テニス ボレー

ボレー

右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に

フォアハンドボレーを、コントロールボレーに。

これは、みなさんの直近の課題の一つじゃないでしょうか。

簡単そうで難しい、奥が深いフォアハンドボレー。

私がいつも意識しているのは、あえての「左半身」です。

 

右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に

 


 

1.パワーショットに、限界を感じてない?

フォアハンドボレー、とにかく叩く。

ダブルスの前衛でも、必死に強打して相手の前衛にぶつける、そんな攻撃になってはいませんか?

これは、あるレベルになると通用しない、返される。

そして次、自分は反応出来ないようなテニスになってしまうはず。

だからこそ、脱パワーショット、フォアハンドボレーを変えていかないと。

アナタ自身のテニスは、怪我と敗北を繰り返すことになるでしょう。

 

2.右利きの方は、左半身を反応させよう

私はいつも、左半身から反応させる。

具体的には、左の腰からお尻にかけて、グッと前に出す感じですね。

どんなボレーを打つにせよ、少しだけこの捻りが入る、から安定して打てる。

時間に余裕があれば、ハッキリ横向きを作って左半身を前に出して踏み込んでいく。

余裕が無ければ、捻るだけで足はそんなに動かさない。

とにかく、まず反応は「左半身から」が、右利きの私のキーワードです。

 

3.右半身から反応するから、不安定になる

試合で緊張したりすると、つい右半身から反応してしまう。

これがテニス、なんです。

つい、右手と右足が前に出る、試合で経験無いですか?

ホールを引き付けることが出来ないので、そりゃ難しいですよね。

打てるコースも、拡がらない。

この癖を直すだけで、かなりボレーは安定感がアップする。

ぜひ、みなさんにも意識して欲しいポイントです。

 

4.バックボレーは、その逆で良い

この反応を覚えると、バックハンドボレーはその逆で良い。

右利きの方のバックボレーなら、右半身を前に。

これだけで、しっかり打てる準備が完了です。

ラケットの準備もシンプルになりますし、そもそも動作全体が小さくなるのでボレーが安定する。

右側に来たら、左半身。

左側に来たら、右半身。

この反応からスタートさせて、ボレーを安定させましょう!

 

骨盤から反応させて、上体を捻る動き。

これをシンプルに出来る言葉、を覚えると楽です。

「左のお尻を出す!」みたいな感じでも良いと思います。

少しだけ横向きを作る動き、をボレーの構えに入れること。

それだけで、各段にネットプレーはレベルアップするでしょう!

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つのポイントとは?

    「また触ってしまった・・・」試合中に、アウトボールをボレーしよ…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

    ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。40代以上のベテラン…

  3. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に捕まりやすい

    サーブ&ボレー、シングルスよりもダブルスで使う機会が多いんじゃないでし…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切った行動を!

    サーブ&ボレーを本気で練習し始めたのは、20歳過ぎてから。それ…

  5. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

    フォアハンドのボレー、実は「苦手」って言える人は少ないんじゃないでしょ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

    テニスの試合、いかに「予測」が大事かは何度も書いてきました。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう
  2. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる
  3. テニス パラソル

    テニス知識

    晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 戦術

    テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよ…
  5. テニス ボレー

    ロブ

    インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?
PAGE TOP