スマッシュ

グランドスマッシュを打つ前、バウンド前に相手コートをチラッと見よう

打つ前に、自分にすごく余裕がある時。

こういう時の方が、なんだか嫌じゃないですか?

例えば、ネット近くでのグランドスマッシュのような場面。

もう、決めて当たり前、みたいな空気。

そういう時には、あえて視界をばらしてみる、方が良いですよ。 

ずーっと同じ方向を見たら、人は緊張する

グランドスマッシュ、高いワンバウンドでのスマッシュ。

これは、緊張します、本当に。

意外と難しいのに、周りから見たら決めて当たり前、な雰囲気になりますもんね。

そんな緊張しがちな人は、見る方向がずっと同じ、じゃないでしょうか?

上を見て、ボールをずっと見て・・・バウンドしてスマッシュ。

これは、緊張感が嫌でも高まってしまう。

あえて、相手コートをチラッと見る。

そんな動作を入れた方が良いです。



バウンド後のイメージ、を早めに作ってしまおう

これも、トレーニングが必要です。

ロブを見て、まず落としてスマッシュ、と判断する。

どのあたりに落ちて、どういう打点で打てるのか、を先にパッとイメージする。

そうすれば、後はボールをずっと見る必要なんて無いはず。

相手コートを見て、どの辺に下がっているのか、待っているのかを確認する。

プロ選手でも、こうやってチラッと相手を見てから打つショット、意外と多いですよね。

慣れも必要ですが、チャレンジする価値はあると思いますよ。

ダブルスの試合でも↓のような場面では、積極的に使っていきましょう!

YouTubeチャンネルの登録はコチラから



相手の予測を外すこと、が一番大事

グランドスマッシュでも、強い相手なら諦めない。

きっとアナタ自身が打つコースを予測して、先に動いたり、フェイントを入れてくると思うんですよね。

そういうのって、見ないと安心できない。

自分で見て、しっかり予測を外す、いないところに打つ。

こういう相手の予測、ポジションを外す、ことに慣れていかないとテニスでは上達は無い。

チラッと見る、これはグランドスマッシュのようなショットの前には大事な動作です。

   

自然と自分にも余裕が生まれてくる

「でもそれは、上手い人がやることでしょ・・・」と、思った方、違います。

実力が無いからこそ、こうやって余裕を作るんです。

そこに、スキルが伴って来る。

あえて、相手コートを見るという動作を入れて、余裕を作ってみて下さい。

意外と、気持ち的に楽に打てる、グランドスマッシュの精度も上がるはずです。



チラッと、1秒見るだけでも良い。

相手にとっても、そうやって見られることって、すごく嫌なんですよ。

リラックス出来るし、精度も高まる。

ずーっと上を見ている態勢って、首も辛い。

楽な対戦で待って、自然に打つ、相手のいない場所を狙う。

こういうイメージこそ、私たちのこれからのテニスには大事だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス 守備

    スマッシュ

    スマッシュが入らなくて悩んでいる人は、「上方向に打つ」ことで全てが解決されるはず

    スマッシュの決定力、皆さんどうでしょう?私は何度も、その人のテ…

  2. スマッシュ

    決定力の無いダブルスペアが、変えるべきこと

    ダブルスで、大事なポイントが取れない。相手の粘りに屈してしま…

  3. スマッシュ

    試合で使える「回り込みスマッシュ」を成功させるコツ4つ

    ロブが上がって、スマッシュか、バックボレーか・・・。これ、大き…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュで角度を付けてエースを狙うには、「打点を斜め前」に確保出来るように動こう!

    スマッシュはコースで勝負。特に余裕がある、しっかりフットワーク…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能性大

    テニスを長くやっていると、意外と「ラケット面のどこにボールが当たったか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. フットワーク

    「どっちの足から決めるの?」が、ストロークの生命線
  2. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス
  3. テニス サーブ

    サーブ

    自分でコントロール出来ていないファーストサーブ、入ってもポイントにつなげられます…
  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです
  5. テニス スライス

    ストローク

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう
PAGE TOP