テニス サーブ

ダブルス

ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。

ベテラン、シニアのみなさんからのご質問の中で、何名かの方から頂いたのがこのご質問でした。

私自身、すごく興味があるテーマで、将来的にもここを発掘していきたいと考えています。

50代、60代、のみなさん、まだまだやれることは絶対にあります!

ミックスダブルスらしい戦い方、一緒に考えてみませんか?

 

ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

 

1.まず防ぎたいのは、相手の男性のフットワークとパワー

どこから考えるか、と言えばここでしょう。

相手の若手ペアは、男性の力でしっかりと押しつぶそうとしてくる。

もちろん、まともに対抗することはありません。

男性のパワーと脚力、を防ぐには、何が必要か。

当然、相手の女性側に配球していくことも大事ですが、まずは「男性の高い打点のストローク」を避ければ良い。

まず、これだけ考えましょう。

低い打点やボレー、はそんなに怖くない。

という仮定を立ててみて、試合に入ってみて下さい。

 

2.こちらの女性はしっかり守備から入る

当然、相手も同じように女性狙いは考えている。

私は、この「女性の守備力」の部分で、ベテランペアと若手ペアは一番差が出て来る、と思います。

歳の甲じゃないですけど、やっぱりベテランの女性のみなさんは非常にしぶとく、気持ちが入った守備が出来る。

相手の若手ペアは、結構男性頼みですから。

メンタル的にも弱い。

苦しい足元のボールや、必死で走ったボールを頑張って女性が返球する、ことが出来たペアがミックスダブルスは強い。

相手男性も、パワーのあるショットはミスも多く、続かないですから。

ここに引いてしまわないこと、が一番です。

 

3.戦術、陣形を出し入れして若手のペースを乱そう!

雁行陣、並行陣、色々出し入れしていきましょう。

前に出たり、出なかったり、相手に考えさせる。

同じ戦術が続いていくと、若手ペアも慣れてきていつもの調子になって来る。

そうさせない為に、常に先手で出し入れしていきましょう。

学生や若いペアって、「同じことしかしてこない相手」としか、普段試合をしていないですから。

ベテランペアから先に先に、色々見せておくこと、が大事です。

 

4.試合を諦めさせるシチュエーション、が出来れば詰み

若い選手って、そこまで試合に執着しないですから。

まだまだこれからたくさん、試合があると思っているでしょうからね。

そういう相手には、早めに試合を諦めてもらう。

相手の女性が男性にイライラして、男性は自分にイライラする、ような感じになってくれば、もう勝機は見えてきます。

3ゲーム差がつけば、試合終盤でもう諦めてくれる可能性も大。

それから、フワッと入る序盤もチャンスですね。

メンタルの弱さ、を突いていくのは若手対策の基本だと思いますよ。

 

実際には、厳しい戦いだと思います。

サーブやリターンも強力で、なかなか上手に立てない相手も多いでしょう。

ですが、きっとテニスというスポーツは年齢差を覆すチャンスはある、大きいスポーツです。

私も頑張りますので、一緒にシニア・ベテランのみなさんも頑張っていきましょう!

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手くなる

    自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる

    サーブのトスアップ、皆さんは試合中何回くらい「やり直し」をすることがあ…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?

    ダブルスの雁行陣で、ひたすらストロークをつないで粘るペア、戦った経験が…

  4. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあげることです

    ダブルスの試合、味方がサーブを打って、アナタが前衛のポジションに立って…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. その他

    「熱くなった身体を冷やせ!」テニスの試合後に有効なクールダウンとは?
  2. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分がコントロール出来そうにない「何か」を目の前にしたときに、普通の人は否定から…
  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読め…
PAGE TOP