テニス メンタル

その他

テニスのモチベーションに波が無い、そんな人は絶対おかしい

アンケートにお答え頂きましたみなさん、ありがとう御座いました!

頂いた内容を拝見していると、多くの方が「モチベーションのコントロールが難しい」というお悩みを抱えているようです。

私が考えるに、そのモチベーション、高い低いがあって当たり前。

むしろ、その上下動こそが、テニスのパワーの根源になると思っています。

 

テニスのモチベーションに波が無い、そんな人は絶対おかしい

 


 

1.万能の神か、鈍感な人かどちらか

「モチベーション、いつも高いです!」

「次の試合も、やる気満々です!」

と、年中同じようなテンションの人、みなさんの周りにいるでしょうか?

数人は近い感じの人、いると思うんですよね。

私が思うに、そういう人って2種類しかいない。

本当にセンスが良くて、万能の神のようにテニスがプレー出来る人。

それから、もう一つ。

何事にも鈍感で、自分や相手の調子、周囲が何を考えているのか気付かない人。

どうでしょう、前者のような神がかった人、どれくらいいるか・・・と言えば、少ないはず。

私が言いたいこと、はこれだけです。

 

2.モチベ―ションの高い低い、があるのは上達の種

私だって、もちろんあります。

悩んだり落ち込んだり、1ヵ月くらいテニスを離れたいと思って、実際プレーしないこともある。

でも、すごく暗く沈んだ感じかと言えば、そうでも無いんですよね。

モチベーションが低い時期こそ、自分の上達の種がそこにある、ことを理解していますから。

いや、実際は辛いですよ。

テニスをしたい、と心底思えない自分を責めたくもなります。

でも、人間ですから仕方のないこと。

悩んでもがくこと、でしか自分のテニスは強くならないですから。

 

3.周りの声で落ちるモチベーション、は変えていこう

ただ、一つだけみなさんにアドバイスを。

例えば、担当コーチや周りの仲間から「酷いことを言われた」と感じて、モチベーションが落ちること。

これも、有り得るケースだと思います。

ですが、私の経験上、これは考えすぎないことが一番です。

当然、厳しい声は真摯に受け止める。

でも、大事なのは自分でどう捉え、考えるか、です。

小学生だろうが大人だろうが、私のスタンスは、一緒。

「周りにこう言われて・・・」と落ち込む前に、「自分では、どう考えているの?」の方が大事。

モチベーションを左右するのは、あくまで自分の心の声。

そこに耳を向けないと、これからの長いテニス人生、ずっと振り回されていきますよ。

 

4.モチベ―ションの波を、力に変えていこう

試合で結果を出す、その力の源になる。

それが間違いなく、自分自身のモチベーションの波です。

これを、ぜひみなさん客観視して欲しい。

そのために、私はテニスノートを書いて欲しいんです。

自分で言葉にして、外に出すことで整理出来る。

低い自分を責めない、高い自分に踊らされない。

モチベーションの高い低い、があるのが当たり前だし、そこが自分の強さになっていく。

テニスから教わったこと、すごく私自身大きく感じています。

自分のモチベーションと向き合うこと、これも大事なテニス選手の実力です。

 

必ず結果が出るテニスの試合、ですから。

良い時もあれば、悪い時もある。

正しい努力をしていても、負ける時だってあるんです。

だからこそ、自分のモチベーション、心の波としっかり向き合うこと。

テニスを通じて、私たちはその機会を得れている。

これって、すごく幸運なことだと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります

    普段何気なく見ているテレビや、他のスポーツ、受けている授業・・・。…

  2. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

    特に男性の方は、思い当たる方も多いんじゃないでしょうか。「誰に…

  3. テニス センス

    その他

    テニスでは、「素直になれないオジサン」が一番損すると思う

    長くテニスを続けていると、感じることがあります。「この人は上達…

  4. テニス リターン
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスが楽しい、と思えている時は成長期

    自分の練習が、苦しくても楽しい。この楽しい、という感覚、最近は…

  6. テニス アクセス

    その他

    2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。今年も、気が付け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    相手のサーブは、いわゆる球出しです
  2. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由
  3. テニス ハードコート

    練習メニュー

    テニスで結果を出したければ、周りよりも一つ上の目線を
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!
  5. ストローク

    シングルスの試合で、バックハンドを集中攻撃されて負ける人は、「ストロークのコース…
PAGE TOP