テニス ボレー

ロブ

ミックスダブルスの試合に勝てるペアの、ロブの使い方はココが違う!

ミックスダブルスで、今年は結果を出していきたいみなさん。

まず、ロブの使い方から考えてみませんか?

安易に使うとスマッシュを打たれますが、私はミックスダブルスの鍵はロブの精度が握っていると思います。

使い方を変えれば、きっと試合は変わる。

相手にとって「嫌らしい攻め」が出来ると思いますよ。

 

ミックスダブルスの試合に勝てるペアの、ロブの使い方はココが違う!

 

1.まず、ロブは至近距離で使おう!

「え?」と思った方も、多いかも知れません。

ロブと言えば、ベースライン、もしくは更にその後方から打ち上げるショット、というイメージですよね。

でもそれって、相手の脅威になりますか?

むしろコートの内側、ネットに近い位置で打った方が相手からすると「ここで!?」となって、意表を突かれる。

それに、自分の頭上を通過するまで時間が無いですから、低いロブでもスマッシュという選択肢が浮かばない。

そう、至近距離でロブを使えば、男性の上でも通すことが出来るロブになる。

カバーに走る女性は走力に劣るでしょうから、楽にポイントが取れるはず。

イメージ、湧きませんか?

 

2.ミックスダブルスでは、いかに相手女性を走らせるか?が大事

男性の頭上を、ロブで抜く。

そうすれば、必然的にカバーに女性が走りますよね。

こういうポイントを、ミックスダブルスではロブを使って増やしたいんです。

そうなると、相手は追い付くのも大変ですし、追い付いても女性ですから厳しい返球は来ない可能性が高い。

もちろん、油断は禁物ですが。

男性の頭上をロブで抜くには、意表を突いたタイミング、コートの内側から打つこと。

それから、ボレーでロブ、を打つというロブボレーのチャンスも狙っていきたいですね。

 

3.ロブの処理は、仲間割れを誘発出来る

「ちょっと!何で私ばっか走ってるのよ!」と、相手女性が感じ出したら、もう試合は勝ったようなものです。

男性が走り回っているミックスダブルスは普通、ですが、女性が走り回っているとそれは厳しい状況。

何より、女性の方から信頼関係が崩れていきます。

男性からすると、「だってスマッシュを打てるロブじゃないし・・・じゃあ、下がって俺が取ろうか?」と思うけど、そうなると陣形も崩れてくる。

ロブの処理って、そのミックスペアの信念が問われるんです。

相手を崩すチャンスになる、いかに効果的に使うか、を考えていきましょう。

 

4.女性にはどんどん、ロブを触らせていこう

ハイボレーが苦手そうな女性には、どんどん触らせること。

間違っても、ロブで抜こうと思ってはダメ。

だって、抜けても相手男性がカバーに走れますし、厳しいところを狙ってアウトする可能性も高くなる。

女性には、どんどん触ってもらうように、少し甘めのロブを意識して使いましょう。

出来るだけ、バックボレー側にロブを打つ。

アナタ自身、こういう攻めは覚悟しておかないとダメですね。

 

シンプルに考えて、ロブを使う。

ミックスダブルスでは、発想を変えていくことが大事ですね。

女性を走らせる、女性に触らせる。

その為のロブをどう使うのか、練習から考えてみてください。

ミックスダブルスで結果を出せるペアは、間違いなくロブ上手、ですから。

今年はアナタの番、ですよ!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

  3. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも〇〇が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相…

  4. テニス フットワーク

    ロブ

    「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

    ロブを試合でどのくらい使うだろうか。シングルスの場合は、相手が…

  5. ロブ

    相手がロブを打つ前に動くこと、こそ最高のプレッシャーになる

    並行陣で戦いながら、相手のロブに対抗する。でも、この考えだと・…

  6. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

    なかなか、その有効性が説明し辛いショット。それが、ロブボレーで…

特集記事

  1. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!
  2. テニス ストローク

    戦術

    身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず
  3. テニス メンタル

    その他

    「テニス部で部活をやってると、受験勉強できない?」実はこの2つ、似ているから両立…
  4. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう
  5. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険
PAGE TOP