ストローク

片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない

片手バックハンドストローク、もっとパワーが欲しい。

これについて、私は最近また新しい発見をしました。

パワー、というよりもスウィングスピードを上げていく、切れ味をアップさせる裏技。

もしかしたら、もうみなさん実践していることかも知れないですけど。

改めて、言葉にしてみたのでぜひ、参考にしてみて下さい。

 

片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない

 


 

1.スロートに沿えた手、がポイント

私は右利きですので、左手はラケットの三角形の部分、スロートに沿える。

このままテイクバックして、片手バックハンドは前に振り出す時にこの左手を離しますよね。

この離す瞬間、がポイントなんです。

ただ離す、のではなく、弾き出すようにして出す。

こうすることで、実はスウィングの初速がすごくアップする。

私自身、これを意識するだけで、かなり切れ味がアップしたように思います。

もう少し、詳しく解説していきますね。

 

2.親指と人差し指で、ラケットを弾き出す

強くつまむ、ような感覚です。

親指と人射し指で、離す前に強くラケットのスロート部分をつまむ。

そこから、弾き出す力を使ってラケットを前に出していく。

こうすることで、ボールに当たる前のラケット速度、をかなりアップ出来るんです。

もちろん、力んではダメ。

リラックスした状態で、ポン!と押し出してあげる。

どうでしょう、ちょっとその場で練習してみませんか?

 

3.意外と、ラケット面はぶれない

弾くとラケットがグラグラ、ぶれてしまいそうですよね。

でも、そんなことはありません。

なぜなら、もう弾いた直後に、ラケットは打点に入っていけるから。

添えた左手を離すのは、本当に最後のところ、ですから。

だから、パワーを出しにくいのが難点なんです。

でも、この親指と人差し指でスロートを弾く打ち方は、この初速不足、を補ってくれる。

当たり前のようにやっていることかも知れませんが、意識すれば変わりますよ!

4.言葉にすれば、意識出来る

私自身、まぁこれに近い感じではやってました。

でも、ふと気づいて言葉にすると、全然違うんですよね。

パワーが無いと感じたら、弾くタイミングを少し早くしてみる、とか調整が出来る。

今までやって来たこと、を客観視出来るとテニスではすごく強い。

それに、まだまだ改良の余地があるんじゃないかと思って、研究出来る。

言葉って、大事。

特にテニスのような競技では、アナタ自身を助けること、につながるはずです。

 

「いや、そんなの知ってるよ!」と思った方も、再度意識してみて下さい。

片手バックハンド、スウィングの初速が出しにくい問題は、死活問題ですから。

切れ味がアップすれば、バックハンドでも押していける。

ぜひ、まずは練習から左手、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・

    ストロークのグリップはどうやって決まるのか。特にフォアハンドス…

  2. テニス ストローク
  3. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない

    ダブルスの試合、雁行陣の後衛でのストローク。ここでしっかり、押…

  4. ストローク

    「バウンドする頃には・・・」構えてももう遅い!テニスのストロークでは致命的なこのポイント

    ストロークのフォームチェックの為によく動画撮影を行う。その時、…

  5. テニス 練習
  6. テニス ストローク

コメント

    • YS
    • 2018年 8月 03日

    同じことを,バックのハイボレーの初速をアップするのに思いついて
    片手バックハンドに導入しようとしましたが,
    まだ,打点が安定しないので上手くいかなかったことを思い出しました.

    もう少し,バックの打点が安定したら導入したいと思います.

      • tomita
      • 2018年 8月 03日

      お返事ありがとう御座います!
      ちょっと癖のあるコツでもあるので、ぜひご自身で色々とお試しになりながら、チャレンジしてみて下さい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?
  2. リターン

    「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実に…
  3. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク
  5. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて…
PAGE TOP