テニス知識

大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

みなさんは、こんな経験ありませんか?

テニスの大会でお昼ご飯を食べていると・・・大事なテニスウェアに、大きなシミが!

ソースやケチャップ、みたいなものが白いテニスウェアにベットリ。

もう、試合に挑むテンションがガタ落ちですよね。

そんな時に、1つ持ち歩いておくと便利なのが、携帯の超音波ウォッシャーです。

 

大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

 

1.実は私も・・・

経験、あります。

テニスの試合のお昼って、手に持って食べるようなもの、で済ませることが多いじゃないですか。

確か、あれは焼きそばパンみたいなものを食べていたと思うんですが、つい手が滑って胸にバウンドして、そのまま落下。

白いテニスウェアにソースのシミ、が付いてしまって酷く落ち込んだことをすごく覚えています。

当時は学生でしたし、そのまま水でバシャバシャ洗って、家で洗濯機に。

でも結局、そのシミが綺麗になることはなくて、そのウェアも寝間着になってしまいました。

お気に入りのウェアの汚れって、本当に落ち込みますよね。

テニスは白系のウェアも多いですから。

 

2.携帯の超音波ウォッシャー、があれば怖く無い

キーワードは、「持ち歩ける洗濯機」。

シャープの超音波ウォッシャー「UW-S2」は、ペン型の本体から超音波で汚れを落とすことが出来る優れもの。

出典:amazon

 

 

もし試合会場で急にウェアが汚れた!という時にも、水に濡らしてこれを当てるだけで、ほとんどの汚れを落とすことが出来る。

水に濡らしたパフを使えば、そのまま着た上からでも使用可能。

ほぼ携帯歯ブラシと同じようなサイズで、万が一の汚れに備えることが出来る。

超音波の振動で汚れを落とすので、繊細なテニスウェアを傷つけることなく使えます。

出典:amazon

 

テニス以外のシーンでも、使えそうですね。

小さいサイズのUW-S2シリーズなら、重さも100g。

出典:amazon

 

普段、試合に行くバッグの中に入れても全く気にならないサイズ感です。

 

3.ちょっとした身だしなみ、を周りの人は見ている

私自身、自戒を込めて。

テニスウェアって、結構見られてますよ、周りから。

私自身、コーチ時代は「醤油のシミ1つが、生徒の印象を悪くする」とよく言われて来ました。

でも、どうしてもテニスウェアで過ごす時間が長ければ、ウェアは汚れます。

だからこそ、汚れたらその場ですぐに、超音波で落とす。

これだけで、かなりウェアを長く着ることが出来ますし、清潔感の印象も保てる。

大人のスポーツを楽しむなら、やはり身だしなみはしっかり意識していきたいですね。

 

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

    手汗がすごくて、グリップが滑ってしまう。これは、特に男性にとっ…

  2. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います!今回は、…

  3. テニス グッズ

    テニス知識

    最近のテニスで、私が役立っている&欲しいモノ5選

    読者の皆さんに負けじと、私も最近またテニス頑張ってます。一段と…

  4. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

    先日は、台風で日本列島大変でしたね・・・。私が住んでいる地域で…

  5. テニス知識

    寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

    今年も寒く、テニスをするには辛い時期になって来ましたね・・・。…

  6. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

    フットワークは、トレーニングとシューズ次第?いえ、実はテニス選…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法
  2. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    そもそも、ボールより速く走れる選手はいない
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    遠くのボールを追う時に、小さい声を出した方が少しだけ腕は伸びる
  5. テニス ストローク

    その他

    「上手い選手のここを見ておけっ!」ポイントを絞れば、テニスは観察・実践で上達が早…
PAGE TOP