テニス 練習

リターン

ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

リターン側の前衛、にアナタ自身が立っているとします。

良いサーブが入って、パートナーがリターンで返球、の時に、大事なことは何でしょうか?

私は、ここでの素早い想像力、判断力だと思います。

この小さい準備で、間違いなく1ゲームの中で数ポイントは変わる。

良いサーブだと感じたら、何が必要でしょうか?

 

ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

1.リターン側の作戦、はあるけれども

実際、ポイント前には打ち合わせしますよね。

「クロスに沈めるね」とか「ストレートに打つね」とか。

でも、相手のファーストサーブがナイスサーブ、深く入って来たら、どうでしょう。

心のどこかで、「思い通りのリターンにならないかも・・・」と思っておかないと、前衛として守備が出来ない。

作戦は作戦、でもそれは、厳しいファーストサーブの時には難しい、ことを自覚しておきましょう。

 

2.深いサーブが入ったら、まず相手の前衛の攻撃をケア

これがまず、大前提ですね。

良いサーブなら、当然相手の前衛がポーチに出て来る、参加してくる可能性が高い。

リターンも振り遅れて、自然とストレート方向に飛んでいく可能性も高くなります。

まず、相手の前衛を見て、しっかり足下のボールをケアする。

自分たちの攻撃より、相手の攻撃をつぶすことを優先しましょう。

この判断が、パッとサーブが通過したのを見て、素早く出来るかが肝になります。

 

3.横目でサーブのレベル、を素早く判断しよう

前衛に立っていると、横をサーブが通過していく。

当然、まずは入っているかどうかのジャッジ、があります。

その後には、入っていたらそれが「深いのか、浅いのか」もしっかり判断する

浅いなら、打ち合わせ通りの攻撃。

深いなら、まず相手の攻撃もケアする。

深いサーブでも、自分のパートナーの力量なら、どういうリターンが出来るのか、も考える。

出した結論で、パッと準備する。

このバランス感覚、がダブルスの試合では大事なんですよね。

 

4.「攻撃的にいけるのか?」の判断をしているだけ

難しく考えなくて良いと思います。

要は、どっちが主導権を握れるか、という話だけ。

その判断を早くするだけですから。

相手が優位になりそう、サーブ側が押して来そうなら守りから入る。

リターン側から攻撃出来そうなら、思い切って早めに前に詰めるのも有りでしょう。

大事なのは、毎回しっかり、瞬時に判断すること。

同じようなポイント、は二度と無い訳ですからね。

 

小さい動き、構えですが、これで間違いなく試合は変わります。

反応が良い前衛って、この辺りの準備、判断が早いんですよね。

相手のサーブを、前衛の位置から見極める。

パートナーの力量と、しっかり比較して判断する。

ダブルスの試合では、これが基本です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    どこかで本気で狙っていくリターンゲームが必要です

    本気で狙って、ゲームを獲りにいく。これは、上のレベルの試合にな…

  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教えます

    リターンの反応の速さ、アナタは自分で速い方だと思いますか?個人…

  3. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう

    サーブに対する反応、結構人によって差があると思いませんか?球足…

  4. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したいこと

    ダブルスの試合、リターンで気になるのは前衛の動き。気にならない…

  5. リターン

    2ブレイクで、普通の人は気が緩む

    試合でリードしていたのに、逆転されてしまう。こういう試合の時に…

  6. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ロブ

    ロブの精度の見極め、職人技にまで極めよう
  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせている…
  3. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!
PAGE TOP