テニス 戦術

ダブルス

ミックスダブルス、「女性側にボールを集められる」ことは想定内

「またそんな、当たり前のことを」と思う方も多いでしょう。

ですが、その当たり前のことが、なかなか出来ないのがテニスの試合前の準備。

ミックスダブルスの試合、一般の大会ではえげつないくらいに女子側にボールが集まります。

これに対して何の準備も無いと、あっという間に0-4くらいのスコアになってしまいますよ。

 

ミックスダブルス、「女性側にボールを集められる」ことは想定内

 


 

1.女性が前衛、要注意!

私の経験上、これに気を付けないとまずいことになります。

女性が前衛、の時に狙われやすい。

女性が後衛、なら何とか頑張れるんですけどね。

ストロークなら、多少相手の男性でも相手に出来る。

でも、前衛でボレーとなると、気持ちも引いてしまって参加出来ない。

だから、自分のところにボールが来ると、「やばい!来た!」となってしまう。

女性が前衛の時には、まずは手堅いボレーで返すだけで充分。

そして、狙われると覚悟しておきましょう。

 

2.後衛の男性に、任せ過ぎない姿勢が大事

前衛にいるときに、なかなかラリーに参加出来ない女性の方多いですよね。

何でもかんでも、後衛の男性にゆずってしまう。

私が提案する最善の改善策は、最初のポイントでポーチに出てしまう!ということ。

最初に動く姿勢を見せておくと、相手も嫌ですからね。

それに、自分自身で男性に頼らないという雰囲気、になれるじゃないですか。

任せないという姿勢には、待っていてもなかなかなれない。

自分から動いて、積極性を出さないと無理ですよ。

 

3.何も「ナイスショット」で反撃する必要は無い

女性が前衛のとき、どんなプレーが必要か。

ボールが集められる、のであれば慌てる必要はありません。

ナイスショット、を打たないといけないというプレッシャーは必要無い。

「男性に迷惑をかけたくない」という気持ちがあるなら、まずは鉄壁の返球、で良い。

相手に決められることは、気にしない。

自分から無理したミスだけ減らせば、ボールを集められても怖く無いですよ。

 

4.狙う側にもプレッシャーはある

ミックスダブルスの、女性狙い。

相手だって、プレッシャーはかかってますから。

女性を狙っていくのも、コントロールショット。

だから、それほど強いボールは来ない、何も慌てる必要は無いんです。

ボールを集められたら、とりあえず返す、余裕があれば女性の側に返す。

これで充分、狙われても対応出来るはず。

試合前の準備、意識するとことから始まります。

 

女性狙いに、屈しないこと。

これはミックスダブルスの基本です。

そのために、集められたらどうするのか、どういうスタンスで臨むのかを確認しておくこと。

女性としても、だいぶ楽になるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です

    「ミックスダブルスの試合、どう戦って良いか分からない」「強くな…

  2. テニス フットワーク

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「序盤で女性が相手の男性に向かっていく」ことに尽きる

    テニスの試合、基本は「やられたら嫌なこと」から考えてみる。そう…

  3. ダブルス

    ミックスダブルスで、「また組みたい!」と女性に感じてもらうコツ7つ

    ミックスダブルス、で女性ペアを探している男性のみなさんへ。私が…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

    普通に考えると、ピンチな状況。こういう場面にこそ、実はテニスで…

  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある

    ダブルスの試合、前衛にいるときに何を考えて待つか。私はいつも、…

  6. ダブルス

    【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ

    皆さんからいくつか寄せて頂くメッセージの中で、「試合前に観て、結果が出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り
  2. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    「スマッシュを打つときの反応が遅い・・・」と感じている人は、相手のラケット面から…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終…
  5. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!
PAGE TOP