テニス ミス

ダブルス

「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で勝てません

ミックスダブルスの試合、皆さんはプレーする機会はありますか?

学生の皆さんは機会が少ないかと思いますが、社会人の方は練習も含めてプレーする機会が多いはず。

スクールでテニスを習っている方も、自然と男女でペアになることも多いですよね。

何となく、「男性が女性を狙っていれば勝てる・・・?」ような気もしますが、試合巧者のペアはそんなことは折込み済。

漠然と女性狙いだけだと、ベテランペアに公式戦で勝つことは難しいでしょう。

 

「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で勝てません

 


 

■守備力の高い女性は、ミックスダブルスが得意

ミックスダブルスが強いペアは、女性の守備力が高い。

単純にボールを集めて攻撃しているだけでは、めったに崩れてくれません。

そんな中で、自分達が無理してミスをしたりする機会も増えて、気が付けばスコアが離れていく・・・というのも、よくあること。

ミックスダブルスで勝つには、ただ女性を狙えば良い、というものではないのです。

 

■狙い目は2人の間、より少し女性寄りのセンター

そんな守備力が強いペアは、まず動かしてスペースを作っていくことが大事。

ですが単純なセンター攻撃だと、しっかり男性がカバーしてきますのであまり崩れてくれない。

だからこそ、少し女性寄りのセンターのポジションを狙ってみましょう。

特にオススメなのが、相手女性が前衛のときに、「ポーチで触れそう」な場所にあえて打ってみること。

相手の女性は、「触ろうか・・・でも基本は男性に任せたいし・・・」という少しの迷いが生じてくるはず。

ロブで誘ってみるのも、有効ですね。

結果的に男性が触っても、女性がポーチに出ても。きっと陣形は少し崩れているはず。

ぜひリターンからこのパターン、狙ってみて下さい。

 

■女性でチャンスを作って、男性側でポイントを締めるイメージを

以前にも書いたことがありますが、男性が女性ペアのカバーに走るときに、陣形として隙が生まれます。

アナタは常に相手コートを観察して、「どこが空いているのか?」を注視する必要がある。

コートを4分割したら、2人がいる場所以外の残り2つは必ず空いている。

さらにセンターを上手く使うことで、2人が近づいてさらにコートは空いてくる。

焦らず落ち着いて、オープンスペースを作って展開出来ればミックスダブルスは強くなります。

 

女性を狙えば、女性が狙われる。

このことはミックスダブルスの試合に出るうえで、まず覚悟しないといけない。

サーブなんかは、まさにそうですね。

アナタが相手女性にどの程度の強さで打てるか・・・その強さが、そのまま自分のペアにも反映されます。

まず基本は、女性の高い守備力を崩す作成を考えてみる。

動かして触らせて、男性がカバーに動く隙を見逃さないようにしましょう。

ぜひ、学生の皆さんもミックスダブルス、積極的にプレーしてみて下さい。

アナタ自身のテニスの幅が、大きく拡がるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?

    ダブルスの試合に出ていると、きっとこういう難敵が待ち構えているはず。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこう

    ダブルスの並行陣、レベルに限らず意識して欲しいこと。実は、並行…

  3. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術

    ダブルスの試合、どうしても手が無いような時。試合で勝ちたい、だ…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

    ダブルスの試合、並行陣で前に出ても・・・なかなかポイントが取れない。…

  5. ダブルス

    テニスにおいて、前衛は2種類しかいない

    私が試合に出ていて、感じること。ダブルスの試合、前衛って大き…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

    ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。硬式テニスでは前衛…

特集記事

  1. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
  2. テニス センス

    ダブルス

    失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?
  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが…
  4. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる
  5. テニス 知識

    テニス知識

    冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
PAGE TOP