スマッシュ

グランドスマッシュを打つ前、バウンド前に相手コートをチラッと見よう

打つ前に、自分にすごく余裕がある時。

こういう時の方が、なんだか嫌じゃないですか?

例えば、ネット近くでのグランドスマッシュのような場面。

もう、決めて当たり前、みたいな空気。

そういう時には、あえて視界をばらしてみる、方が良いですよ。 

ずーっと同じ方向を見たら、人は緊張する

グランドスマッシュ、高いワンバウンドでのスマッシュ。

これは、緊張します、本当に。

意外と難しいのに、周りから見たら決めて当たり前、な雰囲気になりますもんね。

そんな緊張しがちな人は、見る方向がずっと同じ、じゃないでしょうか?

上を見て、ボールをずっと見て・・・バウンドしてスマッシュ。

これは、緊張感が嫌でも高まってしまう。

あえて、相手コートをチラッと見る。

そんな動作を入れた方が良いです。



バウンド後のイメージ、を早めに作ってしまおう

これも、トレーニングが必要です。

ロブを見て、まず落としてスマッシュ、と判断する。

どのあたりに落ちて、どういう打点で打てるのか、を先にパッとイメージする。

そうすれば、後はボールをずっと見る必要なんて無いはず。

相手コートを見て、どの辺に下がっているのか、待っているのかを確認する。

プロ選手でも、こうやってチラッと相手を見てから打つショット、意外と多いですよね。

慣れも必要ですが、チャレンジする価値はあると思いますよ。

ダブルスの試合でも↓のような場面では、積極的に使っていきましょう!

YouTubeチャンネルの登録はコチラから



相手の予測を外すこと、が一番大事

グランドスマッシュでも、強い相手なら諦めない。

きっとアナタ自身が打つコースを予測して、先に動いたり、フェイントを入れてくると思うんですよね。

そういうのって、見ないと安心できない。

自分で見て、しっかり予測を外す、いないところに打つ。

こういう相手の予測、ポジションを外す、ことに慣れていかないとテニスでは上達は無い。

チラッと見る、これはグランドスマッシュのようなショットの前には大事な動作です。

   

自然と自分にも余裕が生まれてくる

「でもそれは、上手い人がやることでしょ・・・」と、思った方、違います。

実力が無いからこそ、こうやって余裕を作るんです。

そこに、スキルが伴って来る。

あえて、相手コートを見るという動作を入れて、余裕を作ってみて下さい。

意外と、気持ち的に楽に打てる、グランドスマッシュの精度も上がるはずです。



チラッと、1秒見るだけでも良い。

相手にとっても、そうやって見られることって、すごく嫌なんですよ。

リラックス出来るし、精度も高まる。

ずーっと上を見ている態勢って、首も辛い。

楽な対戦で待って、自然に打つ、相手のいない場所を狙う。

こういうイメージこそ、私たちのこれからのテニスには大事だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

    テニスラケットって、意外と重い。この重いラケットを上にセットし…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュ直後の構え直し」の速度を磨く為の練習メニュー

    今回は、このテーマで。スマッシュ練習って、球出しだけになったり…

  3. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう

    スマッシュをしっかり決め切る、そのために打つコースを隠したい。…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、利き腕の肘を落とすのが遅い

    スマッシュをバシッと決めると、試合でも乗っていける。逆に、ミス…

  5. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

    角度を付けたスマッシュ、試合で打ちたいですよね。でもそれって、…

  6. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い

    スマッシュの基本、だけど試合では難しいこと。横向きを作ってしっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない
  2. メンタル

    自己肯定感、をコントロールしよう
  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「スピンスライスサーブ」を使えると、相手のタイミングをずらせて効果…
  4. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いと…
  5. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!
PAGE TOP