ストローク

「クロスへのパッシングショットを沈める!」為に、大事なポイントは?

試合の中で、相手がネットに出て来て自分から攻撃していくショット。

パッシングショット、の精度は上げていきたいですよね。

シングルスの試合でも、使う機会が多いこのショット。

私が意識しているポイントをまとめてみました。

 

「クロスへのパッシングショットを沈める!」為に、大事なポイントは?

 


 

1.シングルスの試合では、相手はどこを警戒している?

相手がアプローチショットやサーブから、前に出て来た。

まず、どこを警戒しているのかを気付かないと厳しいでしょう。

相手は、どのコースを消して待っているのか。

基本は、ダウンザラインを待っているはず。

ストレートの方向に抜かれるのが、最も距離も短いし怖いですからね。

安易にここでストレート、ダウンザラインに抜こうとすると、相手の思うツボ。

私なら、しっかりクロスに1本打っておきます。

 

2.相手の前を通過させるショット

ネットに出て来た相手に、クロス方向へパッシングショット。

みなさん、イメージしてみて下さい。

相手の前を、ボールが通過していくショットになりますから、あまり「抜けそう」な雰囲気は無いですよね。

これで良いんです。

相手に、触らせて全然OK。

その代わり、ネットの低い位置、で触らせるようにすればOK。

沈めるショット、をクロスに打つことが大事ですね。

 

3.センターストラップ上を狙って、球速は中くらいで良い

私はシングルスの試合では、この意識で打っています。

速いボールだと、伸びて低い位置でのボレーにならないですからね。

速度は少し抑えたボールで、センターストラップ上を通過させる。

相手に、腕を伸ばして低い位置でボレーしてもらう。

この感覚、がすごく大事です。

ネットから低い位置でのボレーなら、アナタ自身が攻撃されることはほぼ無い。

あるとすれば、前に落とされるのが怖いくらいでしょう。

ここはしっかりケアしながら、まずはクロスに緩く打つだけで、ネットプレー対策はバッチリです。

 

4.返ってきたボールには、無限の選択肢がある

次のショット、で決めましょう。

相手が前にいますから、ロブでも良い。

パッシングで抜いても良いし、打てるコースはすごく拡がっているはずです。

クロスのパッシングショットは、あくまで触らせてチャンスを引き出すボールですからね。

これくらい楽に考えると、試合でも良いショットが打てます。

私は低い位置でボレーさせた後なら、やはりロブですね。

ポイントを取って、しかも体力も消耗してもらう。

シングルスの試合なら、このしたたかさが最後に効いて来ますから。

 

力んでストレート、クロスで抜こうとしてもダメ。

それこそ、相手ネットプレイヤーの思うツボ、です。

緩いクロスのボールを使えれば、シングルスの試合でもすごく使える。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、速い球と重い球って全くの別物

    みなさんも試合をしていて、「強い!」と感じる相手、いますよね。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンロブは「高い軌道のストローク」で、自然に打てるようになる

    トップスピンロブ、打ちたいですよね。錦織選手は今年、このショッ…

  3. テニス ストローク
  4. ストローク

    「深いストロークはなぜ有効なのか?」についてハッキリさせておこう

    試合の中で、練習の中で「深いストローク」は基本中の基本。改めて…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

    これは、私自身のテーマでもあります。スライスの、パワーアップ。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で本当に効果的な、「凄いショットは凄いバウンド」という事実について

    ショットの質を上げようと、皆毎日しっかり練習していると思う。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!
  2. テニス 調子

    ボレー

    ネットプレーでアウトが多いのは、「深く打とうと意識し過ぎ」ているから
  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い
  4. テニス 試合

    その他

    テニスというスポーツは、アナタに何を求めているのだろう?
  5. テニス メンタル

    ストローク

    相手を動かすテニス、と並行して、しっかり打つテニスも練習していこう
PAGE TOP