ストローク

「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ

テニスの基本、ストロークのフォーム。

ここで、こういうアドバイスをいまだに聞く機会、結構あると思います。

もちろん、テニスを始めたばかりの方であれば、下がって打点を落として打つ、のが打ちやすいのかも知れない。

でもそれって、私は一昔前の話であり基本、だと思います。

 

「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ

 


 

1.下がらなくて打てるなら、それで良い

私もテニスを始めたころに、ストロークは下がって打つ、と習いました。

そもそも、そうしないとラケットを後ろから前、に大きく動かせない、ボールを飛ばせない。

ウッドラケットの時代は、ラケットをしっかり引いて、加速させてボールに当てる必要がありましたからね。

でも、今は違います。

反発力のあるラケット、ガットがしっかりしているので、打点さえ前に取れば下がらなくても打てる。

下がってしまうことで、より打ちにくいケースも多くなるでしょう。

 

2.打点が低いって、打ちやすい?

よく、膝の高さで打ちましょう、と教わったはず。

これ、一見打ちやすいようで、結構力要りませんか?

ボールはもう下方向へ加速していますから、これを上方向に飛ばすのは結構しんどい。

腕に負担がかかって、結果的に肘を痛める人が多いのはこのストロークも要因の一つ。

1、2、サーン、で打っていたら、そんなに長くテニス出来ないですよ。

イメージは、タ、ターン!くらいで良い。

ライジングショット、で下がらないで打つ方が楽ですし、効率的でしょう。

 

3.「横着なテニス」と言われ続けて20年

私はずっと、これを言われ続けて来ました。

コーチや先輩からも、「横着するな!下がって打てよ!」と。

でも、私はかたくなにベースライン付近から下がりませんでした。

理由は簡単で、自分には体力も走力も無いので、これしか生き残る道が無かったんです。

それに、横着なテニスを極めていけば、新しい道が拓けるような確信がありました。

そして今、プロ選手でライジングショットが打てない選手はほぼいません。

相手から時間を奪い、自分の体力も温存出来る。

下がって打たない、のはもはやスタンダードですよね。

 

4.基本を疑い、自分で考えよう

ラケットやギアが変化しているのに、打ち方や戦術が変わらない。

そんなこと、あり得ないんです。

テニスは、生き物。

どんどん時代と共に変化していくもの、ですから。

今までの基本、習ってきたことを、自分なりに考えて見直してみる。

人と異なること、違うと感じたことを、恐れてはいけないんです。

大げさな話でもなく、下がらないテニスに限らず、アナタ自身が成長していくうえでは絶対に必要なこと。

ぜひ、普段から意識してみて下さい。

 

やっぱり、つい下がりたくなるんです。

その方が、まずしっかり打てるには打てますからね。

でも、じゃあ試合に勝てるのかということ。

厳しいようですが、ここを突き詰めていかないと、私たちは自己実現出来ませんから。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. ストローク

    バックハンドに高く弾むボール、をなぜ打たれるのか?

    特に、女性のみなさんで悩んでいる方が多いと思います。バックハン…

  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    ストローク戦で勝ち目が無い、と感じたら・・・?

    今回はちょっと極端な例のお話を。私が去年、シングルスの試合をす…

  3. テニス リターン

    ストローク

    自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さで

    皆さんは試合のとき、どんな攻撃を仕掛けていくことが多いですか?…

  4. テニス 練習
  5. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

    試合に強い選手は、ストロークが安定している。安定感があるように…

  6. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    ストローク

    社会人からテニスを始めた方に目立つ、「手打ちなストローク」を直せば怪我が減り長く…
  2. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの…
  3. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!
  4. テニス 試合

    戦術

    「勝負に徹する人、そうでない人」の2種類しかいない
  5. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する
PAGE TOP