、試合でも良いショットが打てます。

私は低い位置でボレーさせた後なら、やはりロブですね。

ポイントを取って、しかも体力も消耗してもらう。

シングルスの試合なら、このしたたかさが最後に効いて来ますから。

 

力んでストレート、クロスで抜こうとしてもダメ。

それこそ、相手ネットプレイヤーの思うツボ、です。

緩いクロスのボールを使えれば、シングルスの試合でもすごく使える。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

    シングルスでもダブルスでも、試合で熱くなるとつい忘れがちなこと。…

  2. ストローク

    ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て判断しよう

    ストロークに自信がある人、ほどはまりやすい落とし穴がある。そう…

  3. テニス ロブ

    ストローク

    アナタの試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる

    試合の中でロブを使う機会、どれくらいあるでしょうか?きっと、少…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「う、動けない・・・」テニスのストロークラリーの中でドロップショットを混ぜるコツ4つ

    しっかり肩が入ったフォームから、深いトップスピンがきたかと思うと・・・…

  5. テニス 部活
  6. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお勧めです

    テニスのストロークラリーの中で、低いボールが苦手・・・という方も多いで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ
  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れ…
  3. テニス イレギュラー

    テニス知識

    リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. メンタル

    テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから
PAGE TOP