テニス サーブ

ダブルス

ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。

ベテラン、シニアのみなさんからのご質問の中で、何名かの方から頂いたのがこのご質問でした。

私自身、すごく興味があるテーマで、将来的にもここを発掘していきたいと考えています。

50代、60代、のみなさん、まだまだやれることは絶対にあります!

ミックスダブルスらしい戦い方、一緒に考えてみませんか?

 

ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

 

1.まず防ぎたいのは、相手の男性のフットワークとパワー

どこから考えるか、と言えばここでしょう。

相手の若手ペアは、男性の力でしっかりと押しつぶそうとしてくる。

もちろん、まともに対抗することはありません。

男性のパワーと脚力、を防ぐには、何が必要か。

当然、相手の女性側に配球していくことも大事ですが、まずは「男性の高い打点のストローク」を避ければ良い。

まず、これだけ考えましょう。

低い打点やボレー、はそんなに怖くない。

という仮定を立ててみて、試合に入ってみて下さい。

 

2.こちらの女性はしっかり守備から入る

当然、相手も同じように女性狙いは考えている。

私は、この「女性の守備力」の部分で、ベテランペアと若手ペアは一番差が出て来る、と思います。

歳の甲じゃないですけど、やっぱりベテランの女性のみなさんは非常にしぶとく、気持ちが入った守備が出来る。

相手の若手ペアは、結構男性頼みですから。

メンタル的にも弱い。

苦しい足元のボールや、必死で走ったボールを頑張って女性が返球する、ことが出来たペアがミックスダブルスは強い。

相手男性も、パワーのあるショットはミスも多く、続かないですから。

ここに引いてしまわないこと、が一番です。

 

3.戦術、陣形を出し入れして若手のペースを乱そう!

雁行陣、並行陣、色々出し入れしていきましょう。

前に出たり、出なかったり、相手に考えさせる。

同じ戦術が続いていくと、若手ペアも慣れてきていつもの調子になって来る。

そうさせない為に、常に先手で出し入れしていきましょう。

学生や若いペアって、「同じことしかしてこない相手」としか、普段試合をしていないですから。

ベテランペアから先に先に、色々見せておくこと、が大事です。

 

4.試合を諦めさせるシチュエーション、が出来れば詰み

若い選手って、そこまで試合に執着しないですから。

まだまだこれからたくさん、試合があると思っているでしょうからね。

そういう相手には、早めに試合を諦めてもらう。

相手の女性が男性にイライラして、男性は自分にイライラする、ような感じになってくれば、もう勝機は見えてきます。

3ゲーム差がつけば、試合終盤でもう諦めてくれる可能性も大。

それから、フワッと入る序盤もチャンスですね。

メンタルの弱さ、を突いていくのは若手対策の基本だと思いますよ。

 

実際には、厳しい戦いだと思います。

サーブやリターンも強力で、なかなか上手に立てない相手も多いでしょう。

ですが、きっとテニスというスポーツは年齢差を覆すチャンスはある、大きいスポーツです。

私も頑張りますので、一緒にシニア・ベテランのみなさんも頑張っていきましょう!

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイントとは?

    ダブルスにおける心理戦、それが一番激しいのはどこの場所か分かりますか?…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから考えてみる

    ダブルスペアは、どういう組み合わせが効果的なのか?これについて…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合のほとんどは、「客観的に観れば誰か一人が仕切っている」試合が多い

    ダブルスの試合、4人の雰囲気を観ていると面白い。ゲームメーカー…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    雰囲気が悪くなるようなポイント後こそ、ペアで会話しないと

    ダブルスの試合で、一目で分かるペアの絆。それは、ポイントを失っ…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣を敷けば勝てる

    2人でネットに出る並行陣。ここには、実は大きな秘密が隠されてい…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない
  2. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよ…
  3. テニス 計算

    その他

    ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアッ…
  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ
  5. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
PAGE TOP