テニス メンタル

メンタル

試合で落ち込むレベル、は確実に上がっているはず

試合に出ては、負けて落ち込んでばかり。

そんな自分も嫌になって、もうコートに立ちたくない・・・という時、ありますよね。

でも、よく冷静になって考えてみて下さい。

みなさん自身が成長していれば、きっとこれが言えるはずです。

 

試合で落ち込むレベル、は確実に上がっているはず

 


 

1.落ち込む前に、過去の自分はどうだった?

例えば、ボレーに出てミスした。

そのポイントで、ゲームを落として負けてしまった・・・としましょう。

でも、以前の自分はどうだったのか。

もしかしたら、前に出る勇気さえでずに、何も出来ないで終わっていたのかも知れない。

ストロークしか出来ない、自信が無いから、そもそもボレーする機会が無かったかも知れない。

このあたり、冷静に自分を客観視しておかないと。

ミスして負けて落ち込んでるけど、そこまで悲観的になる必要も無いはず。

私は、そう思います。

 

2.本当に落ち込むべき人、は落ち込まないで危機感が無い

私からすると、落ち込んでいる人のほとんどは、1.のような感じ。

向上心が高いから、自分が出来ないのが悔しい、と感じている。

出来ていること、にはあまり目を向けられない、出来なことばかり意識してしまう。

それはそれで、上達するには大事な要素ですが・・・。

本来、もっと落ち込まないといけない人、はいますからね。

危機感、当事者意識が無く、ずっと自分を変えられない人。

こういう人は、負けたりミスすること自体が当たり前なので、全然こたえていないんです。

みなさんには、そうなって欲しくない。

落ち込み過ぎるのもダメだし、全く落ち込まないのもダメ、ということですね。

難しいです、はい。

 

3.落ち込んだこと、を客観的に書き出してみよう

とにかく、自分の過去と比較すること、が大事です。

自分の成長を感じるには、「何だ、1年前の自分はこんなことで、悩んでたのか」と思えること。

これには、やっぱりテニスノートが欠かせません。

悩んでいることや、悔やんでいることを、書き出しておく。

そうすることで、自分の成長を確認出来ますから。

小さいことですが、本当にこれは効果がありますよ。

何もしたくない、書きたくない気持ちは分かりますが、外に出さないと何も変えられない、ですからね。

 

4.待っていても、誰も助けてはくれない

大人になってからは、誰も導いてくれません。

技術を教わることはコーチから出来ても、自分で成長を確認することは出来ない。

テニスにはテストも無いし、昇級試験もありませんからね。

落ち込んでいる自分、それが何で落ち込んでいるのか、そのレベルは上がっているのか。

この問題は、真剣に考えておく必要がありますね。

試合に勝ちたいなら、自分で考えて、自分をコントロールしていくこと。

落ち込む自分をコントロールしていくこと、はすごくテニス選手として大事なことです。

 

試合に出ていれば、勝った負けた、しかない。

でもその裏側を、自分でどう捉えるのか、が大事です。

落ち込んでいる自分を、いかに客観視出来るのか。

難しい部分ですが、試合に出続ける私たちには、欠かせない要素でしょう。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと

    どんなに準備しても、ミスが止まらないときはある。特に試合の序盤…

  2. メンタル

    「絶対にミス出来ない場面」なんて、テニスの試合では無い

    メンタルが強い、弱いという話。これって、何度も書いて来ましたが…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    もうすぐ試合が終わると思った瞬間に、アナタの思考は停止する

    勝っていたのに、最後で逆転される。思い出したくもない試合、きっ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ

    テニス選手として、最高に嬉しいこと。それはやっぱり、試合に勝つ…

  5. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い

    試合の中で、緊張しやすい人。特に、相手のマッチポイントのような…

  6. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    風が強い日の必殺技、はコレに限る
  2. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話
  3. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で使えるショット、「ロブはスライス?トップスピン?」について考えてみ…
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復
  5. テニス ボレー

    戦術

    「何かをしないといけない」というプレッシャーを、相手に与え続けよう
PAGE TOP