テニス 練習

リターン

ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

リターン側の前衛、にアナタ自身が立っているとします。

良いサーブが入って、パートナーがリターンで返球、の時に、大事なことは何でしょうか?

私は、ここでの素早い想像力、判断力だと思います。

この小さい準備で、間違いなく1ゲームの中で数ポイントは変わる。

良いサーブだと感じたら、何が必要でしょうか?

 

ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

1.リターン側の作戦、はあるけれども

実際、ポイント前には打ち合わせしますよね。

「クロスに沈めるね」とか「ストレートに打つね」とか。

でも、相手のファーストサーブがナイスサーブ、深く入って来たら、どうでしょう。

心のどこかで、「思い通りのリターンにならないかも・・・」と思っておかないと、前衛として守備が出来ない。

作戦は作戦、でもそれは、厳しいファーストサーブの時には難しい、ことを自覚しておきましょう。

 

2.深いサーブが入ったら、まず相手の前衛の攻撃をケア

これがまず、大前提ですね。

良いサーブなら、当然相手の前衛がポーチに出て来る、参加してくる可能性が高い。

リターンも振り遅れて、自然とストレート方向に飛んでいく可能性も高くなります。

まず、相手の前衛を見て、しっかり足下のボールをケアする。

自分たちの攻撃より、相手の攻撃をつぶすことを優先しましょう。

この判断が、パッとサーブが通過したのを見て、素早く出来るかが肝になります。

 

3.横目でサーブのレベル、を素早く判断しよう

前衛に立っていると、横をサーブが通過していく。

当然、まずは入っているかどうかのジャッジ、があります。

その後には、入っていたらそれが「深いのか、浅いのか」もしっかり判断する

浅いなら、打ち合わせ通りの攻撃。

深いなら、まず相手の攻撃もケアする。

深いサーブでも、自分のパートナーの力量なら、どういうリターンが出来るのか、も考える。

出した結論で、パッと準備する。

このバランス感覚、がダブルスの試合では大事なんですよね。

 

4.「攻撃的にいけるのか?」の判断をしているだけ

難しく考えなくて良いと思います。

要は、どっちが主導権を握れるか、という話だけ。

その判断を早くするだけですから。

相手が優位になりそう、サーブ側が押して来そうなら守りから入る。

リターン側から攻撃出来そうなら、思い切って早めに前に詰めるのも有りでしょう。

大事なのは、毎回しっかり、瞬時に判断すること。

同じようなポイント、は二度と無い訳ですからね。

 

小さい動き、構えですが、これで間違いなく試合は変わります。

反応が良い前衛って、この辺りの準備、判断が早いんですよね。

相手のサーブを、前衛の位置から見極める。

パートナーの力量と、しっかり比較して判断する。

ダブルスの試合では、これが基本です。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転…

  2. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果的

    リターンでストレートを狙うこと、ダブルスではよくありますよね。…

  4. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは…

  5. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

    試合前のサービス練習。よくあるのが、4本だけ打って試合開始、と…

  6. テニス 守備

    リターン

    ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポイント

    ミックスダブルスの試合で、勝敗の差が付くポイント。色々あります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れて…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフ…
  3. その他

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切に…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!
PAGE TOP