テニス メンタル

その他

テニスのモチベーションに波が無い、そんな人は絶対おかしい

アンケートにお答え頂きましたみなさん、ありがとう御座いました!

頂いた内容を拝見していると、多くの方が「モチベーションのコントロールが難しい」というお悩みを抱えているようです。

私が考えるに、そのモチベーション、高い低いがあって当たり前。

むしろ、その上下動こそが、テニスのパワーの根源になると思っています。

 

テニスのモチベーションに波が無い、そんな人は絶対おかしい

 


 

1.万能の神か、鈍感な人かどちらか

「モチベーション、いつも高いです!」

「次の試合も、やる気満々です!」

と、年中同じようなテンションの人、みなさんの周りにいるでしょうか?

数人は近い感じの人、いると思うんですよね。

私が思うに、そういう人って2種類しかいない。

本当にセンスが良くて、万能の神のようにテニスがプレー出来る人。

それから、もう一つ。

何事にも鈍感で、自分や相手の調子、周囲が何を考えているのか気付かない人。

どうでしょう、前者のような神がかった人、どれくらいいるか・・・と言えば、少ないはず。

私が言いたいこと、はこれだけです。

 

2.モチベ―ションの高い低い、があるのは上達の種

私だって、もちろんあります。

悩んだり落ち込んだり、1ヵ月くらいテニスを離れたいと思って、実際プレーしないこともある。

でも、すごく暗く沈んだ感じかと言えば、そうでも無いんですよね。

モチベーションが低い時期こそ、自分の上達の種がそこにある、ことを理解していますから。

いや、実際は辛いですよ。

テニスをしたい、と心底思えない自分を責めたくもなります。

でも、人間ですから仕方のないこと。

悩んでもがくこと、でしか自分のテニスは強くならないですから。

 

3.周りの声で落ちるモチベーション、は変えていこう

ただ、一つだけみなさんにアドバイスを。

例えば、担当コーチや周りの仲間から「酷いことを言われた」と感じて、モチベーションが落ちること。

これも、有り得るケースだと思います。

ですが、私の経験上、これは考えすぎないことが一番です。

当然、厳しい声は真摯に受け止める。

でも、大事なのは自分でどう捉え、考えるか、です。

小学生だろうが大人だろうが、私のスタンスは、一緒。

「周りにこう言われて・・・」と落ち込む前に、「自分では、どう考えているの?」の方が大事。

モチベーションを左右するのは、あくまで自分の心の声。

そこに耳を向けないと、これからの長いテニス人生、ずっと振り回されていきますよ。

 

4.モチベ―ションの波を、力に変えていこう

試合で結果を出す、その力の源になる。

それが間違いなく、自分自身のモチベーションの波です。

これを、ぜひみなさん客観視して欲しい。

そのために、私はテニスノートを書いて欲しいんです。

自分で言葉にして、外に出すことで整理出来る。

低い自分を責めない、高い自分に踊らされない。

モチベーションの高い低い、があるのが当たり前だし、そこが自分の強さになっていく。

テニスから教わったこと、すごく私自身大きく感じています。

自分のモチベーションと向き合うこと、これも大事なテニス選手の実力です。

 

必ず結果が出るテニスの試合、ですから。

良い時もあれば、悪い時もある。

正しい努力をしていても、負ける時だってあるんです。

だからこそ、自分のモチベーション、心の波としっかり向き合うこと。

テニスを通じて、私たちはその機会を得れている。

これって、すごく幸運なことだと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. その他

    「テニスコートで花粉症抑制!?」試合で勝つ為に普段から必要なトレーニング

    花粉症のシーズン・・・。辛いと感じる人も、多いんじゃないだろう…

  2. テニス マナー

    その他

    試合後に相手に感想を聞いてみるなら、「ある言葉」を使うと効果的に引き出せます

    試合後に、対戦相手と話す機会があれば、ぜひ色々聞いてみたい。と…

  3. 戦術

    その他

    関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと

    関東のテニスの聖地・・・と言えば、もちろん有明テニスの森ですが、では一…

  4. テニス 練習
  5. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問われます

    トッププロの試合を観ていると、特に男子テニスなんかはサーブのスピードが…

  6. テニス ストローク

    その他

    「自分のテニスを一から見直す」ときに必要なのは、強引さと粘り強い根気です

    自分のテニスを見つめ直す機会、皆さんは今まで経験してますでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    打ちたい方向へ振る、のはちょっと違う
  2. ダブルス

    ダブルスペアに自信を持たせること、がアナタには何より重要です
  3. テニス サイト

    メンタル

    テニスのように、プレーとプレーの途中に「間」が多い競技では、その時間をどういう意…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのストロークでネットミスが多い人は、「打点から下方向に飛ばないように」する…
  5. ストローク

    「ショートラリーで攻撃力アップ」ウォームアップからテニスの試合に必要な技術は身に…
PAGE TOP